2021/07/01 更新

写真b

ウメハラ ヒデハル
梅原 秀元
UMEHARA Hideharu
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
文学部 史学科世界史学専修
文学研究科 史学専攻博士課程後期課程
文学研究科 史学専攻博士課程前期課程
職名*
特任准教授
連絡先
メールアドレス
研究キーワード
  • 教育史

  • 科学史

  • 公衆衛生史

  • 医学史

  • ドイツ近現代史

  • 学内職務経歴*
    • 2020年4月 - 現在 
      文学部   史学科世界史学専修   特任准教授
    • 2020年4月 - 現在 
      文学研究科   史学専攻博士課程前期課程   特任准教授
    • 2020年4月 - 現在 
      文学研究科   史学専攻博士課程後期課程   特任准教授
     

    経歴

    • 2020年3月 - 現在 
      立教大学   文学部   特任准教授

      詳細を見る

    • 2014年4月 - 2020年3月 
      慶應義塾大学、フェリス女学院大学、成城大学、立正大学、法政大学、立教大学など   兼任講師 (非常勤講師)

      詳細を見る

    学歴

    • 2002年3月 - 2013年12月 
      デュッセルドルフ大学

      詳細を見る

      国名: ドイツ連邦共和国

      researchmap

    • 1994年4月 - 2002年3月 
      慶應義塾大学   経済学研究科

      詳細を見る

      備考: 修士課程および博士課程

      researchmap

    • 1990年4月 - 1994年3月 
      慶應義塾大学   経済学部

      詳細を見る

    論文

    • [German-Japanese scientific exchange in urology in the early 20th century]. 国際誌

      T Halling, H Umehara, F Moll

      Der Urologe. Ausg. A53 ( 1 ) 67 - 82   2014年1月

      詳細を見る

      記述言語:ドイツ語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      This paper analyzes the importance of the German language and German culture and institutional development of urology in Japan in the early 20th century, starting from the development of the medical school for Japanese in Germany and their function in the process of modernization of the Meiji period (1868-1912). Examples of bi-directional German-Japanese relations in medicine, which also included an integrated knowledge transfer, are shown. The study is based mainly on Japanese and German sources about Japanese physicians in Germany as well as contemporary publications in German and international medical journals. Methodologically, the article combines quantitative analysis with individual biographical aspects.

      DOI: 10.1007/s00120-013-3374-3

      PubMed

      researchmap

    • [From "schizophrenia" to "disturbance of the integrity of the self": causes and consequences of renaming schizophrenia in Japan in 2002]. 国際誌

      H Umehara, H Fangerau, W Gaebel, Y Kim, H Schott, J Zielasek

      Der Nervenarzt82 ( 9 ) 1160 - 8   2011年9月

      詳細を見る

      記述言語:ドイツ語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      In August 2002 the Japanese Society of Psychiatry and Neurology decided to rename the Japanese expression for schizophrenia from Sêshin Bunretsu Byô to Tôgô Shicchô Shô. Currently the psychiatric classification systems ICD-10 and DSM-IV are under revision. Against this background the Japanese process of renaming a psychiatric disorder is of high interest as far as the clinical, social and cultural implications of the new name are concerned.The authors give an overview of the Japanese process of renaming schizophrenia. Its background and realization are explained and the expectations of Japanese physicians, patients and their families related to the new name are analysed. Furthermore, its effects are evaluated. The aim of the paper is to clarify in how far the Japanese example may serve as a model for evaluating the possible implications that a renaming or nosological redefinition of schizophrenia might have in the course of the revision process of ICD 10 and DSM IV.

      DOI: 10.1007/s00115-010-3208-0

      PubMed

      researchmap

    MISC

    ▼全件表示

    書籍等出版物

    • Epidemien und Pandemien in historischer Perspektive = Epidemics and pandemics in historical perspective

      Vögele, Jörg, Knöll, Stefanie, Noack, Thorsten( 担当: 分担執筆)

      Springer VS  2016年  ( ISBN:9783658138745

      詳細を見る

      総ページ数:viii, 448 p.  

      CiNii Books

      researchmap

    • 歴史のなかの障害者

      山下, 麻衣, 梅原, 秀元, 松井, 彰彦, 鈴木, 晃仁, 長廣, 利崇, 広瀬, 浩二郎, 大谷, 誠, 中野, 智世, 灘本, 昌久, 小林, 丈広, 藤原, 哲也( 担当: 分担執筆)

      法政大学出版局  2014年2月  ( ISBN:9784588603341

      詳細を見る

      総ページ数:vii, 342p   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • Gesunde Schule und gesunde Kinder : Schulhygiene in Düsseldorf, 1880-1933

      Umehara, Hideharu

      Klartext  2013年  ( ISBN:9783837507157

      詳細を見る

      総ページ数:357 p.   記述言語:ドイツ語

      CiNii Books

      researchmap

    共同研究・競争的資金等の研究

    • 仮設建造物の歴史ー19・20世紀ドイツにおけるバラック(木造仮設建造物)を例に

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援 

      梅原 秀元

      詳細を見る

      2020年9月 - 2022年3月

      課題番号:20K22027

      配分額:1820000円 ( 直接経費:1400000円 、 間接経費:420000円 )

      researchmap

    • ドイツにおける対日外交文書の収集と利用可能性

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B) 

      五百籏頭 薫, 箱石 大, 市川 智生, 稲吉 晃, 松澤 裕作, 浅田 進史, 山下 大輔, 福岡 万里子, 長沼 秀明, 小宮 一夫, 中澤 俊輔, 梅原 秀元, 松居 宏枝

      詳細を見る

      2013年4月 - 2016年3月

      課題番号:25301015

      配分額:14040000円 ( 直接経費:10800000円 、 間接経費:3240000円 )

      ドイツにある日本関係資料として、1100冊以上の簿冊の所在を確認し、そのうち250冊ほどのスキャン画像を取得した。その資料としての価値として、量的に膨大であることに加えて、下記のようなことを指摘できる。第一に、資料の保存が系統的であり、保存状況が良好であること、第二に、外務省以外の官庁においても日本関係の資料が豊富に残存していること、という二点において、高い価値を有するものと評価できる。
      今後、日独関係及びそれに関連する外交・国家形成についての歴史研究に対し、多大の貢献を果たすものと期待できる。

      researchmap

    お問い合わせ先
    外部の方
    学内の方