2021年2月1日より新システムをリリースしましたが、システム不具合のため、一時的に旧研究者情報の画面表示に戻しています。researchmapからのインポート等に関するお問い合わせは、リサーチ・イニシアティブセンター(メールアドレス)までお願いします。


写真

氏名

大野 光子 (オオノ ミツコ)

ONO Mitsuko

所属

社会学部 メディア社会学科

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

社会学、都市社会学、移民研究、エスニシティ論、社会的多様性

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Ethnic Communities and their Contact Channels: A Case of Islamic Area in Inner City Tokyo
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Global Urban Studies  13号  (頁 17 ~ 27)
    掲載紙 発行年月: 2020年03月
    著者氏名(共著者含): ONO Mitsuko

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 「多文化空間」における保育の在り方に関する一考察―新宿区大久保のA保育園を通して
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 社会学研究科年報  21号  (頁 7 ~ 18)
    掲載紙 発行年月: 2014年03月
    著者氏名(共著者含): 大野光子

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 大都市東京の「多文化空間」で生きる人びと―新宿・大久保の24時間保育園の記録―
    記述言語: 日本語
    出版機関名: ハーベスト社
    発行年月: 2020年08月
    著者氏名: 大野光子

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 単著
    専門分野(科研費分類): 社会学

  • 移民政策と多文化コミュニティへの道のり―APFSの外国人住民支援活動の軌跡
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 現代人文社
    発行年月: 2018年09月
    著者氏名: 吉成勝男、水上徹男

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: 第13章「ある『不法滞在外国人』の日本での生活と労働―元非正規滞在外国人労働者のインタビュー調査から―」
    著書形態: 分担執筆
    専門分野(科研費分類): 社会学

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 日本のトランスナショナルな移住者とホスト社会の「社会的結束性」に関する研究
    研究期間: 2019年08月 ~ 継続中
    研究種目: 研究活動スタート支援
    研究内容:
    近年の英語圏における移民研究では、トランスナショナルな移住者とホスト社会の関係性を重要視する視点である「社会的結束性(Social Cohesion)」の概念に注目が集まり、彼らとホスト社会の連帯をいかに発展させるかが活発に議論されている。日本では、1980年代後半以降外国人人口が急増し、その後定住化していくなかで彼ら独自のビジネスやコミュニティが発展してきたが、他方で地元商店街や近隣コミュニティとの関わりが乏しいのが現状だ。
    以上のような問題意識を背景として、本研究は、日本におけるトランスナショナルな移住者とホスト社会の関係性や連帯の可能性について、調査・分析する。

 
 
 
 
 

お問い合わせ先