2021/11/25 更新

写真b

カワハタ ヤスコ
川畑 泰子
KAWAHATA Yasuko
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
社会学部 メディア社会学科
社会学研究科 社会学専攻博士課程後期課程
社会学研究科 社会学専攻博士課程前期課程
職名*
助教
学位
博士(芸術工学) ( 九州大学 )
研究テーマ*
  • これまで可視化されにくかった社会現象におけるメカニズムを理解するWeb Scienceの分野の研究は急激に成長を遂げている。私たちの社会生活を構成しうる情報の交流の速度もますます加速する中で、歴史的背景からWeb上の情報の変遷とそれらを取り巻く社会の変化を多様なアプローチによって紐解いていくことを目標としている。

  • 研究キーワード
  • 計算社会科学

  • 計量文献学

  • 学内職務経歴*
    • 2020年4月 - 現在 
      社会学部   メディア社会学科   助教
    • 2020年4月 - 現在 
      社会学研究科   社会学専攻博士課程後期課程   助教
    • 2020年4月 - 現在 
      社会学研究科   社会学専攻博士課程前期課程   助教
     

    研究分野

    • 人文・社会 / 図書館情報学、人文社会情報学

    経歴

    • 2020年4月 - 現在 
      東京大学   空間情報科学研究センター   客室研究員

      詳細を見る

      国名:日本国

      researchmap

    • 2020年4月 - 現在 
      立教大学   社会学部 メディア社会学科   助教

      詳細を見る

    • 2017年11月 - 2020年3月 
      群馬大学   社会情報学部   助教

      詳細を見る

    • 2016年4月 - 2020年3月 
      鳥取大学   大学院工学研究科機械宇宙工学専攻応用数理工学講座数理物性力学研究室   博士研究員(兼任)

      詳細を見る

    • 2016年4月 - 2019年7月 
      成城大学   非常勤講師

      詳細を見る

    • 2015年 - 2017年 
      東京大学   大学院情報理工学系研究科ソーシャルICT研究センター/数理情報工学コース   日本学術振興会 特別研究員PD

      詳細を見る

    ▼全件表示

    学歴

    • 2012年4月 - 2015年3月 
      九州大学   大学院 芸術工学府   CCD 博士後期課程 入学〜修了 博士(芸術工学)

      詳細を見る

    • 2010年4月 - 2012年3月 
      九州大学   大学院 芸術工学府   CCD 修士課程 入学〜修了 修士(芸術工学)

      詳細を見る

    • 2006年4月 - 2010年3月 
      九州大学   芸術工学部

      詳細を見る

    委員歴

    • 2021年10月 - 現在 
      Frontiers in Physics   Review Editor

      詳細を見る

    • 2020年 - 現在 
      The International Workshop on Application of Big Data for Computational Social Science PC member

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2018年 - 現在 
      群馬県公共工事入札監視委員会

      詳細を見る

      団体区分:自治体

      researchmap

    • 2020年11月 - 2021年3月 
      PLOS ONE   Reviewer(Academic Editor)

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2017年 - 2020年3月 
      計算社会科学研究会 PCメンバー

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2018年 - 2019年 
      IEEE Big Data2018 PC member of the workshop on Computational Social Science

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2017年 
      IEEE Big Data2017 PC member of the workshop on Computational Social Science

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2016年 
      IEEE Big Data2016 Chairman of the workshop on Computational Social Science

      詳細を見る

      団体区分:その他

      researchmap

    ▼全件表示

    論文

    • COVID-19禍におけるWeb上の意見形成

      川畑泰子

      社会学研究科年報 2020年   2021年3月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      添付ファイル: COVID-19 禍における Web 上の意見形成Forming Opinions on the Web in the COVID-19 Disaster.pdf

      researchmap

    • 都市生活に根付く国際芸術祭におけるweb上の情報の利活用方法の検討 査読有り

      川畑泰子

      文化政策学会 第14回年次研究⼤会   2021年3月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Examination of approach to opinion distribution on Web media in large-scale relay event using stochastic process 査読有り

      Yasuko Kawahata

          2020年12月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Examination of urban movement tendency using multi-dimensional data considering personal information 査読有り

      川畑 泰子

      NetsciX2020   2020年1月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

      researchmap

    • Examination of analysis method of urban resilience based on temporal and spatial archive information before and after disaster -Perspective of SDGs- 査読有り

      川畑 泰子

      Examination of analysis method of opinion distribution in video media related to social life on Web   2019年12月

      詳細を見る

    • Quantitative consideration of spatio-temporal information on education and culture in Japan using telephone directory archive data 査読有り

      川畑 泰子

      Springer Book Series: “Proceedings in Adaptation, Learning and Optimization”   2019年12月

      詳細を見る

    • Examination of analysis method of opinion distribution in video media related to social life on Web 査読有り

      川畑 泰子

      Springer Book Series: “Proceedings in Adaptation, Learning and Optimization”   2019年12月

      詳細を見る

    • Examination of analysis method of opinion distribution in News media transferred on Web 査読有り

      川畑 泰子

      Springer Book Series: “Proceedings in Adaptation, Learning and Optimization”   2019年12月

      詳細を見る

    • メディアにおける意見形成の解析手法のケーススタディ 査読有り

      川畑 泰子

      社会情報学会   2019年12月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 対人関係に信頼と不信を含めてメディア効果も考慮したオピニオ ンダイナミクス理論 査読有り

      石井晃, 川畑泰子

      2019年度人工知能学会全国大会論文集   2019年6月

      詳細を見る

      記述言語:日本語  

      researchmap

    • Behavior Analysis of People in Maebashi City Using Location Information Data 招待有り 査読有り

      川畑 泰子, 上岡 拓也

          2019年5月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

      researchmap

    • 信頼と不信の対人関係とメディア効果を考慮したオピニオンダイナミクス理論 査読有り

      石井晃, 川畑泰子

      第18回社会システム部会論文集   2019年3月

      詳細を見る

    • The Influence of Social Media Writing on Online Search Behavior for Seasonal Topics: The Sociophysics Approach 査読有り

      Yasuko Kawahata, Nozomi Okano, Masaru Higashi, Toshimichi Wakabayashi, Akira Ishii

      IEEE BIGDATA2018   2018年12月

      詳細を見る

    • Social risk prediction using search behavior analysis of people of society 査読有り

      Yasuko Kawahata, Akira Ishii

      DySES2018   2018年10月

      詳細を見る

      記述言語:英語  

      researchmap

    • Dynamics theory which adopted positive and negative trust relation 査読有り

      Akira Ishi, Yasuko Kawahata

      DySES2018   2018年10月

      詳細を見る

      記述言語:英語  

      researchmap

    • Communication based on unilateral preference on Twitter: Internet luring in Japan 査読有り

      Kimitaka Asatani, Yasuko Kawahata, Fujio Toriumi, Ichiro Sakata

      Socinfo 2018   2018年9月

      詳細を見る

      記述言語:英語  

      researchmap

    • Analysis of national election using mathematical model of hit phenomenon 査読有り

      Masanori Ajito, Yasuko Kawahata, Akira Ishii

      Proceedings - 2017 IEEE International Conference on Big Data, Big Data 20172018-   4722 - 4724   2018年1月12日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

      We study national elections using a mathematical model of hit phenomena. Additionally, we adapt the theory of mathematical model of hit phenomenon to national elections. Then, using the data written in the SNS, predict the ranking of the number of seats acquired by proportional representatives of each political party.

      DOI: 10.1109/BigData.2017.8258520

      Scopus

      researchmap

    • Analytical the large-scale collection of data on the results of the guides for foreigners visiting Japan 査読有り

      Yasuko Kawahata, Yukari Moriyama, Shinichirou Yamada, Mingyi Sun, Taketo Kawamura

      Proceedings - 2017 IEEE International Conference on Big Data, Big Data 20172018-   4760 - 4764   2018年1月12日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

      In previous research that has been done, there were issues like the precision of GPS data for an analysis of tourist behavior patterns, difficulties with long-term studies, and it was difficult to conduct an analysis based on detailed data like what language people were speaking, what nationality they were, what they bought and when and where they bought it. However, this study reports that the efforts and enthusiasm in the creation of a system that works in close cooperation with local guides are making it possible to perform an analysis that overcomes the limitations of the research surveys that have been done until now. Additionally, the data collection handled in this text that uses a system that works closely with local guides is not only in place for the Tokyo Metropolitan Area. It is also expanding to areas like the Kansai, Tohoku, and Kyushu regions, and more new items are being added. This makes it possible to follow the elaborate and detailed trends of tourists to Japan.

      DOI: 10.1109/BigData.2017.8258534

      Scopus

      researchmap

    • 2017年衆議院選挙にみるWeb上のコミュニケーションと支持率の関係における考察

      川畑泰子, 味戸正徳, 石井晃

      計算社会科学ワークショップ2018   2018年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

      researchmap

    • Google Trendを用いた検索の数理モデル

      芦田昇, 川畑泰子, 石井晃

      計算社会科学ワークショップ2018   2018年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

      researchmap

    • ソーシャルメディア上の季節性のある書込の解析

      少林俊道, 岡野のぞみ, 川畑泰子, 石井晃

      計算社会科学ワークショップ2018   2018年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

      researchmap

    • Research on social media writing and search behavior about seasonal topics using sociophysics approach 査読有り

      石井晃, 少林俊道, 岡野のぞみ, 川畑泰子

      Proceedings of WMSCI2018   21 - 24   2018年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Analysis of social epidemic phenomena on Social Media using social physics approach 査読有り

      Ishii A, Fukui K, Oda T, Miki A, Fujiwara S, Okano N, Kawahata Y

      Advanced Science Letters   in press   2017年

      詳細を見る

    • Position-sensitive propagation of information on social media using social physics approach 査読有り

      A Ishii, T Mizuno, Y Kawahata

      2017 IEEE International Conference on Big Data   2996 - 3003   2017年

      詳細を見る

    • Measurement of human activity using velocity GPS data obtained from mobile phones

      Kawahata Y, Mizuno T, Ishii A

      arXiv:1706.04301 [physics.soc-ph]   arXiv:1706.04301 [physics.soc-   2017年

      詳細を見る

    • Analysis of Pokemon GO using sociophysics approach 査読有り

      Akira Ishii, Masanori Ajito, Yasuko Kawahata

      2016 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON BIG DATA (BIG DATA)   3986 - 3988   2016年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

      We apply sociophysics approach using the mathematical model for hit phenomena to analyze Pokemon GO influence in society and the theoretical calculation describes the observed social media response well.

      DOI: 10.1109/BigData.2016.7841084

      researchmap

    • Application of an Integer-Valued Autoregressive Model to Hit Phenomena 査読有り

      Yasuko Kawahata, Tamio Koyama

      2016 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON BIG DATA (BIG DATA)   2513 - 2517   2016年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

      We propose a new model for hit phenomena. Our model is based on the Integer-Valued autoregressive model in form of a stochastic difference equation, and it describes behaviors of count data sequences. Utilizing our model, we give a theoretical formulation of the concept "hit", and a systematic method deciding whether given time series count data contains "hit".

      DOI: 10.1109/BigData.2016.7840890

      researchmap

    • Model of Market Share Affected by Social Media Reputation 査読有り

      Ishii Akira, Goto Ujo, Kawahata Yasuko

      Big Data Analysis and Modeling toward Super Smart Society ? (APEC-SSS)(2016)   011006-1-011006-7   2016年

      詳細を見る

    • 23pAK-7 Web 上の投稿にもとづくヒット現象解析によるプロモーション活動への適用についての研究

      川畑 泰子, 源田 悦夫, 石井 晃

      日本物理学会講演概要集70   3126 - 3126   2015年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

      DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.1.0_3126

      CiNii Article

      researchmap

    • ヒット現象の数理モデル 招待有り

      石井 晃, 川畑 泰子

      人工知能30 ( 1 ) 97 - 103   2015年

      詳細を見る

      掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • ビッグデータと超並列計算を活用した全国の高齢者一人一人の生活環境の実証的評価 査読有り

      大西 立顕, 川畑 泰子

      研究結果報告書集 : 交通安全等・高齢者福祉21   65 - 68   2015年

      詳細を見る

    • 顔印象評価を用いた3DCG顔印象連続変形装置 招待有り 査読有り

      メンジョウン, 源田悦夫, 川畑泰子

      ASIAGRAPH 2013 in Kagoshima   2014年9月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 江戸後期の出版物の性質を考慮した三代目歌川豊国の活動傾向の分析-ヒット現象の数理モデルを用いて 招待有り 査読有り

      川畑泰子, 源田 悦夫, 石井晃

      Proceedings of ASIAGRAPH 2013 in Bali   2014年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語  

      researchmap

    • Possibility Predict Japanese Artist's Reputation in the world using the Mathematical Model of Hit Phenomena 査読有り

      Kawahata Yasuko, Genda Etsuo, Ishii Akira

      2014 JOINT 7TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOFT COMPUTING AND INTELLIGENT SYSTEMS (SCIS) AND 15TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ADVANCED INTELLIGENT SYSTEMS (ISIS)   1262 - 1267   2014年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

      A mathematical model for the hit phenomenon in entertainment within a society is presented as a stochastic process of interactions of human dynamics. The calculations for the Japanese motion picture market based on to the mathematical model agree very well with the actual residue distribution in time. In this paper, we experimentally obtained from the BBS and Weblogs, Twitter a review of Japanese musicians. And we tried to analysis in the mathematical model the same as described above.

      researchmap

    • Analysis of local concerts using facebook adapting the mathematical model of hit phenomena 査読有り

      Yasuko Kawahata, Etsuo Genda, Chinami Hara, Akira Ishii

      Advances in Intelligent Systems and Computing273   53 - 59   2014年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Verlag  

      A mathematical model for the hit phenomenon in entertainment within a society is presented as a stochastic process of interactions of human dynamics. The calculations for the Japanese motion picture market based on to the mathematical model agree very well with the actual residue distribution in time. Views of Facebook could be predicted by the number of all the action in the viewer Facebook on this paper. In other words, Views So if determined by the actions for which you want to advertise, we will begin to see is how to should be utilized in advertising using Facebook future.

      DOI: 10.1007/978-3-319-05533-6_6

      Scopus

      researchmap

    • Analysis Chinese Social Media of Weibo using the Mathematical Model of Hit Phenomena. 査読有り

      Kawahata Yasuko, Genda Etsuo, Ishii Akira

      nternational Journal of Multimedia & Ubiquitous Engineering9 ( 3 ) 359 - 366   2014年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.14257/ijmue.2014.9.3.34

      Scopus

      researchmap

    • Revenue Prediction of Music Concerts Using the Mathematical Model of Hit Phenomena 査読有り

      Yasuko Kawahata, Etsuo Genda, Akira Ishii

      2013 INTERNATIONAL CONFERENCE ON BIOMETRICS AND KANSEI ENGINEERING (ICBAKE)   208 - 213   2013年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

      A mathematical model for the hit phenomenon in entertainment within a society is presented as a stochastic process of interactions of human dynamics. The calculations for the Japanese motion picture market based on to the mathematical model agree very well with the actual residue distribution in time. The world most popular rock band Coldplay is analyzed using the SNS data. L'Arc-en-Ciel of Japanese rock band and LADYGAGA are also analyzed using the data of SNS as well. The results agree very well, so that the mathematical theory for hit phenomena can be applied to the estimation of tickets sold for Music concerts.

      DOI: 10.1109/ICBAKE.2013.41

      researchmap

    • Promotion Theater Company adopting a mathematical model of the Hit Phenomenon 査読有り

      川畑泰子, 源田悦夫, 石井晃

      Advanced Science and Technology Letters 35   62 - 65   2013年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Possibility of analysis of "big data" of Kabuki play in 19th century using the mathematical model of hit phenomena 査読有り

      Yasuko Kawahata, Etsuo Genda, Akira Ishii

      Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)8253   656 - 659   2013年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

      Kabuki was a popular entertainment in the Edo period in the 19th century from the 17th century. Kabuki in the Edo period was different from standing position as a traditional performing arts in modern. Methods of mathematical models in Nowadays has been selected topics in SNS through the Internet, they do not exist in the Edo period. In order to perform the calculation and measurement of popular artists of the Edo period, we were subject to publication of the paper medium is the only media at the time (Ukiyoe, poem, haiku,book) to there. With this approach, the study of past popular actor, with respect to the reputation of masterpiece can be also from the perspective of current. © Springer International Publishing 2013.

      DOI: 10.1007/978-3-319-03161-3_76

      Scopus

      researchmap

    ▼全件表示

    MISC

    • Study on Phase Transferability in Consensus Building Using Sociophysical Methods - Case study of large-scale simulation- 査読有り

      Yasuko Kawahata

      Networks2021   2021年7月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

      添付ファイル: [For lightning]Study on Phase Transferability in Consensus Building Using Sociophysical Methods - Case study of large-scale simulation-.pdf

      researchmap

    • スマートフォンアプリの起動ログデータについての分析手法の検討

      和田伸一郎, 川畑泰子

      第35回人工知能学会 大会要旨   2021年6月

      詳細を見る

      担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

      researchmap

    • Twitterにおけるクローズドなコミュニケーションへの誘発過程の解析と危険性検知 (社会システムと情報技術研究ウィークinルスツリゾート)

      浅谷 公威, 川畑 泰子, 鳥海 不二夫, 坂田 一郎

      知識ベースシステム研究会119   12 - 16   2020年3月7日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:人工知能学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • New opinion dynamics theory considering trust and distrust in human relations and mass media effects 査読有り

      石井晃, 川畑泰子

      第5回計算社会科学国際会議 IC2S2   2019年7月

      詳細を見る

      掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

      researchmap

    • オンライン上における社会合意形成のシミュレーション手法の検討

      川畑 泰子, 石井 晃

      第33回人工知能学会 大会要旨   2019年6月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

      researchmap

    • Consideration of simulation of consensus formation Online using Sociophysics method 査読有り

      川畑 泰子, 石井 晃

          2019年6月

      詳細を見る

    • 群馬県前橋市における位置情報データを用いた地域の人々の行動分析

      上岡拓矢, 川畑 泰子

      電子情報通信学会   2019年3月19日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

      researchmap

    • Opinion Dynamics Theory for Analysis of Consensus Formation and Division of Opinion on the Internet 査読有り

      Akira Ishi, Yasuko Kawahata

      The 22nd Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems   2018年12月

      詳細を見る

      掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

      添付ファイル: paper1231.pdf

      researchmap

    • Analysis of Seasonal Topics on the Internet using Sociophysical approach 査読有り

      Akira Ishii, Noboru Ashida, Yasuko Kawahata

      Conference on Complex Systems2018   2018年9月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

      researchmap

    • Proposal of mathematical model of prediction of human movement on sightseeing using position information 査読有り

      Syunsuke Hatadani, Yasuko Kawahata, Akira Ishii

      Conference on Complex Systems2018   2018年9月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

      researchmap

    • Theory of opinion dynamics using sociophysics approach 査読有り

      Akira Ishi, Yasuko Kawahata

      Conference on Complex Systems2018   2018年9月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

      researchmap

    • 有向ネットワーク上の一方的な選好による部分集合の検出 査読有り

      浅谷 公威, 川畑 泰子, 鳥海 不二夫, 坂田 一郎

      JWEIN 2018   2018年8月

      詳細を見る

      添付ファイル: jwein-2page.pdf

      researchmap

    • Analysis of search actions on the Internet including the effect of blog and Twitter using sociophysics approach 査読有り

      Akira Ishii, Noboru Ashida, Yasuko Kawahata

      WHEHIA 2018   2018年7月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

      researchmap

    • インターネット上の検索行動の数理モデル 査読有り

      石井晃, 芦田昇, 川畑泰子

      第32回人工知能学会   1E2-05   2018年6月

      詳細を見る

    • SNS上の一方的な選好をもとにしたコミュニケーションの解析 査読有り

      浅谷 公威, 川畑 泰子, 鳥海 不二夫, 坂田 一郎

      第32回人工知能学会   2C2-02   2018年6月

      詳細を見る

    • 電話帳データを用いた文化政策による都市再生のための定量的指標

      川畑 泰子, 大西 立顕

      2018年電子情報通信学会総合大会   2018年

      詳細を見る

    • 千葉市の文化施設来場者の人流分析 査読有り

      川畑泰子, 大西立顕

      第22回進化経済学会九州大会大会議事録   2018年

      詳細を見る

    • 時空間情報を用いた商業集積地域の現状分析

      川畑 泰子, 大西 立顕

      計算社会科学ワークショップ2018論文   2018年

      詳細を見る

    • 浮世絵の数量データによる江戸末期の人々の興味関心の社会物理学的解析

      川畑 泰子, 石井 晃

      計算社会科学ワークショップ2018論文   2018年

      詳細を見る

    • Analysis of social epidemic phenomena on SNS using social physics approach 査読有り

      Akira Ishii, Kana Fukui, Ayaka Miki, Nozomi Okano, Yasuko Kawahata

      CCS’17(2017)   2017年9月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

      researchmap

    • Study of human intention in 19th century quantitatively using Ukiyo-e

      川畑 泰子, 石井 晃

      International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Application   2016年11月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

      researchmap

    • 29pAD-1 ヒット現象の数理モデルによる江戸末期の見世物興行の解析(29pAD 力学系・社会系・数理モデル,領域11(物性基礎論・統計力学・流体物理・応用数学・社会経済物理))

      川畑 泰子, 源田 悦夫, 石井 晃

      日本物理学会講演概要集69 ( 1 ) 341 - 341   2014年3月5日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • ヒット現象の数理モデルによる江戸時代のヒットの考古学 査読有り

      川畑泰子, 源田悦夫, 石井晃

      じんもんこん   2013年11月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

      researchmap

    • Analysis Of Of Artists Concerts From 19Th Century To NowadaysUsing The Mathematical Model Of Hit Phenomena 査読有り

      川畑泰子, 源田悦夫, 石井晃

      ECCS2013   2013年9月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

      researchmap

    • ヒット現象を応用したアートマネジメント

      川畑 泰子, 源田 悦夫, 石井 晃

      研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC)2013 ( 5 ) 1 - 6   2013年8月3日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

      For art management today, we can able to observe the response of people using inter net like weblog, Facebook, Twitter etc. Therefore, art activities could say that it became possible to see the degree of advance and diversity of the influence which it has on society, or promotion of culture and art. Mathematical theory for hit phenomena[1] is the theory to model response of people in societies using statistical physics and it can be applied successfully.The key element of elements of the theory is the daily advertisement, direct communication (communication with friends) and indirect communication (rumor). Output of the theory is the daily purchase intention of people. The calculated daily purchase intention can be compared with the observed daily number of postings on twitter and blogs. By the prediction and analysis using this method, the route for spreading culture and art can be considered more briefly.For art management today, we can able to observe the response of people using inter net like weblog, Facebook, Twitter etc. Therefore, art activities could say that it became possible to see the degree of advance and diversity of the influence which it has on society, or promotion of culture and art. Mathematical theory for hit phenomena[1] is the theory to model response of people in societies using statistical physics and it can be applied successfully.The key element of elements of the theory is the daily advertisement, direct communication (communication with friends) and indirect communication (rumor). Output of the theory is the daily purchase intention of people. The calculated daily purchase intention can be compared with the observed daily number of postings on twitter and blogs. By the prediction and analysis using this method, the route for spreading culture and art can be considered more briefly.

      CiNii Article

      researchmap

    ▼全件表示

    書籍等出版物

    • 六本木アートナイト実行委員会「六本木アートナイト」 事業評価検討会報告書(2018)

      六本木アートナイト実行委員会( 担当: 共著 ,  範囲: pp.20-44)

      2019年4月 

      詳細を見る

    • 六本木アートナイト実行 委員会「六本木アートナイト」 事業評価検討会報告書(2017)

      六本木アートナイト実行委員会( 担当: 共著 ,  範囲: pp.28-42)

      2018年4月 

      詳細を見る

    • BIOPHILIA 電子版23号

      川畑 泰子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: pp.18-25)

      2017年9月 

      詳細を見る

    • 「芸術団体における社会共著包摂活動の調査研究」報告書

      ( 担当: 共著 ,  範囲: pp.6-25, pp.65-75)

      公益社団法人日本劇団協議会  2017年3月 

      詳細を見る

    • ビッグデータ・マネジメント~データサイエンティストのためのデータ利活用技術と事例

      川畑 泰子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: pp.198-202)

      エヌティーエス  2014年3月 

      詳細を見る

    講演・口頭発表等

    • Study on Phase Transferability in Consensus Building Using Sociophysical Methods - Case study of large-scale simulation-

      Yasuko Kawahata

      Networks 2021  2021年7月 

      詳細を見る

    • 国際芸術祭におけるweb上の言論空間における考察

      立教社会学会 第2回大会  2021年3月27日 

      詳細を見る

    • 都市生活に根付く国際芸術祭におけるweb上の情報の利活用方法の検討

      川畑泰子

      日本⽂化政策学会 第14回年次研究⼤会  2021年3月27日 

      詳細を見る

    • Examination of approach to opinion distribution on Web media in large-scale relay event using stochastic process

      Yasuko Kawahata

      IEEE BIGDATA2020  2020年12月14日 

      詳細を見る

      開催年月日: 2020年12月10日 - 2020年12月13日

      researchmap

    • Sentiment analysis for text information of major news media on online social networks

      Yasuko Kawahata

      COMPLEX 2020  2020年12月10日 

      詳細を見る

      開催年月日: 2020年12月4日 - 2020年12月11日

      researchmap

    • A study on the distribution tendency of everyday words on online social networks using stochastic processes

      Yasuko Kawahata

      COMPLEX 2020  2020年12月10日 

      詳細を見る

      開催年月日: 2020年12月4日 - 2020年12月11日

      researchmap

    • Examination of analysis method of urban resilience based on temporal and spatial archive information before and after disaster -Perspective of SDGs- 国際会議

      川畑 泰子

      IES2019  2019年12月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • Quantitative consideration of spatio-temporal information on education and culture in Japan using telephone directory archive data 国際会議

      川畑 泰子

      IES2019  2019年12月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • Examination of analysis method of opinion distribution in video media related to social life on Web 国際会議

      川畑 泰子

      IES2019  2019年12月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • Examination of analysis method of opinion distribution in News media transferred on Web 国際会議

      川畑 泰子

      IES2019  2019年12月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • Behavior Analysis of People in Maebashi City Using Location Information Data

      川畑 泰子

      経済・社会への分野横断的研究会  2019年11月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

      researchmap

    • データ駆動型社会の未来展望

      川畑 泰子

      明寿大学  2019年7月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

      researchmap

    • オンライン上における社会合意形成のシミュレーション手法の検討

      川畑 泰子

      人工知能学会全国大会  2019年6月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • Behavior Analysis of People in Maebashi City Using Location Information Data 招待有り 国際会議

      川畑 泰子

      ICTSS2019  2019年5月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

      researchmap

    • 群馬県前橋市における位置情報データを用いた地域の人々の行動分析

      上岡拓矢, 川畑 泰子

      第23回進化経済学会  2019年3月16日 

      詳細を見る

    • デジタルアーカイブスを用いた定量的な政治メディアに関する解析の可能性

      川畑 泰子

      第23回進化経済学会  2019年3月16日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語  

      researchmap

    • 位置情報データを用いた前橋市内の人の行動分析

      上岡拓矢, 川畑 泰子

      第3回計算社会科学ワークショップ(CSSJ2019)  2019年3月2日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語  

      researchmap

    • 対人関係に信頼と不信を含めてメディア効果も考慮したオピニオンダイナミクス理論

      石井晃, 川畑泰子

      第3回計算社会科学ワークショップ(CSSJ2019)  2019年3月1日 

      詳細を見る

    • 有向ネットワーク上の一方的な選好による部分集 合の検出

      浅谷 公威, 川畑 泰子, 鳥海 不二夫, 坂田 一郎

      JWEIN 2018  2018年8月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      添付ファイル: jwein-2page.pdf

      researchmap

    • 携帯電話のGPS位置情報を活用した千葉県千葉市における人流解析 招待有り

      川畑 泰子

      鳥取大学 クロス情報科学研究センター 講演会  2018年5月14日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

      researchmap

    • 千葉市の文化施設来場者の人流分析

      川畑 泰子, 大西 立顕

      第22回進化経済学会九州大会  2018年3月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 電話帳データを用いた文化政策による都市再生のための定量的指標

      川畑 泰子, 大西 立顕

      2018年電子情報通信学会総合大会  2018年3月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 時空間情報を用いた商業集積地域の現状分析

      川畑 泰子, 大西 立顕

      第二回計算社会科学ワークショップ  2018年3月 

      詳細を見る

    • Study of Quantitative Indicators for Urban Renewal by Utilizing Cultural Policy in Depopulated Areas 国際会議

      川畑 泰子, 大西 立顕

      APEC-SSS 2016  2016年8月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • SAO6-1-3 社会物理学的手法によるソーシャルメディア解析とマーケティングへの応用 : ヒット現象の数理モデルとその応用(特別セッション マーケティングの新機軸-理論と応用の接点- 招待有り

      石井 晃, 北尾 明子, 川畑, 泰子, 岩永 佐織

      日本行動計量学会セッション  2015年9月 

      詳細を見る

    • ヒット現象の数理モデルによる江戸末期の見世物興行の解析

      川畑泰子, 源田悦夫, 石井晃

      日本物理学会  2015年3月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 19 世紀歌舞伎のビッグデータ分析の可能性 ―ヒット現象の数理モデルを用いて 招待有り

      川畑泰子, 源田悦夫, 石井晃

      第19回公開シンポジウム「人文科学とデータベース  2014年2月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

      researchmap

    • 現代から過去の日本における芸術文化の変容の考察-数理アプローチとデータベースの活用- 招待有り

      川畑泰子, 源田悦夫, 石井晃

      第 3 回 知識・芸術・文化情報学研究会  2014年2月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

      researchmap

    • 舞踊教育のための身体動作の実践と研究

      川畑泰子, 源田悦夫

      電子情報通信学会ヒューマンプローブ研究会公開シンポジウム  2012年11月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    ▼全件表示

    担当経験のある科目(授業)

    • 2021年4月 - 現在 
      プロジェクトB ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2020年4月 - 現在 
      webスタディーズ ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2020年4月 - 2021年3月 
      Webスタディー演習 ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2020年4月 - 2021年3月 
      Webスタディー研究 ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2017年11月 - 2020年3月 
      情報政治学 ( 群馬大学 )

      詳細を見る

    • 2016年4月 - 2019年7月 
      データサイエンス・アドバンスド・プログラム ( 成城大学 )

      詳細を見る

    • 2016年4月 - 2019年7月 
      データサイエンス応用 ( 成城大学 )

      詳細を見る

    ▼全件表示

    所属学協会

    • 2021年 - 現在 
      人工知能学会

      詳細を見る

    • 2021年 - 現在 
      立教社会学会

      詳細を見る

    • 2018年 - 現在 
      日本文化政策学会

      詳細を見る

    共同研究・競争的資金等の研究

    • 信頼と不信を導入して社会の実像を記述できる意見ダイナミクスの新理論の構築

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C) 

      石井 晃, 川畑 泰子

      詳細を見る

      2019年4月 - 2022年3月

      課題番号:19K04881

      配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

      本研究は信頼関係と不信関係の両方を扱えるように従来のオピニオンダイナミクス理論を拡張して、合意形成だけでなく、社会の分裂やsegrigationなども扱い、広く一般の社会で行われる全ての場合を記述できる理論を構築する。
      この石井によって考えられた新しい理論は2018年10月の社会経済系の力学の国際会議DySES2018(パリで開催)で口頭発表され、オピニオンダイナミクス理論の専門家を含む多くの人から独創的な理論であると認めていただいた。
      この新しい理論を用いると、今までのBounded Confidence Modelでは記述できなかった社会の分裂やsegrigation,polarizationを扱えるようになる。
      オピニオンダイナミクス理論の適応範囲をほぼ社会現象全般に拡大し、Web上の様々な掲示板やSNSなどで意見が戦わされている現状を、記述する理論として構築する。これをN人へ拡張してシミュレーションし、様々なWeb上のテキストデータを用いた測定からの裏付けをして、これを社会システム工学・ウェブ情報学に活かす。

      researchmap

    • デジタルアーカイブスを用いたメディア情報の計算社会科学的分析

      文部科学省  文部科学省(MEXT) 科学技術関係人材の育成・確保 卓越研究員事業 

      詳細を見る

      2017年 - 2020年

      担当区分:研究代表者 

      researchmap

    • Web上の多変量データに基づく数理的実証分析によるプロモーション手法の検討

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B) 

      川畑 泰子

      詳細を見る

      2016年4月 - 2018年3月

      課題番号:16K21009

      配分額:3510000円 ( 直接経費:2700000円 、 間接経費:810000円 )

      国内外の社会的なニュースなどを対象とし分析を行った. 具体的には, 2011年-2017年の間の国内外の事象に注視して,キーワード名に関連した視聴率データ,ニュース件数,検索件数を取得した.そして,様々な人々の関心(アウトリーチ)のケースに合わせて数理モデルの拡張の検討を行った.特に, Web上に溢れる社会的事象におけるコミュニケーションの違いや関心の度合いを定量的に解析した. 日本語は時期や言語別で, 関心の表現(各詞の活用法)や検索用法が異なることも重視した. さらに,時期によってはオンライン上のユーザー数やメディアによって関心の行き先に隔たりがあることなどにも着眼する解析をすすめた.

      researchmap

    • 歴史的資料を用いた過去の複雑な社会現象の数理的実証分析

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費 

      川畑 泰子

      詳細を見る

      2015年4月 - 2018年3月

      課題番号:15J06703

      配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

      複雑な社会現象の分析に関して,幅広く積極的に研究に取り組んだ.
      まず,徴発物件データに記載されている過去の地理空間情報と現在の地理空間情報を統合したデータベースを構築し,さらに幕末期の古典籍データから政治的トピックに関するテキストをデータ化し,これらの歴史的資料を用いて分析を行った.現代の社会現象と比較して議論をする必要が生じたため,携帯電話位置情報データを用いて,現代社会における人々の日々の活動度についての分析も行った.人々の移動速度の分布から活動度を把握する手法の開発,2016年熊本大震災を事例として災害発生時における人間活動の変化の特性,日中内の生活の速さやリズムが田舎と都会でどう異なるかについて考察した.さらに,社会現象は都市のインフラや施設と関係する側面もあることに注目し,電話帳データを活用して2012年から2017年における鳥取県内の文化施設数の増加率を統計分析して,意図的に文化産業を増やすことが地方政策に有益であるかについても考察した.さらに,今後は鳥取のように,人口は過疎であっても文化振興を積極的に行う地域のケースをリサーチし,さらにアクティビティが高い地域においてはその他の産業がどのように影響を及ぼしあっているかなど,人間の活動データや携帯電話における基地局やスマートフォンアプリから得られるGISデータなどを使い,さらに人の動きと文化振興に関してどのような動向が見られるかデータ分析の観点から詳細に考察をしていきたい.また,本年度は群馬大学への就職が決まり,特別研究員PDを中途辞退することとなった.そのため,特別研究員PDとしての研究は終了せざる得なくなったが引き続きデータベース化した内容も含め研究を継続する予定である.

      researchmap

    その他

    • 計算社会科学とその周辺

      2017年
      -
      2017年
       

      詳細を見る

      2017年度より、公開セミナー主催してます。
      https://www.css-around.org/
      近年スマートフォンなどのデバイスや公衆ネットワーク網の普及により個人と個人のWebとの関わりがより一層広がりました。

      今や、私たちは時間や場所の制約を超えてWeb上で様々なトピックスに関して議論や交流が可能です。

      また、実空間での様々な人々の自発的な情報行動などの詳細は様々なデバイスにデジタルデータとして記録・蓄積されるようになり、このような大規模社会データを情報技術によって分析する研究が進みつつあります。

      この学問を人間行動・社会現象を定量的に理解しようとする「計算社会科学」 (Computational Social Science)と言います。

      本セミナーでは、国内外での計算社会科学の普及・発展を目指し、政治学、物理学、経済学、数学、社会学、情報学などの様々な分野の研究者により活発に情報共有・議論を行う場を提供することを目的とします。

      researchmap

     

    お問い合わせ先
    外部の方
    学内の方