2023/01/19 更新

写真b

ナガト ヨウヘイ
長門 洋平
NAGATO Yohei
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
現代心理学部 映像身体学科
職名*
助教
学位
博士(学術) ( 2012年3月   総合研究大学院大学 )
研究キーワード
  • 音響

  • 映画

  • 音楽

  • 芸術諸学

  • メディア

  • 学内職務経歴*
    • 2020年4月 - 現在 
      現代心理学部   映像身体学科   助教
     

    研究分野

    • 人文・社会 / 美学、芸術論

    経歴

    • 2022年4月 - 現在 
      静岡文化芸術大学   文化政策学部   非常勤講師

      詳細を見る

    • 2020年4月 - 現在 
      立教大学   現代心理学部映像身体学科   助教

      詳細を見る

    • 2020年4月 - 2022年3月 
      国際日本文化研究センター   人間文化研究機構基幹研究プロジェクト   連携研究員

      詳細を見る

    • 2020年10月 - 2021年3月 
      京都大学   大学院人間・環境学研究科   非常勤講師

      詳細を見る

    • 2019年4月 - 2020年3月 
      京都精華大学   特別研究員

      詳細を見る

    • 2019年4月 - 2020年3月 
      京都市立芸術大学   音楽学部   非常勤講師

      詳細を見る

    • 2017年9月 - 2020年3月 
      京都造形芸術大学   芸術学部   非常勤講師

      詳細を見る

    • 2014年4月 - 2020年3月 
      国際日本文化研究センター   共同研究員

      詳細を見る

    • 2014年4月 - 2020年3月 
      京都精華大学   ポピュラーカルチャー学部   非常勤講師

      詳細を見る

    • 2013年9月 - 2020年3月 
      大手前大学   メディア・芸術学部   非常勤講師

      詳細を見る

    • 2016年4月 - 2019年3月 
      京都大学   人文科学研究所   共同研究員

      詳細を見る

    • 2012年9月 - 2019年3月 
      花園大学   文学部   非常勤講師

      詳細を見る

    • 2012年4月 - 2018年3月 
      京都外国語大学   外国語学部   非常勤講師

      詳細を見る

    • 2016年4月 - 2017年3月 
      立命館大学   映像学部   非常勤講師

      詳細を見る

    • 2015年4月 - 2017年3月 
      国際日本文化研究センター   技術補佐員

      詳細を見る

    • 2012年4月 - 2015年3月 
      国際日本文化研究センター   機関研究員

      詳細を見る

    ▼全件表示

    学歴

    • 2007年4月 - 2012年3月 
      総合研究大学院大学   文化科学研究科   国際日本研究専攻博士課程

      詳細を見る

    • 2004年4月 - 2006年3月 
      横浜国立大学大学院   教育学研究科   芸術系教育専攻修士課程

      詳細を見る

    • 2000年4月 - 2004年3月 
      横浜国立大学   教育人間科学部   マルチメディア文化課程

      詳細を見る

    委員歴

    • 2020年4月 - 現在 
      立教映像身体学研究   編集委員

      詳細を見る

    • 2019年4月 - 現在 
      MUTUAL IMAGES RESEARCH ASSOCIATION   Scientific Board of Mutual Images Journal

      詳細を見る

    受賞

    論文

    • 日本トーキー時代の黎明——溝口健二『ふるさと』(1930)をめぐって 査読有り

      長門 洋平

      演劇映像学 : 演劇博物館グローバルCOE紀要2011 ( 1 ) 75 - 95   2012年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:早稲田大学演劇博物館グローバルCOEプログラム「演劇・映像の国際的教育研究拠点」  

      CiNii Article

      researchmap

    • 溝口健二映画にみる音響と映像の美学——物語構造の視聴覚的分析

      長門洋平

      総合研究大学院大学博士学位論文   2012年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(博士)  

      researchmap

    • 溝口健二『残菊物語』試論——音、沈黙、怪談 査読有り

      長門 洋平

      演劇映像学 : 演劇博物館グローバルCOE紀要2010 ( 1 ) 37 - 60   2011年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:早稲田大学演劇博物館グローバルCOEプログラム「演劇・映像の国際的教育研究拠点」  

      CiNii Article

      researchmap

    • 溝口健二『赤線地帯』(1956)の音響デザイン——黛敏郎の客観主義的映画音楽について 査読有り

      長門洋平

      演劇映像学 : 演劇博物館グローバルCOE紀要2009 ( 1 ) 117 - 141   2010年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語  

      researchmap

    • 溝口映画の音楽に関する一考察——早坂文雄と『近松物語』『楊貴妃』について 査読有り

      長門洋平

      演劇映像学 : 演劇博物館グローバルCOE紀要2008 ( 1 ) 49 - 76   2009年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語  

      researchmap

    • 現代の音楽におけるディアスポラ性とシミュラークルの概念について——ブルース、クレズマー、雑音

      長門洋平

      横浜国立大学大学院修士学位論文   2006年3月

      詳細を見る

    ▼全件表示

    MISC

    ▼全件表示

    書籍等出版物

    • 志村三代子/ヨハン・ノルドストロム/鳩飼未緒編『日活ロマンポルノ 性の美学と政治学』

      長門洋平( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 神代辰巳の音響空間——日活ロマンポルノにみる選曲とアフレコの美学)

      水声社  2023年1月30日 

      詳細を見る

      担当ページ:87-121  

      researchmap

    • 細川周平編著『音と耳から考える——歴史・身体・テクノロジー』

      長門洋平( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 映画にとって「物語世界の音」とはなにか——ヤン・シュヴァンクマイエル『アリス』を例に)

      アルテスパブリッシング  2021年10月25日  ( ISBN:9784865592405

      詳細を見る

      総ページ数:611,25p   担当ページ:450-465   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • 細田成嗣編『AA——五十年後のアルバート・アイラー』

      長門洋平( 担当: 分担執筆 ,  範囲: アルバート・アイラーによる映画音楽——『ニューヨーク・アイ・アンド・イヤー・コントロール』をめぐって)

      カンパニー社  2021年1月  ( ISBN:9784910065045

      詳細を見る

      総ページ数:511p   担当ページ:367-379   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • 美学会編『美学の事典』

      長門洋平( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 聴覚文化と視覚文化——映画の音をサウンドスタディーズからみてみると)

      丸善  2020年12月  ( ISBN:9784621305423

      詳細を見る

      総ページ数:xxvii, 735p   担当ページ:428-429   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • The Culture of the Sound Image in Prewar Japan (edited by Michael Raine and Johan Nordström)

      Nagato Yohei( 担当: 分担執筆 ,  範囲: The Dawn of the Talkies in Japan: Mizoguchi Kenji's Hometown (translated by Michael Raine))

      Amsterdam University Press  2020年11月  ( ISBN:9789089647733

      詳細を見る

      総ページ数:227 p.   担当ページ:183-199   記述言語:英語

      CiNii Books

      researchmap

    • 志村三代子・角尾宣信編『渋谷実 巨匠にして異端』

      長門洋平( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 渋谷実の音響空間——音の層、あるいは映画的語り手の声をめぐって)

      水声社  2020年10月  ( ISBN:9784801005105

      詳細を見る

      総ページ数:554p   担当ページ:302-324   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • 谷川建司編『映画産業史の転換点——経営・継承・メディア戦略』

      長門洋平( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 『君の名は』の歌声——戦後日本の「メディアミックス」と聴覚文化)

      森話社  2020年7月  ( ISBN:9784864051491

      詳細を見る

      総ページ数:422p   担当ページ:217-244   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • 松浦莞二・宮本明子編著『小津安二郎 大全』

      長門洋平( 担当: 分担執筆 ,  範囲: いつもお天気がいいにもほどがある——小津安二郎映画の音楽について)

      朝日新聞出版  2019年3月27日  ( ISBN:4022515996

      詳細を見る

      総ページ数:512   担当ページ:382-392   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • ミツヨ・ワダ・マルシアーノ編著『〈ポスト3.11〉メディア言説再考〉』

      長門洋平( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 破局と近視——宮崎駿『風立ちぬ』について)

      法政大学出版局  2019年2月25日  ( ISBN:4588675222

      詳細を見る

      総ページ数:371   担当ページ:333-356   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • 川崎公平・北村匡平・志村三代子編『川島雄三は二度生まれる』

      長門洋平( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 川島雄三の音響空間——ジャズ、便所、洲崎パラダイス)

      水声社  2018年11月  ( ISBN:9784801003774

      詳細を見る

      総ページ数:346p   担当ページ:242-262   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • 渡辺進也・フィルムアート社編『映画を撮った35の言葉たち』

      長門洋平( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 溝口健二)

      フィルムアート社  2017年12月25日  ( ISBN:4845917130

      詳細を見る

      総ページ数:160   担当ページ:52-55   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • 谷川建司編『戦後映画の産業空間——資本・娯楽・興行』

      長門洋平( 担当: 分担執筆 ,  範囲: セーラー服と機関銃とサウンドトラック盤——初期「角川映画」における薬師丸ひろ子のレコードの役割)

      森話社  2016年7月8日  ( ISBN:4864050988

      詳細を見る

      総ページ数:348   担当ページ:319-348   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • boid編『フィリップ・ガレル読本——『ジェラシー』といくつもの愛の物語』

      長門洋平( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 愛欲と嫉妬の旋律——フィリップ・ガレルのサウンドトラック)

      boid  2014年9月  ( ISBN:9784990493899

      詳細を見る

      総ページ数:151p   担当ページ:80-94   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • 『映画音響論——溝口健二映画を聴く』

      長門洋平( 担当: 単著)

      みすず書房  2014年1月23日  ( ISBN:4622078090

      詳細を見る

      総ページ数:424   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • ミツヨ・ワダ・マルシアーノ編著『「戦後」日本映画論——一九五〇年代を読む』

      長門洋平( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 『赤線地帯』の十二音技法——溝口健二と戦後日本の現代音楽)

      青弓社  2012年10月20日  ( ISBN:9784787273246

      詳細を見る

      総ページ数:451   担当ページ:276-305   記述言語:日本語

      社会状況が激変した敗戦・占領期から高度成長期に至る直前の1950年代――当時の日本映画に潜在する政治性とダイナミズムを、映画作品、それを支えた技術、産業、観客を読み解くことで明らかにする。絶え間なく生産される「戦後」イメージを問い直す論考集。

      CiNii Books

      researchmap

    • 黒沢清・四方田犬彦・吉見俊哉・李鳳宇編『映画史を読み直す (日本映画は生きている 第2巻)』

      長門洋平( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 沈黙するモダンガール——溝口健二『浪華悲歌』の音響設計と伴奏音楽の不在)

      岩波書店  2010年8月28日  ( ISBN:4000283928

      詳細を見る

      総ページ数:256   担当ページ:185-210   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • 君島龍朗・今野克哉・田中竜輔・渡邊未帆編『役立たずの彼方に 大里俊晴に捧ぐ』

      長門洋平( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 花火)

      Office Osato  2010年6月 

      詳細を見る

    • 唐十郎・室井尚『教室を路地に!——横浜国大vs紅テント2739日』

      椎野裕美子, 新堀航, 禿恵, 長門洋平, 中野敦之, 室井尚( 担当: 共著 ,  範囲: 〈唐十郎〉という体験)

      岩波書店  2005年9月  ( ISBN:4000225448

      詳細を見る

      総ページ数:vi, 221p   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    ▼全件表示

    講演・口頭発表等

    ▼全件表示

    担当経験のある科目(授業)

    • 2022年4月 - 現在 
      現代芸術論B ( 静岡文化芸術大学 )

      詳細を見る

    • 2021年9月 - 現在 
      学部統合科目 ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2021年9月 - 現在 
      視聴覚文化論 ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2020年9月 - 現在 
      入門演習 ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2020年4月 - 現在 
      卒業論文・卒業制作指導演習 ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2020年4月 - 現在 
      専門演習 ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2020年4月 - 現在 
      基礎演習 ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2020年9月 - 2021年3月 
      視覚論 ( 立教大学 )

      詳細を見る

    •  
      作品研究 ( 京都造形芸術大学 )

      詳細を見る

    •  
      音楽学特講/音楽学特殊研究 ( 京都市立芸術大学 )

      詳細を見る

    •  
      映画史 ( 花園大学 )

      詳細を見る

    •  
      映像論 ( 京都造形芸術大学 )

      詳細を見る

    •  
      卒業研究 ( 立命館大学 )

      詳細を見る

    •  
      映画批評研究 ( 京都造形芸術大学 )

      詳細を見る

    •  
      映像文化論演習 ( 立命館大学 )

      詳細を見る

    •  
      視聴覚表現論/聴覚文化論 ( 京都精華大学 )

      詳細を見る

    •  
      基礎実習 ( 京都精華大学 )

      詳細を見る

    •  
      物語と音楽 ( 大手前大学 )

      詳細を見る

    •  
      映画の現在/映像の現在 ( 花園大学 )

      詳細を見る

    •  
      現代日本社会論 ( 京都外国語大学 )

      詳細を見る

    ▼全件表示

    所属学協会

    共同研究・競争的資金等の研究

    • 産業史的視点による日本映画史の再構築:1970年代の構造的変革についての共同研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B) 

      谷川 建司, 小川 順子, 小川 翔太, ワダ・マルシアーノ ミツヨ, 須川 まり, 近藤 和都, 西村 大志, 板倉 史明, 長門 洋平, 北浦 寛之, 木村 智哉, 久保 豊, 木下 千花, 小川 佐和子

      詳細を見る

      2019年4月 - 2023年3月

      課題番号:19H01226

      配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

      2020年度は、新型コロナ感染拡大の影響で春学期にはほとんど活動できないであろう点を考慮して、年に四回の研究会実施を想定していた。結果としては、新型コロナ感染拡大の影響は春学期のみにとどまらず、また研究会の開催もZOOMによるオンライン開催の形のみで検討しなくてはならないこともあり、インタビュイーを迎えての研究会としては四回開催目標のところ2名に対して三回のみしか実施できなかった。詳細は以下のとおりである。
      6/30(火)「全国映画資料アーカイブサミット2020」(オンライン実施)に「アーカイヴス 班」を中心とする複数のメンバーで参加した。7/19(日)インタビュイーに宮田滋禮さん(元映写技師)を迎えてのZOOMによるミニ・オンライン研究会を「映画館という“場”における“モノ”班」を中心に実施した。9/7(月)ZOOMによるオンライン研究会を実施し、各班の進捗状況の確認、研究会に資する資料(故・井上雅雄先生所蔵の元大映プロデューサー土井逸郎資料)の分析の為の受け渡しなどを確定。12/5(土)インタビュイーに原将人さん(映画監督)を迎えてのZOOMによるオンライン研究会を実施。またこれに先立って原監督の作品4本をメンバー各自で鑑賞した。また1/30(土)原将人さんへの追加インタビューをZOOMによるオンライン研究会で実施(原監督の作品のオンライン上映会後のインタビュアーを研究代表者の谷川が行う形で実施)。

      researchmap

    メディア報道

     

    お問い合わせ先
    外部の方
    学内の方