2021/06/25 更新

写真b

イシグロ イタル
石黒 格
ISHIGURO Itaru
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
現代心理学部 心理学科
現代心理学研究科 心理学専攻博士課程後期課程
現代心理学研究科 心理学専攻博士課程前期課程
職名*
教授
学位
博士 ( 東京大学 )
研究テーマ*
  • 社会調査を用いた量的研究法によって、具体的な社会現象を記述し、かつ行動科学、社会科学的な理論によって理解することを試みている。主要なテーマは社会関係と、その地域差および時系列的な変化であり、その主要な要因となり得る都市度や情報通信技術、さらには文化的な価値観について関心を持っている。

  • 研究キーワード
  • 社会調査

  • 人間関係

  • 都市化

  • 地域間格差

  • 同類性

  • 学内職務経歴*
    • 2020年4月 - 現在 
      現代心理学部   心理学科   教授
    • 2020年4月 - 現在 
      現代心理学研究科   心理学専攻博士課程後期課程   教授
    • 2020年4月 - 現在 
      現代心理学研究科   心理学専攻博士課程前期課程   教授
     

    研究分野

    • 人文・社会 / 社会学

    • 人文・社会 / 社会心理学

    経歴

    • 2007年 
      - 弘前大学人文学部 准教授

      詳細を見る

    • 2004年 - 2007年 
      弘前大学人文学部 助教授

      詳細を見る

    • 2001年 - 2004年 
      弘前大学人文学部 講師

      詳細を見る

    • 2001年 
      - Instructor of Faculty of Humanities of Hirosaki University

      詳細を見る

    •  
      弘前大学 人文学部 情報行動講座   助教授

      詳細を見る

    学歴

    • - 2001年 
      東京大学   人文社会系研究科

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    受賞

    • 2014年7月  
      日本社会心理学会奨励論文賞 

      詳細を見る

      受賞国:日本国

      researchmap

    • 2012年11月  
      日本社会心理学会優秀論文賞 

      詳細を見る

      受賞国:日本国

      researchmap

    • 2006年  
      日本社会心理学会奨励論文賞 

      詳細を見る

      受賞国:日本国

      researchmap

    論文

    • Changes in core network size in Japan: Comparisons between the 1990s and 2010s 査読有り

      Itaru Ishiguro

      SOCIAL NETWORKS52   270 - 281   2018年1月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

      Few studies have examined changes in network size during the past 20 years in Japan despite changes in many other aspects of Japanese society that could affect Japanese social relationships. I conducted a time-series cross-sectional survey to investigate changes in network size for married Japanese people from 1993 to 2014. Results follow: 1) core network sizes decreased slightly; 2) the number of married males with no core network outside their households increased slightly; 3) kin and neighbour network sizes decreased and friend network size increased among married females; 4) kin network size decreased among married males; and 5) the probability of younger married males having no network friends increased. Overall, changes in network sizes were small, and we cannot conclude that serious social decay occurs among married Japanese people. (C) 2017 Elsevier B.V. All rights reserved.

      DOI: 10.1016/j.socnet.2017.09.005

      researchmap

    • 青森県出身者の社会関係資本と地域間移動の関係 招待有り

      石黒格

      教育社会学研究102   33 - 53   2018年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Extroversion and neuroticism affect the right side of the distribution of network size 査読有り

      Itaru Ishiguro

      SOCIAL NETWORKS44   219 - 225   2016年1月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

      Previous studies explored various predictors of network size by examining their effects on mean network size. However, such predictors may not affect the entire distribution of network size uniformly. In the present study, I theoretically predict that extroversion and neuroticism affect the right side of the network size distribution to a greater extent than the left side and test these predictions using quantile regression analysis. The results showed that the effects of extroversion on the size of the inner and outer layers of personal network were significantly greater when the prediction target was the third quartile than when it was the first quartile. The results also showed that although the effects of neuroticism on the inner layer size were significant, that on the outer layer size were not. When the target variable was inner layer size, the relationship between neuroticism and inner layer size was stronger when the prediction target was the third quartile than when it was the first quartile. (C) 2015 Elsevier B.V. All rights reserved.

      DOI: 10.1016/j.socnet.2015.10.004

      researchmap

    • ネットワーク・サイズに対する都市度効果再考:朝霞-山形調査データへの分位点回帰分析の適用

      石黒格

      日本女子大学大学院人間社会研究科紀要20   113 - 127   2014年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • 社会心理学データに対する分位点回帰分析の適用:ネットワーク・サイズを例として 査読有り

      石黒格

      社会心理学研究29 ( 1 ) 11 - 20   2013年8月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Two ways to overcome social uncertainty in social support networks: A test of the emancipation theory of trust by comparing kin/nonkin relationships 査読有り

      Itaru Ishiguro, Yoichi Okamoto

      JAPANESE PSYCHOLOGICAL RESEARCH55 ( 1 ) 1 - 11   2013年1月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

      Many findings of previous research have supported the predictions of the emancipation theory of trust (Yamagishi, 2011) in experimental settings. Although the key concept of the theory is social uncertainty, few studies of the concept have been conducted in natural settings. In the present study, we operationally defined social uncertainty by comparing kin and nonkin relationships. We analyzed survey data representative of the Japanese population and compared the exchange of social support between kin and nonkin. The prediction was that commitment helps respondents construct cooperative nonkin relationships more than it does kin relationships, and general trust helps only resource-rich respondents to do so. The results supported the predictions. The study found significant interactions with relationship type x commitment and relationship type x household income x general trust. The patterns of mean score for social support exchanged were consistent with the predictions. High trusters with low household income exchanged more support independent of the relationship type.

      DOI: 10.1111/j.1468-5884.2012.00536.x

      researchmap

    • 人間関係の選択性と態度の同類性:ダイアド・データを用いた検討 査読有り

      石黒格

      社会心理学研究27 ( 1 ) 13 - 23   2011年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 分位点回帰分析を用いた知人数の分析:分布の差異を予測する 査読有り

      石黒格

      理論と方法50 ( 2 ) 389 - 403   2011年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 都市度による親族・友人関係の変化:全国ネットワーク調査を用いたインティメイト・ネットワークの分析

      石黒格

      人文社会論叢社会科学篇(弘前大学人文学部)23   29 - 48   2010年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • 態度と行動の共有が自己卑下的自己呈示に及ぼす効果 査読有り

      石黒格, 村上史朗

      社会心理学研究23 ( 2 ) 130 - 139   2007年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 関係性が自己卑下的自己呈示に及ぼす効果 査読有り

      石黒格, 村上史朗

      社会心理学研究23 ( 1 ) 33 - 44   2007年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 青森県出身者の県外進学に関わる要因:県内外進学者の比較から

      石黒格

      人文社会論叢社会科学篇(弘前大学人文学部)18   69 - 79   2007年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • Gender bias in estimating political expertise. 査読有り

        9 ( 3 ) 216 - 223   2006年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • アドレス帳の利用率と登録人数のネットワーク・サイズの指標としての妥当性 査読有り

      石黒格, 辻竜平

      理論と方法21 ( 2 ) 295 - 312   2006年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 県内若者の就労にパーソナル・ネットワークの多様性が与える影響

      石黒格

      人文社会論叢社会科学篇(弘前大学人文学部)16   1 - 15   2006年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • 謙遜の生起に対するコミュニケーション・ターゲットの効果 査読有り

      村上史朗, 石黒格

      社会心理学研究21 ( 1 ) 1 - 11   2005年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • ネットワークの文脈効果とその帰結:認知と構造の両過程を分離する試みとして 査読有り

      未公刊博士論文(東京大学大学院人文社会系研究科)   2004年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(博士)  

      researchmap

    • Contextual effects of personal network on individuals' tendency to blame the victims of sexual harassment 査読有り

      Itaru, I

      ASIAN JOURNAL OF SOCIAL PSYCHOLOGY6 ( 3 ) 201 - 214   2003年12月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBL LTD  

      Victim-blaming has been studied extensively, especially in the context of sexual violence. In the present study, the distribution of opinion with regard to female victims of sexual violence among people in the respondents' networks was used to explain their victim-blaming tendency. Data from respondents' personal networks were collected, and the results revealed that respondents' attitudes towards victim-blaming correlated positively with the proportion of network others who had positive attitudes towards victim-blaming. The correlation was stronger among respondents who had low concern for the issue. The results supported a model of information bias of personal network on attitudes.

      researchmap

    • スノーボール・サンプリング法による大規模調査とその有効性について:02弘前調査データを用いた一般的信頼概念の検討

      石黒格

      人文社会論叢社会科学篇9   85 - 98   2003年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • Effects of global information feedback on diversity: extensions to Axelrod’s Adaptive Cultural Model. 査読有り

        45 ( 1 ) 80 - 96   2001年2月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Dynamic Social Impact Theoryシミュレーションへの全体情報の導入:マス・コミュニケーションの「強力効果」は社会を統合するか? 査読有り

      石黒格, 安野智子, 柴内康文

      社会心理学研究16 ( 2 ) 114 - 123   2001年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • テレビの視聴行動に対人的な要因が与える影響 査読有り

      石黒格

      社会心理学研究14 ( 3 ) 165 - 174   1999年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 対人環境としてのソーシャル・ネットワークが性役割に関する態度、意見分布の認知に与える影響 査読有り

      石黒格

      社会心理学研究13 ( 2 ) 112 - 121   1998年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 対人環境概念による規範の維持・変化モデルの検証 査読有り

      石黒格

      修士論文(東京大学大学院人文社会系研究科)   1998年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(修士)  

      researchmap

    ▼全件表示

    MISC

    • 態度と行動の共有が自己卑下的自己呈示に及ぼす効果

      石黒格, 村上史朗

      社会心理学研究23 ( 2 ) 130 - 139   2007年

    • 関係性が自己卑下的自己呈示に及ぼす効果

      石黒格, 村上史朗

      社会心理学研究23 ( 1 ) 33 - 44   2007年

    • 青森県出身者の県外進学に関わる要因:県内外進学者の比較から

      石黒格

      人文社会論叢社会科学篇(弘前大学人文学部) ( 18 ) 69 - 79   2007年

      詳細を見る

    • Gender bias in estimating political expertise

      Itaru Ishiguro

      ASIAN JOURNAL OF SOCIAL PSYCHOLOGY9 ( 3 ) 216 - 223   2006年12月

      詳細を見る

      記述言語:英語   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING  

      The present study reveals that there is a gender bias in estimates of spouses' political expertise. Data were collected from married couples in one city in north-eastern Japan and the results showed that when all respondents were included, the estimation of spouses' political expertise was moderately accurate. However, while husbands' estimates of the political expertise of their wives were lowered and less accurate, wives' estimates of the political expertise of their husbands were more accurate. The implication of these findings for the political equality of males and females is discussed.

      DOI: 10.1111/j.1467-839X.2006.00200.x

      researchmap

    • アドレス帳の利用率と登録人数のネットワーク・サイズの指標としての妥当性

      石黒格, 辻竜平

      理論と方法40 ( 2 ) 295 - 312   2006年

      詳細を見る

    • 県内若者の就労にパーソナル・ネットワークの多様性が与える影響

      石黒格

      人文社会論叢社会科学編(弘前大学人文学部)16   1 - 15   2006年

      詳細を見る

    • 謙遜の生起に対するコミュニケーション・ターゲットの効果

      村上史朗, 石黒格

      社会心理学研究21 ( 1 ) 1 - 11   2005年

    • Contextual effects of personal network on individuals' tendency to blame the victims of sexual harassment

      Ishiguru Itaru

      Asian Journal of Social Psychology6 ( 3 ) 201 - 214   2003年12月

      詳細を見る

      記述言語:英語  

      Victim-blaming has been studied extensively, especially in the context of sexual violence. In the present study, the distribution of opinion with regard to female victims of sexual violence among people in the respondents' networks was used to explain their victim-blaming tendency. Data from respondents' personal networks were collected, and the results revealed that respondents' attitudes towards victim-blaming correlated positively with the proportion of network others who had positive attitudes towards victim-blaming. The correlation was stronger among respondents who had low concern for the issue. The results supported a model of information bias of personal network on attitudes.

      DOI: 10.1046/j.1467-839X.2003.00121.x

      Scopus

      researchmap

    • Effects of global information feedback on diversity: extensions to Axelrod’s Adaptive Cultural Model

      Shibanai, Y, Yasuno, S, Ishiguro

      Journal of Conflict Resolution45 ( 1 ) 80 - 96   2001年2月

      詳細を見る

      記述言語:英語  

      DOI: 10.1177/0022002701045001004

      researchmap

    • Effects of Global Information Feedback on Diversity : Extensions to Axelrod's Adaptive Culture Model.(共著)

      Journal of Conflice Resolution45 ( 1 ) 80 - 96   2001年

    • Application of Global Information as Generalized other to computer simulation of Dynamic Social Impact Theory

      Japanese Journal of Social Psychology16 ( 2 ) 114 - 123   2000年

      詳細を見る

    • Dynamic Social Impact Theoryシミュレーションへの全体情報の導入 : マス・コミュニケーションの「強力効果」は社会を統合するか?(共著)

      社会心理学研究16 ( 2 ) 114 - 123   2000年

    • Examination of Maintenance and Change Model of Norm : From The pers-pective of Concern and network density

          1999年

      詳細を見る

    • The effect of the interpersonal Sactor on the people's selection of TV program

      Japanese Journal of Social Psychology14 ( 3 ) 165 - 174   1999年

      詳細を見る

    • テレビ番組の視聴行動に対人的な要因が与える影響

      社会心理学研究14 ( 3 ) 165 - 174   1999年

      詳細を見る

    • Effect of social network as interpersonal environment on attitude toward and perceived distribution of opinion about gender role.

      Japanese Journal of Social Psychology13 ( 2 ) 112 - 121   1998年

      詳細を見る

    • 対人環境としてのソーシャル・ネットワークが性役割に関する態度と意見分布の認知に与える影響

      社会心理学研究13 ( 2 ) 112 - 121   1998年

      詳細を見る

    • Getting to know society through familiar others.

      Joint meeting of the 45th conference of the Japanese Group Dynamics Association and the second conference of the Asian Association of Social Psychology.   1997年

      詳細を見る

    • Why victims of sexual violence are blamed?

          1997年

      詳細を見る

    • Effect of Social network on people's attitude regarding gender roles

          1996年

      詳細を見る

    ▼全件表示

    書籍等出版物

    • 変わりゆく日本人のネットワーク:ICT普及期における社会関係の変化

      石黒格, 野沢慎司, 赤枝尚樹, 三田泰雅, 針原素子, 小林哲郎( 範囲: 第1,2,3章、終章)

      勁草書房  2018年 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • 計量社会学入門:社会をデータで読む

      筒井淳也, 神林博史, 長松奈美江, 渡邉大輔, 藤原翔

      世界思想社  2015年 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • 改訂Stataによる社会調査データの分析:入門から応用まで

      石黒格( 担当: 共著)

      北大路書房  2014年5月 

      詳細を見る

    • 「東京」に出る若者たち: 仕事・社会関係・地域間格差

      石黒格, 李永俊, 杉浦裕晃, 山口恵子( 担当: 共著)

      ミネルヴァ書房  2012年9月  ( ISBN:9784623064083

      詳細を見る

      東北地方出身の若者が東京圏に移動する理由と、移動によって受ける影響について、職業と社会関係という視点から実証的に検討した、学際的な研究書。

      researchmap

    • 社会心理学事典

      日本社会心理( 担当: 共著)

      丸善  2009年 

      詳細を見る

      ソーシャル・ネットワークと群衆の項を担当

      researchmap

    • Stataによる社会調査データの分析:入門から応用まで(石黒格編著)

      北大路書房  2008年 

      詳細を見る

    • 近代化のフィールドワーク(作道信介編)

      東信堂  2008年 

      詳細を見る

    • 青森県で生きる若者たち(李永俊・石黒格著)

      弘前大学出版会  2008年 

      詳細を見る

    • 社会心理学概説(潮村公弘・福島治編)

      北大路書房  2007年 

      詳細を見る

    • 社会の見方、測り方:計量社会学への招待(与謝野有紀・栗田宣義・高田洋・間淵領吾・安田雪編)

      勁草書房  2006年 

      詳細を見る

    • 社会行動の社会心理学:社会に参加する人間のこころと行動(池田謙一編)

      北大路書房  2001年 

      詳細を見る

    ▼全件表示

    講演・口頭発表等

    • 社会の流動性に応じた人間関係の同質性・異質性:個人単位および社会単位の人間関係に着目した地域社会調査

      福島慎太郎, 石黒格

      第91回日本社会学会大会  2018年9月15日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:甲南大学  

      researchmap

    • 自閉症スペクトラム指数は何を測っているのか:短縮版作成の試みと失敗から示唆されること

      石黒格

      第65回日本グループ・ダイナミクス学会大会  2018年9月8日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:神戸大学  

      researchmap

    • 高信頼者の社会関係はオープンではない?:全国ネットワーク調査のトライアド・センサス

      石黒格

      第59回日本社会心理学会大会  2018年8月28日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:追手門大学  

      researchmap

    • 短期的配偶戦略がペイするとき:生活史戦略と外見的魅力

      石黒格

      第58回日本社会心理学会大会  2017年10月23日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:広島大学  

      researchmap

    • ネットワーク・サイズに対する外向性の効果の再検討

      石黒格

      第64回日本グループ・ダイナミクス学会大会  2017年10月1日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:東京大学  

      researchmap

    • 地方都市の社会関係は「都市化」したか

      石黒格

      第64回日本数理社会学会大会  2017年9月17日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:札幌学院大学  

      researchmap

    • 外向性がすべてか:主観的幸福感に対するオフライン/オンラインのネットワーク・サイズの効果

      石黒格, 田中恵美

      第57回日本社会心理学会大会  2016年9月18日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:関西学院大学  

      researchmap

    • 外見への投資は社会的適応を向上させるか

      石黒格, 田中恵美

      第57回日本社会心理学会大会  2016年9月18日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:関西学院大学  

      researchmap

    • 20年間の親密な友人関係における接触頻度の変化

      石黒格

      第61回日本数理社会学会大会  2016年3月17日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:上智大学  

      researchmap

    • 社会関係は「解放」されたか

      石黒格

      第56回日本社会心理学会大会  2015年11月1日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:東京女子大学  

      researchmap

    • 1993-2014年間の日本人のネットワーク・サイズの変化

      石黒格

      第62回日本グループ・ダイナミクス学会大会  2015年10月11日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:奈良大学  

      researchmap

    • 1997~2005年間のパーソナル・ネットワークの変化

      第61回日本グループ・ダイナミクス学会大会  2014年 

      詳細を見る

      会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • カウント分位点回帰分析を用いた都市度効果の再考

      第55回日本社会心理学会大会  2014年 

      詳細を見る

      会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 日本人の社会関係はどう変わったか

      2014年度第4回名古屋社会心理学研究会  2014年 

      詳細を見る

    • 青森出身者の社会関係資本と地域間移動の関係

      第66回日本教育社会学会大会  2014年 

      詳細を見る

    • ダイアド・データを用いた信頼の解き放ち理論の検証

      第56回数理社会学会大会  2013年 

      詳細を見る

    • 信頼の解き放ち理論の検証:ダイアド・データを用いて

      第54回日本社会心理学会大会  2013年 

      詳細を見る

    • 危機は結束を高めるか?

      第60回日本グループ・ダイナミクス学会大会  2013年 

      詳細を見る

      会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 協力的な人物は好まれるか:同盟としての友人関係

      第59回日本グループ・ダイナミックス学会大会  2012年 

      詳細を見る

    • 友情の同盟仮説

      第53回日本数理社会学会大会  2012年 

      詳細を見る

    • 都市的環境で拡大する少数派の趣味ネットワーク

      第53回日本社会心理学会大会  2012年 

      詳細を見る

      会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • ネットワーク・ハブを予測する:知人数の分位点回帰分析

      第52回数理社会学会・第7回ネットワークが創発する知能研究会合同大会  2011年 

      詳細を見る

    • 地方から大都市への移動と趣味ネットワークの拡大

      第52回日本社会心理学会大会  2011年 

      詳細を見る

      会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 移動者のパーソナル・ネットワーク:東北と南関東の比較

      第58回日本グループ・ダイナミクス学会大会  2011年 

      詳細を見る

      会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 都市への移動は「趣味仲間」を増やすか

      第52回数理社会学会・第7回ネットワークが創発する知能研究会合同大会  2011年 

      詳細を見る

      会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 都市は多様化するか

      第51回日本社会心理学会大会ポスター発表  2010年 

      詳細を見る

      会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 地域移動による若者の進学・就職・転職のパフォーマンス

      第47回数理社会学会大会ポスター発表  2009年 

      詳細を見る

      会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 日本におけるネットワークの同質性:心理変数を用いた下位文化仮説の検討

      日本社会心理学会第50回大会・日本グループ・ダイナミックス学会第56回大会合同大会ポスター発表  2009年 

      詳細を見る

      会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 都市度と価値観の同類性:ダイアド・データを用いた分析

      第48回数理社会学会大会  2009年 

      詳細を見る

    • 精神的、身体的健康の規定因としてのコントロール感と社会参加

      第49回日本社会心理学会大会ポスター発表  2008年 

      詳細を見る

      会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 態度と行動の共有が自己卑下的自己呈示に及ぼす効果

      第54回日本グループダイナミクス学会大会  2007年 

      詳細を見る

    • 『希釈』される信頼性評価

      第47回日本社会心理学会大会ポスター発表  2006年 

      詳細を見る

      会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • ターゲットとの関係性が自己卑下的自己呈示に及ぼす効果

      第46回日本社会心理学会大会  2005年 

      詳細を見る

    • パーソナル・ネットワークにおける社会意識の一致とそのメカニズムの社会心理学的検討

      第7回日本進化学会  2005年 

      詳細を見る

    • ネットワークは社会関係資本足りうるか(2):非統制的過程を考慮した分析

      第45回日本社会心理学会大会  2004年 

      詳細を見る

    • 社会的文脈に埋め込まれた謙遜:ダイアド・データを用いた分析

      第44回日本社会心理学会大会  2003年 

      詳細を見る

    • ネットワークは社会関係資本足りうるか:社会問題に対する知識量評価のジェンダー・バイアス

      第43回日本社会心理学会大会  2002年 

      詳細を見る

    • ネットワークに抱く合意性幻想が支えるVictim-Blaming:セクハラを例として

      第42回日本社会心理学会大会  2001年 

      詳細を見る

      会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 対人的情報源を用いた男女の専門勢力格差解消

      第41回日本社会心理学会大会  2000年 

      詳細を見る

    • 対人環境による規範の維持・変化モデルの検討:争点関心とネットワーク密度からの分析

      第40回日本社会心理学会大会  1999年 

      詳細を見る

    • 適応エージェントモデルへの全体情報フィードバックの導入(1):LataneらのDynamic Social Impact Modelへの適用

      第39回日本社会心理学会大会  1998年 

      詳細を見る

      会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Getting to know society through familiar others

      1997 Joint meeting of the 45th conference of the Japanese Group Dynamics Association and the second conference of the Asian Association of Social Psychology  1997年 

      詳細を見る

      会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • なぜ被害者が責任を問われるのか

      第38回日本社会心理学会大会  1997年 

      詳細を見る

    • ソーシャル・ネットワークが性役割意識に与える影響

      第37回日本社会心理学会大会  1996年 

      詳細を見る

    ▼全件表示

    所属学協会

    •  
      American Psychological Association

      詳細を見る

    •  
      Asian Assciation of Social Psychology

      詳細を見る

    •  
      日本グループ・ダイナミクス学会

      詳細を見る

    •  
      日本数理社会学会

      詳細を見る

    •  
      日本社会心理学会

      詳細を見る

    Works(作品等)

    • 第2回都市生活と家族に関する意識調査結果報告書 その他

      石黒格, 野沢慎司, 三田泰雅, 針原素子, 赤枝尚樹, 小林哲郎

      2016年

      詳細を見る

      作品分類:その他  

      調査報告書

      researchmap

    • 仕事・生活とこころの健康に関する調査報告書(李永俊・石黒格) 2008 その他

      詳細を見る

      作品分類:その他  

      researchmap

    • 弘前市におけるパーソナル・ネットワーク調査報告書(石黒格・羽渕一代) 2003 その他

      詳細を見る

      作品分類:その他  

      researchmap

    • 東北から東京圏に移動した若者たちの社会関係就業に関する調査研究報告書 2013 その他

      詳細を見る

      作品分類:その他  

      researchmap

    • 若年者の就業状況と意識に関するアンケート調査報告書(李永俊・石黒格) 2006 その他

      詳細を見る

      作品分類:その他  

      researchmap

    • 若年者の就業状況と意識に関する調査研究報告書(李永俊・石黒格) 2007 その他

      詳細を見る

      作品分類:その他  

      researchmap

    • 都市に暮らす地方出身の若者の就業状況と地元意識に関する調査研究(李永俊・石黒格・山口恵子) 2009 その他

      詳細を見る

      作品分類:その他  

      researchmap

    ▼全件表示

    共同研究・競争的資金等の研究

    • 一番的信頼と人間関係

      詳細を見る

      2007年

      資金種別:競争的資金

      山岸(1998)によって提唱された一般的信頼概念から導出される、人間関係に関わる予測を、実証的な社会調査データを用いて検証する。

      researchmap

    • 地方出身の若者の地域移動と適応

      詳細を見る

      2005年

      資金種別:競争的資金

      地方出身の若者が、進学、就職に際して都市に移動する際に生じる困難と、困難への対象という問題について、心理的、社会関係的適応という視点から検討し、地方出身の若者が潜在的に負っている不利益を明らかにするほか、可能な支援を模索する。

      researchmap

    • 都市度とパーソナル・ネットワークの同類性

      詳細を見る

      2004年

      資金種別:競争的資金

      下位文化理論から予測され、多くの近代化研究、心理学研究でも自明視されている、都市化による人間関係の選択性の上昇というテーゼについて、同類性の上昇という視点から再検討する。

      researchmap

    お問い合わせ先
    外部の方
    学内の方