2021/06/22 更新

写真b

ササキ マサノリ
佐々木 正徳
SASAKI Masanori
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
外国語教育研究センター
職名*
教授
学位
学士(文学) ( 北海道大学 ) / 博士(教育学) ( 九州大学 ) / 修士(教育学) ( 九州大学 )
連絡先
メールアドレス
研究キーワード
  • ダークツーリズム

  • グローカル

  • 日韓関係

  • ジェンダー

  • 教育人類学

  • 韓国

  • masculinities

  • 軍事化

  • マスキュリニティ

  • 男性性

  • study of Korean Society and Culture

  • Men's movement

  • gender role

  • 学内職務経歴*
    • 2020年4月 - 現在 
      外国語教育研究センター   教授
     

    研究分野

    • 人文・社会 / 社会学

    • 人文・社会 / 観光学  / ダークツーリズム

    • 人文・社会 / 文化人類学、民俗学  / 教育人類学

    • 人文・社会 / 教育社会学  / 教育人類学

    • 人文・社会 / ジェンダー  / 男性性

    • 人文・社会 / 地域研究  / 韓国

    ▼全件表示

    経歴

    • 2020年4月 - 現在 
      立教大学   外国語教育研究センター   教授

      詳細を見る

    • 2019年4月 - 2020年3月 
      長崎外国語大学   外国語学部   教授

      詳細を見る

    • 2014年4月 - 2019年3月 
      長崎外国語大学   外国語学部国際コミュニケーション学科   准教授

      詳細を見る

    • 2014年4月 - 2019年3月 
      長崎外国語大学   外国語学部   准教授

      詳細を見る

    • 2011年11月 - 2014年3月 
      長崎外国語大学   外国語学部   専任講師

      詳細を見る

    • 2007年4月 - 2011年10月 
      九州大学大学院   人間環境学研究院   助教

      詳細を見る

    • 2005年6月 - 2007年3月 
      九州大学   大学院人間環境学研究院   助手

      詳細を見る

    ▼全件表示

    学歴

    • 2002年4月 - 2005年3月 
      九州大学   人間環境学府   発達・社会システム専攻

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    • 2002年4月 - 2005年3月 
      九州大学   人間環境学府   発達・社会システム専攻

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    • 2000年4月 - 2002年3月 
      九州大学   人間環境学府   発達・社会システム専攻

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    • 2000年4月 - 2002年3月 
      九州大学   人間環境学府   発達・社会システム専攻

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    論文

    • 現代韓国社会の男性性―軍事主義との関係から 招待有り 査読有り

      佐々木 正徳

      ジェンダー史学 ( 15 ) 19 - 33   2019年12月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ジェンダー史学会  

      researchmap

    • 公益勤務要員からみた韓国の軍事主義 査読有り

      佐々木 正徳

      日本ジェンダー研究 ( 18 ) 13 - 27   2015年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本ジェンダー学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • 安保とツーリズム : 韓国の軍事文化とダークツーリズム (創立70周年記念号) 査読有り

      佐々木 正徳, 大宅 美里

      長崎外大論叢 = The Journal of Nagasaki University of Foreign Studies ( 19 ) 63 - 80   2015年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:長崎外国語大学  

      This paper describes Dark Tourism in South Korea. Since the Korean War truce of 1953, a military demarcation line (MDL) has been drawn between South Korea and North Korea. In the Demilitarized Zone (DMZ) extending 2km to the north and south of the MDL possession of arms is prohibited, and the entry of civilians severely restricted.In Korea, many observatories and tourist facilities can be found along the DMZ. They comprise tourist spots for reflecting on national security, and at the same time, provide spaces for making a pilgrimage into dark memory.Self-naming ourselves as 'Tourist Ethnographers' , we went to a number of these tourist spots, for example, observatories, museums, materials centers, tunnels dug by the army of North Korea, abandoned stations, war sites from the Korean War, and so on.Through these visits, we were able to discover that these tourist spots related to the Korean War comprise boundary spaces, located at the juncture between the ordinary and the extraordinary.

      CiNii Article

      researchmap

    • 軍事文化からみる韓国のジェンダー秩序 -補充役のポジションに着目して- 査読有り

      佐々木 正徳

      長崎外大論叢 ( 18 ) 137 - 148   2014年12月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:長崎外国語大学  

      CiNii Article

      researchmap

    • 代替服務という生き方 -韓国の男性性と兵役の多様性- 査読有り

      佐々木 正徳

      長崎外大論叢 ( 17 ) 93 - 104   2013年12月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:長崎外国語大学  

      This paper addresses the variety of military service options in Korea.Military service is one of the obligations imposed on the men of Korea.Many people, especially in Japan, are thinking that all Korean men must go through a hard and painfulexperience. However, various alternative military services exist in Korea.Until now, there have been studies that analyzed active military service. However, studies that addressed alternative military service have been rare. Studies on active service have mainly conducted their analysis from the perspective of gender, and have viewed Korea as a military culture, analyzing the influence of the military experience in the formation thereof. However, previous research has not fully elucidated the diversity of military service experiences available.Therefore, this paper presents alternative services, and considers the diversity of military service basedupon interviews conducted to men who had finished the military service as industrial skill personnel. This paper reveals that a grasp on the diversity of military service experiences is necessary in order toanalyze the phenomenon of masculinities in Korea.

      CiNii Article

      researchmap

    • 韓国における学校管理職養成

      佐々木正徳, 元兼正浩

      『スクールリーダー大学院における教育方法に関する開発的研究』研究成果報告書   2009年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • 現代韓国社会における男性性の動態に関する研究 査読有り

      佐々木 正徳

      九州大学大学院人間環境学府   2008年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(博士)  

      researchmap

    • 韓国の保守系男性運動にみられる男性性について

      佐々木 正徳

      国際教育文化研究6   31 - 41   2006年6月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:九州大学大学院人間環境学研究院国際教育文化研究会  

      CiNii Article

      researchmap

    • 男性運動団体参与者の事例から見た韓国の男性性 査読有り

      佐々木 正徳

      日本ジェンダー研究 ( 9 ) 1 - 12   2006年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本ジェンダ-学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • 男性性研究の動向と展望―社会化からエージェンシーへ― 査読有り

      佐々木 正徳

      飛梅論集5 ( 5 ) 175 - 195   2005年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:九州大学  

      The purpose of this paper is that I suggest a concept and analysis framework that is valid when doing an empirical research about "masculinities" in the men's movement organization. I was doing a fieldwork in the men's movement organization in Korea, so I wrote this paper to make the guideline of the research in the future. This paper takes the following composition. In chapter I, the overview of this paper is described. In chapter II, I explain that the research about concept of masculinities changes. In the recent, the research about masculinities became an area with deep relation with the gender studies, but it had already occurred from before the feminism movements. In chapter II, I try to explain the change of concept of the masculinities to the present from the time when masculinities was remarkable in the field of the science. Then, in to survey the research trend of the men's studies in Korea, I point out some problems and feature of men's studies in Korea. Finally, I consider about the concept of masculinities that it is valid when we are an empirical research about masculinities. In chapter III, I consider about the analysis framework that is valid when applying masculinities concept to fieldwork. I think that the men's movement organization in Korea has nature as the social movement organization. So, I pay attention to the way of cultural analysis of the social movement to become much utilized in the area of the social movement research. Then, I review about the effectivity of assuming that participant is an agency and to analyze a men's movement organization with the frame of the social movement as the culture in Korea. As the conclusion, I write down a view to the concrete research in the future in chapter IV. This discussion was written as the guideline to proceed with the concrete research. I don't know that the frame, which was shown here, can amend how much in future. However, this paper is the indispensable work to do an empirical research that focus on masculinities in Korea.

      CiNii Article

      researchmap

    • 韓国の男性運動とそれをとり巻く環境について

      佐々木 正徳

      国際教育文化研究4   107 - 118   2004年6月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:九州大学大学院人間環境学研究院国際教育文化研究会  

      CiNii Article

      researchmap

    • 「韓国における男性性」研究の意義についての一考察 査読有り

      九州教育学会研究紀要 ( 31 ) 273 - 280   2004年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 韓国の男性運動とそれを取り巻く環境について

      国際教育文化研究4   107 - 118   2004年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • 韓国男性運動の展開

      佐々木 正徳

      国際教育文化研究3   53 - 64   2003年6月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:九州大学大学院人間環境学研究院国際教育文化研究会  

      CiNii Article

      researchmap

    • 韓国男子高校生の性別役割規範について -全州市の別学・共学校における意識調査分析- 査読有り

      佐々木 正徳

      九州大学大学院人間環境学府   2002年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(修士)  

      researchmap

    • 韓国高校生の性役割意識--全州市高校生へのアンケート調査から

      佐々木 正徳

      九州教育学会研究紀要29 ( 29 ) 115 - 122   2002年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:九州教育学会  

      CiNii Article

      researchmap

    ▼全件表示

    MISC

    • 韓流フォーエバー -世界は韓流スタイル-

      佐々木 正徳

      長崎外大論叢 ( 17 ) 189 - 201   2013年12月30日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:長崎外国語大学  

      This paper comprises a translation of the "prologue" of Hallyu Forever - Hallyu Style in the World', a publication issued by KOFICE (the Korea Foundation for International Culture Exchange). Of the epic 567 pages of the original text, 24 of them have been assigned to the prologue. This paper translates the prologueincluding all tables, but excluding accompanying figures. Hallyu Forever as a whole analyzes the history and issues of Hallyu in different regions of the world, as follows: (Prologue); Part 1: China; Part 2: Japan; Part 3: Southeast Asia; Part 4: Central Asia; Part 5: United States; Part 6: Europe; Part 7: the Middle East.The main theme of the text in its entirety is how to promote national brand value through culturalproducts. Economic benefits appear to be construed as a product of national brand competitiveness, a perception which can be confirmed by reading the prologue translated in this paper. The original text focuses on how to maintain the popularity of Hallyu in the future and on how to make Hallyu a trend in as yet uncharted regions, not on an analysis such as are popular in Japan of reasons why the Hallyu movement arose. In recent years, as witnessed in "Cool Japan" strategies, it is the agenda of manydeveloped countries to connect cultural goods to enhancement of national brands. While the strategy of Korea may seem excessive to readers living in Japan, the act of relativizing the cultural strategies of Japan should prove a fruitful one.

      CiNii Article

      researchmap

    • 韓国の労働格差とジェンダー--文化の視点から 査読有り

      佐々木 正徳

      日本ジェンダ-研究 ( 12 ) 85 - 92[含 英語文要旨]   2009年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本ジェンダ-学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • 東アジアの男女共同参画推進―「海西生活文化研究会」を中心に

      佐々木 正徳

      男女共同参画の実践   2007年10月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:その他   出版者・発行元:明石書店  

      researchmap

    • 韓国ネット事情Ⅳ~ネット社会のこれから~ 招待有り

      佐々木 正徳

      子どもとメディア ( 3 ) 13 - 13   2005年12月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:その他   出版者・発行元:NPO法人子どもとメディア  

      researchmap

    • 韓国ネット事情Ⅲ~プライバシーの保護と可能性との狭間で~ 招待有り

      佐々木 正徳

      子どもとメディア ( 2 ) 10 - 10   2005年9月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:その他   出版者・発行元:NPO法人子どもとメディア  

      researchmap

    • 韓国ネット事情Ⅱ~ソーシャルネットワークと依存症の現在~ 招待有り

      佐々木 正徳

      子どもとメディア ( 1 ) 10 - 10   2005年6月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:その他   出版者・発行元:NPO法人子どもとメディア  

      researchmap

    • 韓流男性学への招待

      佐々木 正徳

      日本ジェンダー学会会報 ( 12 ) 8 - 8   2005年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本ジェンダー学会  

      researchmap

    • 韓国ネット事情 招待有り

      佐々木 正徳

      子どもとメディア ( 創刊 ) 7 - 7   2005年2月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:その他   出版者・発行元:NPO法人子どもとメディア  

      researchmap

    • ?? ???? ??? ??? ??

      ??, ???

      ????? ??10 ( 1 ) 15 - 17   2004年3月

      詳細を見る

      掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:????????  

      researchmap

    • 한일 대중문화 교류와 교육의 역할

      사사키 마사노리

      교육인류학 소식10 ( 1 ) 15 - 17   2004年3月

      詳細を見る

      掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:한국교육인류학회  

      researchmap

    • 한일 대중문화 교류와 교육의 역할

      사사키 마사노리

      교육인류학 소식10 ( 1 ) 15 - 17   2004年3月

      詳細を見る

      掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:한국교육인류학회  

      researchmap

    ▼全件表示

    書籍等出版物

    • ミケ・ナビと学ぶプリティ・コリアン

      石坂浩一, 佐々木正徳, 金良淑, 郭珍京, 李和貞( 担当: 共著 ,  範囲: 主として「文字と発音」編)

      朝日出版社  2021年3月 

      詳細を見る

    • ピア・パワー : 子どもの仲間集団の社会学

      Adler Patricia A, Adler Peter, 住田 正樹( 担当: 共訳)

      九州大学出版会  2017年  ( ISBN:9784798502038

      詳細を見る

      記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • アジアのなかのジェンダー[第2版]

      川島典子, 三宅えり子, 西尾亜希子, 佐々木正徳, 喜多村百合, 香川孝三( 担当: 共著 ,  範囲: 韓国におけるジェンダー)

      ミネルヴァ書房  2015年5月10日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

      researchmap

    • アジアのなかのジェンダー : 多様な現実をとらえ考える

      川島 典子, 西尾 亜希子, 松並 知子, 大塩 まゆみ, 今井 小の実, 三宅 えり子, 崔 淑芬, 佐々木 正徳, 喜多村 百合, 香川 孝三( 担当: 共著)

      ミネルヴァ書房  2012年  ( ISBN:9784623063109

      詳細を見る

      記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • 揺らぐサラリーマン生活―仕事と家庭のはざまで―

      多賀 太, 東野 充成, 村田 陽平, 佐々木 正徳( 担当: 共著 ,  範囲: ポスト会社人間のメンタリティ)

      ミネルヴァ書房  2011年9月25日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

      researchmap

    • 現代韓国の家族政策

      伊藤 公雄, 春木 育美, 金 香男( 担当: 共著)

      行路社  2010年  ( ISBN:9784875344230

      詳細を見る

      記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • アジアから観る、考える:文化人類学入門

      ( 担当: 共著)

      ナカニシヤ出版  2008年  ( ISBN:9784779502545

      詳細を見る

    • 페미니즘에 대한 남성학과 남성운동(フェミニズムに対する男性学と男性運動)

      ( 担当: 共著)

      원미사(ウォンミ社)  2007年  ( ISBN:9788955441208

      詳細を見る

    ▼全件表示

    講演・口頭発表等

    • 子どもの仲間集団のダイナミクスを探る(ラウンドテーブル)

      多賀太, 東野充成, 佐々木正徳

      日本子ども社会学会第26回大会  2019年6月  日本子ども社会学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      開催地:東京成徳大学  

      researchmap

    • 現代韓国の軍事主義―歴史修正主義、ミソジニーとヘゲモニー 招待有り

      佐々木正徳

      ジェンダー史学会第15回年次大会  2018年12月  ジェンダー史学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      開催地:東京外国語大学  

      シンポジウム「男性史の新展開 対抗文化と男らしさに注目して」第二部での話題提供

      researchmap

    • 公益勤務要員からみる韓国の「軍事文化」

      佐々木 正徳

      日本ジェンダー学会第18回大会  2014年9月  日本ジェンダー学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:京都大学  

      researchmap

    • 韓国の労働市場と文化・ジェンダー 招待有り

      佐々木 正徳

      日本ジェンダー学会第12回大会  2008年9月  日本ジェンダー学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      開催地:大阪女学院大学  

      大会シンポジウム「労働とジェンダー」

      researchmap

    • 3.生活史に見る男性のワーク・ライフ・バランス : 新自由主義下の労働管理・家庭教育・アイデンティティ(II-4部会 家族と子ども,研究発表II)

      多賀 太, 東野 充成, 佐々木 正徳

      日本教育社会学会大会発表要旨集録  2008年 

      詳細を見る

      記述言語:日本語  

      researchmap

    • 韓国における校長任用前研修の現状と課題

      元兼正浩, 佐々木正徳

      日本教育行政学会第42回大会  2007年10月  日本教育行政学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:神戸大学  

      researchmap

    • 韓国男性学の現状と課題

      佐々木 正徳

      日本ジェンダー学会第9回大会  2005年9月  日本ジェンダー学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:東洋英和女学院大学  

      researchmap

    • 「韓国における男性性」研究の意義についての一考察

      佐々木 正徳

      九州教育学会第55回大会  2003年11月  九州教育学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:大分大学  

      researchmap

    • 韓国の高校生の性役割規範の男女差異について

      佐々木 正徳

      日本子ども社会学会第10回大会  2003年6月  日本子ども社会学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:筑波大学  

      researchmap

    • ????? ??(???) ??? ?? ?? 国際会議

      ??, ???

      ????????? ?1? ??  2002年11月 

      詳細を見る

      会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:?????  

      researchmap

    • 동북아시아 삼국(한중일) 교육열 양상 비교 国際会議

      김지수, 남신동, 사사키 마사노

      교육열국제학술대회 제1회 대회  2002年11月 

      詳細を見る

      会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:강원대학교  

      researchmap

    • 韓国高校生の性役割意識

      佐々木 正徳

      九州教育学会第53回大会  2001年11月  九州教育学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:志學館大学  

      researchmap

    ▼全件表示

    所属学協会

    ▼全件表示

    共同研究・競争的資金等の研究

    • 韓国の男性性とミリタリズム―周縁的兵役参与者の語りから紡ぐジェンダーの重層性

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      佐々木正徳

      詳細を見る

      2012年4月 - 2015年3月

      資金種別:競争的資金

      配分額:2200000円 ( 直接経費:1540000円 、 間接経費:660000円 )

      本研究の成果は、徴兵制を軸に現代韓国社会のジェンダー秩序を再構成しモデルを構築したこと、韓国の男性性の多様性と重層性を明らかにしたこと、韓国の男性性に関する実証的な研究を蓄積したこと、そして、日本における韓国研究に貢献したこと、の四点に集約される。
      国防の義務が韓国社会(およびジェンダー秩序)に与える影響についての研究は、兵役の役割を再社会化もしくは通過儀礼として把握するものがほとんどであった。しかし本研究では、兵役の役割が、男性に「自己犠牲」のラベルを獲得させることにあるということを明らかにした。

      researchmap

    • マスキュリニティ・クライシスを経験した韓国男性の男性性に関する研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      佐々木正徳

      詳細を見る

      2007年4月 - 2008年3月

      資金種別:競争的資金

      配分額:2800000円 ( 直接経費:2500000円 、 間接経費:300000円 )

      マスキュリニティ・クライシスを経験し乗り越えた男性は、多様な乗り越え方を示したが、共通して「男性」としての役割(=男らしさ)に固執していた。これは、行動規範に「男性」という属性が関与していることを意味している。つまり、「男性だから」という理由である行動をとるということである。クライシスを経験した男性は、男性役割の獲得により意識的であった。韓国の社会的規範としての男性役割の強固さと、男性役割のヘゲモニーの強さを明らかにすることができたことが本研究の最大の意義である。

      researchmap

    社会貢献活動

    • NPO法人DV防止長崎主催『DV根絶のための連続講座』にて講演

      2016年12月

      詳細を見る

      「DVと男性性」というタイトルで講演

      researchmap

    • 長崎外国語大学主催、韓国文学翻訳院共催「第8回韓国文学読書感想文コンテスト」審査委員

      2016年5月 - 2016年11月

      詳細を見る

     

    お問い合わせ先
    外部の方
    学内の方