2023/01/26 更新

写真b

ムラシマ ミホ
村嶋 美穂
MURASHIMA Miho
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
経営学部 経営学科
経営学研究科 経営学専攻 博士課程前期課程
職名*
助教
学位
博士(学術) ( 2020年2月   早稲田大学 ) / 学士(経済学) ( 慶応義塾大学 ) / 修士(Master of Public Administration) ( Columbia University (US) )
研究テーマ*
  • 社会における企業の役割・影響や企業と社会の相互関係を明らかにすることを主な研究対象としている。具体的には、企業の社会的活動が投資家行動や消費者行動に与えるインパクト(企業側のベネフィット)や地域社会に与えるインパクト(社会側のベネフィット)を実証分析により解明している。

  • 研究キーワード
  • 企業の社会的責任

  • 社会と企業

  • 開発経済学

  • 学内職務経歴*
    • 2021年4月 - 現在 
      経営学部   経営学科   助教
    • 2021年4月 - 現在 
      経営学研究科   経営学専攻 博士課程前期課程   助教
     

    研究分野

    • 人文・社会 / 経営学

    • 人文・社会 / 経済政策

    論文

    • The impact of the COVID-19 pandemic on motivating factors affecting individual investors’ socially responsible investment decision: a comparative analysis of the USA, Germany and Japan 査読有り

      Miho Murashima

      Corporate Governance: The International Journal of Business in Society   2023年1月27日

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Emerald  

      <jats:sec>
      <jats:title content-type="abstract-subheading">Purpose</jats:title>
      <jats:p>Individual investors are experiencing serious sentiment shifts that influence their financial activities due to the COVID-19 pandemic while socially responsible investment (SRI) has garnered attention worldwide. This study aims to explore how individual investors’ sentiments and investment choices altered in reaction to the COVID-19 pandemic.</jats:p>
      </jats:sec>
      <jats:sec>
      <jats:title content-type="abstract-subheading">Design/methodology/approach</jats:title>
      <jats:p>We surveyed 1,219 individual investors in Japan, the USA and Germany using an online questionnaire and performed a cross-sectional analysis using logit and ordered logit regressions.</jats:p>
      </jats:sec>
      <jats:sec>
      <jats:title content-type="abstract-subheading">Findings</jats:title>
      <jats:p>This study found that individual investor sentiment affects SRI after COVID-19, but not necessarily in the same manner. Return-focused aspects negatively affect their SRI, while relationship-oriented social issues positively affect it. In addition, the relationship differs by nation. Japanese investors anticipate shorter term SRI returns than the US and German investors. Only Japanese investors’ SRI decisions were impacted by the relationship-oriented social factors including the environment, diversity and employee rights and welfare.</jats:p>
      </jats:sec>
      <jats:sec>
      <jats:title content-type="abstract-subheading">Research limitations/implications</jats:title>
      <jats:p>This study emphasizes the need for precise motivation characterization when evaluating the same issue. The author also identified the variance and characteristics among countries, which differ from previous research.</jats:p>
      </jats:sec>
      <jats:sec>
      <jats:title content-type="abstract-subheading">Practical implications</jats:title>
      <jats:p>An academically credible image of the relationship will enable business managers to find appealing strategies. This study also suggests country-specific investor relations strategies.</jats:p>
      </jats:sec>
      <jats:sec>
      <jats:title content-type="abstract-subheading">Originality/value</jats:title>
      <jats:p>This study differentiates return- and relationship-oriented social motivations for SRI into 14 components, thus clarifying the relationship mechanism between the COVID-19 pandemic and individual investors’ SRI behavior. Moreover, no study has compared individual investor sentiment and investment behavior affected by the pandemic in the three countries.</jats:p>
      </jats:sec>

      DOI: 10.1108/cg-08-2022-0342

      researchmap

    • DO INVESTORS’ REACTIONS TO ENVIRONMENTALLY FRIENDLY NEWS ANNOUNCEMENTS DIFFER ACROSS INDUSTRIES? A COMPARATIVE ANALYSIS OF JAPAN’S FOOD AND AUTOMOTIVE INDUSTRIES 査読有り

      Miho Murashima

      Journal of Business Economics and Management   2022年12月20日

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.3846/jbem.2022.18244

      researchmap

    • How Do Japanese Investors Respond to Gender-Related News Communications? 招待有り

      Miho Murashima

      CSR, Sustainability, Ethics & Governance   67 - 92   2021年

      詳細を見る

      掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer International Publishing  

      DOI: 10.1007/978-3-030-75154-8_5

      researchmap

    • CSR Activity, Visibility, and Firm Value in the Long Term: Evidence from Japan 査読有り

      Miho Murashima

      Asia-Pacific Social Science Review20 ( 4 ) 1 - 16   2020年12月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      添付ファイル: Murashima2020b.pdf

      researchmap

    • Do investors’ reactions to CSR-related news communication differ by shareholder? An empirical analysis from Japan 査読有り

      Miho Murashima

      Corporate Governance: The International Journal of Business in Society20 ( 5 ) 781 - 796   2020年5月28日

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Emerald  

      <sec>
      <title content-type="abstract-subheading">Purpose</title>
      This paper aims to examine the differences in investors’ reactions toward firms’ corporate social responsibility (CSR)-related news announcements between individuals and institutions.


      </sec>
      <sec>
      <title content-type="abstract-subheading">Design/methodology/approach</title>
      Analyzed by the short-term event study and ordinary least squares (OLS) methods using a unique CSR data set collected from newspapers in Japan from 2001 to 2016.


      </sec>
      <sec>
      <title content-type="abstract-subheading">Findings</title>
      The study finds, first, the different reactions toward CSR-related news announcements among shareholders. Second, the findings indicate that individual investors are more sensitive to CSR-related positive news, whereas institutional investors are more concerned about the negative news, providing one of the reasons for mixed results in the studies on the CSR and financial performance linkage. Those findings indicate that CSR-related news affects investors’ behaviors differently based on their purpose, ability and accessible information.


      </sec>
      <sec>
      <title content-type="abstract-subheading">Practical implications</title>
      This study deepens the understanding of the different investing behaviors toward CSR-related announcements by shareholder type. Second, different attitudes among investors require different investor relations (IR) approaches depending on the type. It also provides valuable implications not only for Japanese business managers or policymakers but also for those from countries with a similar stage of market maturity in the CSR context.


      </sec>
      <sec>
      <title content-type="abstract-subheading">Originality/value</title>
      This paper is original in two ways. First, to the best of the author’s knowledge, this is the first paper to deepen the understanding of investors’ reactions toward CSR-related events through analysis by the main shareholder, which provides some insights into mixed results in the previous studies. Second, the original CSR data set collected from newspapers by the author allows the analysis to use a larger data set than other research, resulting in more robust conclusions.


      </sec>

      DOI: 10.1108/cg-11-2019-0346

      researchmap

      その他リンク: https://www.emerald.com/insight/content/doi/10.1108/CG-11-2019-0346/full/html

    • Does CSR benefit firms in Japan?: Comparisons with investors' behaviors in the US and Europe 査読有り

      Murashima,Miho

      アジア太平洋研究科論集37   39 - 55   2019年3月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    ▼全件表示

    書籍等出版物

    • 町工場からアジアのグローバル企業へ : 中小企業の海外進出戦略と支援策

      大野, 泉, 大野, 健一, 領家, 誠, 村嶋, 美穂, 関, 智宏, 森, 純一

      中央経済社  2015年  ( ISBN:9784502138812

      詳細を見る

      総ページ数:vi, iv, 241p   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    担当経験のある科目(授業)

    • 2021年9月 - 現在 
      グッド・ビジネス・ワークショップ

      詳細を見る

    • 2021年4月 - 現在 
      CSR ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2020年9月 - 2021年3月 
      経済学 ( 日本経済大学 )

      詳細を見る

    共同研究・競争的資金等の研究

    • 感染症流行が社会的責任活動を行う企業に対する消費者の購買行動及び評価に与える影響

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究 

      村嶋 美穂

      詳細を見る

      2021年4月 - 2024年3月

      課題番号:21K13388

      配分額:3510000円 ( 直接経費:2700000円 、 間接経費:810000円 )

      researchmap

    • 感染症流行が企業のCSR活動に対する投資家の投資行動及び企業評価に与える影響

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援 

      村嶋 美穂

      詳細を見る

      2020年9月 - 2022年3月

      課題番号:20K22104

      配分額:2210000円 ( 直接経費:1700000円 、 間接経費:510000円 )

      本研究の目的は、感染症流行が、企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility:以下、CSR)活動に対する投資家の投資行動及び企業評価に与える影響を実証分析により明かにすることである。具体的には、1)コロナ(COVID-19)ウィルス流行の前後で、企業のCSR活動が公表された際の追加的な株価上昇率を分析 (イベントスタディ) することで投資行動を観察し、2)個人投資家に対するアンケート調査を通じて企業評価の具体的な変化内容を明らかにする。
      全体の研究計画は、大きく「投資行動分析(イベントスタディ手法)」と「企業評価分析(アンケート調査)」に分けられ、2020年度はそれぞれ①データ収集・データベース作成と②アンケート調査計画(調査対象、規模、期間、質問項目の決定)を実施予定であった。
      実績としては、①データ収集・データベース作成については、株価・財務データはコロナによる入構規制等の影響もあり、データベース作成に少々遅れが生じているものの、外部機関による企業のCSR評価データとして東洋経済社のCSR格付けデータベース及び定量分析のツールとしてSTATAとそれをインストールするPCを入手し、実証分析の準備を着実に進めている。また、②アンケートのデザイン(調査対象、規模、期間、質問項目の決定)はほぼ完成し、調査会社も決定している。
      よって、本研究は当初計画に照らし合わせ、おおむね順調に進んでいると言える。
      2021年度は、株価・財務データと企業のCSR活動に関する定量分析及びアンケート調査を実施し、結果を分析することで成果発表につなげていきたい。

      researchmap

    • 民間連携型の開発支援と効果に関する研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B) 

      大野 泉, 大野 健一, 森 純一, 村嶋 美穂, 長嶌 朱美, ソデルベリ マリー

      詳細を見る

      2013年4月 - 2017年3月

      課題番号:25283004

      配分額:16120000円 ( 直接経費:12400000円 、 間接経費:3720000円 )

      本研究では、日本と欧米ドナーの民間連携型の開発支援のアプローチや事例、開発効果の考え方を比較分析し、国際社会が合意した「持続可能な開発目標(SDGs)」達成に向けた、日本の開発協力への示唆を導いた。日本は製造業立国として、自国企業の技術を活用した途上国の開発課題の解決や、リンケージ構築による地場の裾野産業育成への貢献を中心に取り組んでいる。こうした取組の有効性を高めるうえで、ODA事業の現場との連携は重要である。一方、欧米ドナーは近年グローバル企業と連携して繊維縫製業等のサプライチェーン・マネジメントの持続性・包摂性を高める国際プラットフォームを構築しており、日本もこの動きを注目すべきである。

      researchmap

    お問い合わせ先
    外部の方
    学内の方