2023/10/03 更新

写真b

イワカワ ヒロオキ
岩川 弘宙
IWAKAWA Hirooki
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
理学部 生命理学科
理学研究科 生命理学専攻 博士課程後期課程
理学研究科 生命理学専攻 博士課程前期課程
職名*
准教授
学位
博士(農学) ( 2010年3月   京都大学 )
研究テーマ*
  • 20–30塩基長の小分子RNAを介したRNAサイレンシングは、配列特異的な遺伝子発現抑制機構であり、分化、発生、ストレス応答などを制御するだけでなく、ウイルスやトランスポゾンなどの非自己核酸の抑制においても中心的な役割を果たす。私達は、生化学、分子生物学、生命情報科学を組み合わせたアプローチで「小分子RNAが働くしくみ」を研究している。

  • 研究キーワード
  • RNA

  • RNAサイレンシング

  • 翻訳

  • RNAi

  • microRNA

  • 生化学

  • 植物生理学

  • 植物病理学

  • ウイルス学

  • 学内職務経歴*
    • 2022年4月 - 現在 
      理学部   生命理学科   准教授
    • 2022年4月 - 現在 
      理学研究科   生命理学専攻 博士課程前期課程   准教授
    • 2022年4月 - 現在 
      理学研究科   生命理学専攻 博士課程後期課程   准教授
     

    研究分野

    • ライフサイエンス / 分子生物学  / RNA

    • ライフサイエンス / 分子生物学  / 遺伝子発現制御

    • ライフサイエンス / 植物分子、生理科学

    • 環境・農学 / 植物保護科学  / 植物病理学

    経歴

    • 2022年4月 - 現在 
      立教大学   理学研究科 生命理学専攻博士課程後期課程   准教授

      詳細を見る

    • 2022年4月 - 現在 
      立教大学   理学研究科 生命理学専攻博士課程前期課程   准教授

      詳細を見る

    • 2022年4月 - 現在 
      立教大学   理学部 生命理学科   准教授

      詳細を見る

      国名:日本国

      researchmap

    • 2019年4月 - 2022年3月 
      東京大学   定量生命科学研究所   講師

      詳細を見る

    • 2018年10月 - 2022年3月 
      JST   さきがけ研究者

      詳細を見る

    • 2018年4月 - 2019年3月 
      東京大学   定量生命科学研究所   助教

      詳細を見る

    • 2015年4月 - 2019年3月 
      東京大学   新領域創成科学研究科メディカル情報生命専攻   助教

      詳細を見る

    • 2013年4月 - 2018年3月 
      東京大学   分子細胞生物学研究所   助教

      詳細を見る

    • 2010年4月 - 2013年3月 
      東京大学   分子細胞生物学研究所   日本学術振興会特別研究員(PD)

      詳細を見る

    • 2007年4月 - 2010年3月 
      京都大学   大学院・農学研究科・応用生物科学専攻   日本学術振興会特別研究員(DC1)

      詳細を見る

    ▼全件表示

    学歴

    • 2007年4月 - 2010年3月 
      京都大学大学院   農学研究科   応用生物科学専攻・博士課程

      詳細を見る

    • 2005年4月 - 2007年3月 
      京都大学大学院   農学研究科   応用生物科学専攻・修士課程

      詳細を見る

    • 2001年4月 - 2005年3月 
      京都大学   農学部   資源生物科学科

      詳細を見る

    受賞

    • 2018年  
      文部科学省  平成 30 年度 文部科学大臣表彰 若手科学者賞 
       
      岩川 弘宙

      詳細を見る

    • 2013年  
      日本生化学会  鈴木紘一メモリアル賞 
       
      岩川 弘宙

      詳細を見る

    • 2006年  
      日本植物病理学会  第一回(平成18年度)学生優秀発表賞 
       
      岩川 弘宙

      詳細を見る

    論文

    • Mechanisms that regulate the production of secondary siRNAs in plants

      Yuji Fujimoto, Hiro-oki Iwakawa

      The Journal of Biochemistry   2023年9月26日

      詳細を見る

      担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

      Summary

      Many organisms produce secondary small interfering RNAs (siRNAs) that are triggered by primary small RNAs to regulate various biological processes. Plants have evolved several types of secondary siRNA biogenesis pathways that play important roles in development, stress responses, and defense against viruses and transposons. The critical step of these pathways is the production of double-stranded RNAs by RNA-dependent RNA polymerases. This step is normally tightly regulated, but when its control is released, secondary siRNA production is initiated. In this article, we will review the recent advances in secondary siRNA production triggered by microRNAs encoded in the genome and siRNAs derived from invasive nucleic acids. In particular, we will focus on the factors, events, and RNA/DNA elements that promote or inhibit the early steps of secondary siRNA biogenesis.

      DOI: 10.1093/jb/mvad071

      researchmap

    • 植物の二次的小分子RNAの生成機構

      藤本 祐司, 岩川 弘宙

      生化学95 ( 3 ) 346 - 350   2023年6月25日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本生化学会  

      DOI: 10.14952/seikagaku.2023.950346

      researchmap

    • The mechanisms of siRNA selection by plant Argonaute proteins triggering DNA methylation 査読有り

      Wei Liu, Keisuke Shoji, Masahiro Naganuma, Yukihide Tomari, Hiro-oki Iwakawa

      Nucleic Acids Research50 ( 22 ) 12997 - 13010   2022年12月9日

      詳細を見る

      担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

      Abstract

      The model plant Arabidopsis thaliana encodes as many as ten Argonaute proteins (AGO1–10) with different functions. Each AGO selectively loads a set of small RNAs by recognizing their length and 5′ nucleotide identity to properly regulate target genes. Previous studies showed that AGO4 and AGO6, key factors in DNA methylation, incorporate 24-nt small-interfering RNAs with 5′ adenine (24A siRNAs). However, it has been unclear how these AGOs specifically load 24A siRNAs. Here, we biochemically investigated the siRNA preference of AGO4, AGO6 and their chimeric mutants. We found that AGO4 and AGO6 use distinct mechanisms to preferentially load 24A siRNAs. Moreover, we showed that the 5′ A specificity of AGO4 and AGO6 is not determined by the previously known nucleotide specificity loop in the MID domain but rather by the coordination of the MID and PIWI domains. These findings advance our mechanistic understanding of how small RNAs are accurately sorted into different AGO proteins in plants.

      DOI: 10.1093/nar/gkac1135

      researchmap

    • Functional specialization of monocot DCL3 and DCL5 proteins through the evolution of the PAZ domain 査読有り 国際誌

      Shirui Chen, Wei Liu, Masahiro Naganuma, *Yukihide Tomari, *Hiro-oki Iwakawa

      Nucleic Acids Research50 ( 8 ) 4669 - 4684   2022年4月5日

      詳細を見る

      担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

      Abstract

      Monocot DICER-LIKE3 (DCL3) and DCL5 produce distinct 24-nt small interfering RNAs (siRNAs), heterochromatic siRNAs (hc-siRNAs) and phased secondary siRNAs (phasiRNAs), respectively. The former small RNAs are linked to silencing of transposable elements and heterochromatic repeats, and the latter to reproductive processes. It is assumed that these DCLs evolved from an ancient ‘eudicot-type’ DCL3 ancestor, which may have produced both types of siRNAs. However, how functional differentiation was achieved after gene duplication remains elusive. Here, we find that monocot DCL3 and DCL5 exhibit biochemically distinct preferences for 5′ phosphates and 3′ overhangs, consistent with the structural properties of their in vivo double-stranded RNA substrates. Importantly, these distinct substrate specificities are determined by the PAZ domains of DCL3 and DCL5, which have accumulated mutations during the course of evolution. These data explain the mechanism by which these DCLs cleave their cognate substrates from a fixed end, ensuring the production of functional siRNAs. Our study also indicates how plants have diversified and optimized RNA silencing mechanisms during evolution.

      DOI: 10.1093/nar/gkac223

      PubMed

      researchmap

    • Life of RISC: Formation, action, and degradation of RNA-induced silencing complex 招待有り 査読有り 国際誌

      *Hiro-oki Iwakawa, *Yukihide Tomari

      Molecular Cell82 ( 1 ) 30 - 43   2022年1月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

      Small RNAs regulate a wide variety of biological processes by repressing the expression of target genes at the transcriptional and post-transcriptional levels. To achieve these functions, small RNAs form RNA-induced silencing complex (RISC) together with a member of the Argonaute (AGO) protein family. RISC is directed by its bound small RNA to target complementary RNAs and represses their expression through mRNA cleavage, degradation, and/or translational repression. Many different factors fine-tune RISC activity and stability-from guide-target RNA complementarity to the recruitment of other protein partners to post-translational modifications of RISC itself. Here, we review recent progress in understanding RISC formation, action, and degradation, and discuss new, intriguing questions in the field.

      DOI: 10.1016/j.molcel.2021.11.026

      PubMed

      researchmap

    • Cell-free reconstitution reveals the molecular mechanisms for the initiation of secondary siRNA biogenesis in plants 査読有り 国際誌

      Yuriki Sakurai, Kyungmin Baeg, Andy Y. W. Lam, Keisuke Shoji, *Yukihide Tomari, *Hiro-oki Iwakawa

      Proceedings of the National Academy of Sciences118 ( 31 ) e2102889118 - e2102889118   2021年8月3日

      詳細を見る

      担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.1073/pnas.2102889118

      PubMed

      researchmap

      その他リンク: https://syndication.highwire.org/content/doi/10.1073/pnas.2102889118

    • Ribosome stalling caused by the Argonaute-microRNA-SGS3 complex regulates the production of secondary siRNAs in plants 査読有り 国際誌

      *Hiro-oki Iwakawa, Andy Y.W. Lam, Akira Mine, Tomoya Fujita, Kaori Kiyokawa, Manabu Yoshikawa, Atsushi Takeda, Shintaro Iwasaki, Yukihide Tomari

      Cell Reports35 ( 13 ) 109300 - 109300   2021年6月29日

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.1016/j.celrep.2021.109300

      researchmap

    • Plant 22-nt siRNAs mediate translational repression and stress adaptation 査読有り 国際共著 国際誌

      Huihui Wu, Bosheng Li, Hiro-oki Iwakawa, Yajie Pan, Xianli Tang, Qianyan Ling-hu, Yuelin Liu, Shixin Sheng, Li Feng, Hong Zhang, Xinyan, Zhang, Zhonghua Tang, Xinli Xia, Jixian Zhai, Hongwei Guo

      Nature581   89 - 93   2020年5月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.1038/s41586-020-2231-y

      researchmap

    • In vitro RNA-dependent RNA Polymerase Assay Using Arabidopsis RDR6 招待有り 査読有り 国際誌

      Kyungmin Baeg, Yukihide Tomari, *Hiro-oki Iwakawa.

      Bio-protocol8 ( 1 ) e2673   2018年1月

      詳細を見る

      担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.21769/BioProtoc.2673

      PubMed

      researchmap

    • Silencing messages in a unique way 招待有り 査読有り

      *Hiro-oki Iwakawa and *Yukihide Tomari.

      Nature Plants3 ( 10 ) 769 - 770   2017年10月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

      DOI: 10.1038/s41477-017-0028-2

      researchmap

    • Biochemical and single-molecule analyses of the RNA silencing suppressing activity of CrPV-1A 査読有り

      Mariko Watanabe, Hiro-oki Iwakawa, Hisashi Tadakuma, Yukihide Tomari

      Nucleic Acids Research45 ( 18 ) 10837 - 10844   2017年10月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

      Viruses often encode viral silencing suppressors (VSSs) to counteract the hosts' RNA silencing activity. The cricket paralysis virus 1A protein (CrPV-1A) is a unique VSS that binds to a specific Argonaute protein (Ago)-the core of the RNA-induced silencing complex (RISC)-in insects to suppress its target cleavage reaction. However, the precise molecular mechanism of CrPV-1A action remains unclear. Here we utilized biochemical and single-molecule imaging approaches to analyze the effect of CrPV-1A during target recognition and cleavage by Drosophila Ago2-RISC. Our results suggest that CrPV-1A obstructs the initial target searching by Ago2-RISC via base pairing in the seed region. The combination of biochemistry and single-molecule imaging may help to pave the way for mechanistic understanding of VSSs with diverse functions.

      DOI: 10.1093/nar/gkx748

      researchmap

    • Requirement for eukaryotic translation initiation factors in cap-independent translation differs between bipartite genomic RNAs of red clover necrotic mosaic virus 査読有り

      Yuri Tajima, Hiro-oki Iwakawa, Kiwamu Hyodo, Masanori Kaido, Kazuyuki Mise, Tetsuro Okuno

      Virology509   152 - 158   2017年9月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

      The bipartite genomic RNAs of red clover necrotic mosaic virus (RCNMV) lack a 5' cap and a 3' poly(A) tail. RNA1 encodes viral replication proteins, and RNA2 encodes a movement protein (MP). These proteins are translated in a cap-independent manner. We previously identified two cis-acting RNA elements that cooperatively recruit eukaryotic translation initiation factor (eIF) complex eIF4F or eIFiso4F to RNA1. Such cis-acting RNA elements and host factors have not been identified in RNA2. Here we found that translation of RNA1 was significantly compromised in Arabidopsis thaliana carrying eif4f mutation. RNA1 replicated efficiently in eifiso4fl mutants, suggesting vigorous translation of the replication proteins from RNA1 in the plants. In contrast, MP accumulation was decreased in eifiso4f1 mutants but not in eif4f mutants. Collectively, these results suggest that RCNMV uses different eIF complexes for translation of its bipartite genomic RNAs, which may contribute to fine-tuning viral gene expression during infection.

      DOI: 10.1016/j.virol.2017.06.015

      PubMed

      researchmap

    • In Vitro Analysis of ARGONAUTE-Mediated Target Cleavage and Translational Repression in Plants 招待有り

      Yukihide Tomari and *Hiro-oki Iwakawa.

      Methods in Molecular Biology1640   55 - 71   2017年6月

      詳細を見る

      担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

      DOI: 10.1007/978-1-4939-7165-7_4

      Scopus

      PubMed

      researchmap

    • The poly(A) tail blocks RDR6 from converting self mRNAs into substrates for gene silencing 査読有り

      Kyungmin Baeg, *Hiro-oki Iwakawa and *Yukihide Tomari.

      Nature Plants3 ( 4 ) Article number: 17036   2017年4月

      詳細を見る

      担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

      It remains unclear how post-transcriptional gene silencing (PTGS) in plants discriminates aberrant RNAs from canonical messenger RNAs (mRNAs). The key step of plant PTGS is the conversion of aberrant RNAs into double-stranded RNAs by RNA-DEPENDENT RNA POLYMERASE6 (RDR6). Here, we show that RDR6 itself selects aberrant poly(A)-less mRNAs over canonical polyadenylated mRNAs as templates at the initiation step of complementary strand synthesis. This mechanism can be viewed as an innate safeguard against 'self-attack' by PTGS.

      DOI: 10.1038/nplants.2017.36

      researchmap

    • The Functions of MicroRNAs: mRNA Decay and Translational Repression. 招待有り 査読有り

      Hiro-oki Iwakawa and Yukihide Tomari.

      Trends in cell biology25 ( 11 ) 651 - 665   2015年11月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

      DOI: 10.1016/j.tcb.2015.07.011

      PubMed

      researchmap

    • MicroRNAs Block Assembly of eIF4F Translation Initiation Complex in Drosophila 査読有り

      #Takashi Fukaya, #Hiro-oki Iwakawa, Yukihide Tomari.

      Molecular Cell56 ( 1 ) 67 - 78   2014年10月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CELL PRESS  

      miRNAs silence their complementary target mRNAs by translational repression as well as by poly(A) shortening and mRNA decay. In Drosophila, miRNAs are typically incorporated into Argonaute1 (Ago1) to form the effector complex called RNA-induced silencing complex (RISC). Ago1-RISC associates with a scaffold protein GW182, which recruits additional silencing factors. We have previously shown that miRNAs repress translation initiation by blocking formation of the 48S and 80S ribosomal complexes. However, it remains unclear how ribosome recruitment is impeded. Here, we examined the assembly of translation initiation factors on the target mRNA under repression. We show that Ago1-RISC induces dissociation of eIF4A, a DEAD-box RNA helicase, from the target mRNA without affecting 50 cap recognition by eIF4E in a manner independent of GW182. In contrast, direct tethering of GW182 promotes dissociation of both eIF4E and eIF4A. We propose that miRNAs act to block the assembly of the eIF4F complex during translation initiation.

      DOI: 10.1016/j.molcel.2014.09.004

      PubMed

      researchmap

    • Molecular Insights into microRNA-Mediated Translational Repression in Plants

      Hiro-oki Iwakawa, Yukihide Tomari

      Molecular Cell52 ( 4 ) 591 - 601   2013年11月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

      DOI: 10.1016/j.molcel.2013.10.033

      PubMed

      researchmap

    • Arabidopsis ARGONAUTE7 selects miR390 through multiple checkpoints during RISC assembly. 査読有り

      Yayoi Endo, *Hiro-oki Iwakawa and *Yukihide Tomari.

      EMBO reports14 ( 7 ) 652 - 658   2013年7月

      詳細を見る

      担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.1038/embor.2013.73

      PubMed

      researchmap

    • Poly(A)-Binding Protein Facilitates Translation of an Uncapped/Nonpolyadenylated Viral RNA by Binding to the 3 ' Untranslated Region 査読有り

      Hiro-oki Iwakawa, Yuri Tajima, Takako Taniguchi, Masanori Kaido, Kazuyuki Mise, Yukihide Tomari, Hisaaki Taniguchi and Tetsuro Okuno.

      Journal of Virology86 ( 15 ) 7836 - 7849   2012年8月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC MICROBIOLOGY  

      Viruses employ an alternative translation mechanism to exploit cellular resources at the expense of host mRNAs and to allow preferential translation. Plant RNA viruses often lack both a 5' cap and a 3' poly(A) tail in their genomic RNAs. Instead, cap-independent translation enhancer elements (CITEs) located in the 3' untranslated region (UTR) mediate their translation. Although eukaryotic translation initiation factors (eIFs) or ribosomes have been shown to bind to the 3' CITEs, our knowledge is still limited for the mechanism, especially for cellular factors. Here, we searched for cellular factors that stimulate the 3' CITE-mediated translation of Red clover necrotic mosaic virus (RCNMV) RNA1 using RNA aptamer-based one-step affinity chromatography, followed by mass spectrometry analysis. We identified the poly(A)-binding protein (PABP) as one of the key players in the 3' CITE-mediated translation of RCNMV RNA1. We found that PABP binds to an A-rich sequence (ARS) in the viral 3' UTR. The ARS is conserved among dianthoviruses. Mutagenesis and a tethering assay revealed that the PABP-ARS interaction stimulates 3' CITE-mediated translation of RCNMV RNAl. We also found that both the ARS and 3' CITE are important for the recruitment of the plant eIF4F and eIFiso4F factors to the 3 ' UTR and of the 40S ribosomal subunit to the viral mRNA. Our results suggest that dianthoviruses have evolved the ARS and 3' CITE as substitutes for the 3' poly(A) tail and the 5' cap of eukaryotic mRNAs for the efficient recruitment of eIFs, PABP, and ribosomes to the uncapped/nonpolyadenylated viral mRNA.

      DOI: 10.1128/JVI.00538-12

      PubMed

      researchmap

    • A long-distance RNA-RNA interaction plays an important role in programmed-1 ribosomal frameshifting in the translation of p88 replicase protein of Red clover necrotic mosaic virus 査読有り

      Yuri Tajima, Hiro-oki Iwakawa, Masanori Kaido, Kazuyuki Mise, Tetsuro Okuno

      Virology417 ( 1 ) 169 - 178   2011年8月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

      Programmed - 1 ribosomal frameshifting (- 1 PRF) is one viral translation strategy to express overlapping genes in positive-strand RNA viruses. Red clover necrotic mosaic virus ( RCNMV) uses this strategy to express its replicase component protein p88. In this study, we used a cell-free translation system to map cis-acting RNA elements required for 1 PRF. Our results show that a small stem-loop structure adjacent to the cap-independent translation element in the 3' untranslated region (UTR) of RCNMV RNA1 is required for - 1 PRF. Site-directed mutagenesis experiments suggested that this stem-loop regulates - 1 PRF via base-pairing with complementary sequences in a bulged stem-loop adjacent to the shifty site. The existence of RNA elements responsible for - 1 PRF and the cap-independent translation of replicase proteins in the 3' UTR of RNA1 might be important for switching translation to replication and for regulating the ratio of p88 to p27. (C) 2011 Published by Elsevier

      DOI: 10.1016/j.virol.2011.05.012

      PubMed

      researchmap

    • Identification of amino acids in auxiliary replicase protein p27 critical for its RNA-binding activity and the assembly of the replicase complex in Red clover necrotic mosaic virus. 査読有り

      Kiwamu Hyodo, Akira Mine, Hiro-oki Iwakawa, Masanori Kaido, Kazuyuki Mise and Tetsuro Okuno.

      Virology413 ( 2 ) 300 - 309   2011年5月

    • Template Recognition Mechanisms by Replicase Proteins Differ between Bipartite Positive-Strand Genomic RNAs of a Plant Virus 査読有り

      Hiro-oki Iwakawa, Akira Mine, Kiwamu Hyodo, Mengnan An, Masanori Kaido, Kazuyuki Mise, Tetsuro Okuno

      Journal of Virology85 ( 1 ) 497 - 509   2011年1月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC MICROBIOLOGY  

      Recognition of RNA templates by viral replicase proteins is one of the key steps in the replication process of all RNA viruses. However, the mechanisms underlying this phenomenon, including primary RNA elements that are recognized by the viral replicase proteins, are not well understood. Here, we used aptamer pulldown assays with membrane fractionation and protein-RNA coimmunoprecipitation in a cell-free viral translation/replication system to investigate how viral replicase proteins recognize the bipartite genomic RNAs of the Red clover necrotic mosaic virus (RCNMV). RCNMV replicase proteins bound specifically to a Y-shaped RNA element (YRE) located in the 3' untranslated region (UTR) of RNA2, which also interacted with the 480-kDa replicase complexes that contain viral and host proteins. The replicase-YRE interaction recruited RNA2 to the membrane fraction. Conversely, RNA1 fragments failed to interact with the replicase proteins supplied in trans. The results of protein-RNA coimmunoprecipitation assays suggest that RNA1 interacts with the replicase proteins coupled with their translation. Thus, the initial template recognition mechanisms employed by the replicase differ between RCNMV bipartite genomic RNAs and RNA elements are primary determinants of the differential replication mechanism.

      DOI: 10.1128/JVI.01754-10

      PubMed

      researchmap

    • A Y-shaped RNA structure in the 3' untranslated region together with the trans-activator and core promoter of Red clover necrotic mosaic virus RNA2 is required for its negative-strand RNA synthesis. 査読有り

      Mengnan An, Hiro-oki Iwakawa, Akira Mine, Masanori Kaido, Kazuyuki Mise and Tetsuro Okuno.

      Virology405 ( 1 ) 100 - 109   2010年9月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.1016/j.virol.2010.05.022

      PubMed

      researchmap

    • Host-dependent roles of the viral 5' untranslated region (UTR) in RNA stabilization and cap-independent translational enhancement mediated by the 3' UTR of Red clover necrotic mosaic virus RNA1. 査読有り

      Siriruk Sarawaneeyaruk, Hiro-oki Iwakawa, Hiroyuki Mizumoto, Hiromi Murakami, Masanori Kaido, Kazuyuki Mise and Tetsuro Okuno.

      Virology391 ( 1 ) 107 - 118   2009年8月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.1016/j.virol.2009.05.037

      PubMed

      researchmap

    • A viral noncoding RNA generated by cis-element-mediated protection against 5'->3' RNA decay represses both cap-independent and cap-dependent translation. 査読有り

      Hiro-oki Iwakawa, Hiroyuki Mizumoto, Hideaki Nagano, Yuka Imoto, Kazuma Takigawa, Siriruk Sarawaneeyaruk, Masanori Kaido, Kazuyuki Mise and Tetsuro Okuno.

      Journal of virology82 ( 20 ) 10162 - 10174   2008年10月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.1128/JVI.01027-08

      PubMed

      researchmap

    • cis-Preferential requirement of a -1 frameshift product p88 for the replication of Red clover necrotic mosaic virus RNA1. 査読有り

      Kimiyuki Okamoto, Hideaki Nagano, Hiro-oki Iwakawa, Hiroyuki Mizumoto, Atsushi Takeda, Masanori Kaido, Kazuyuki Mise and Tetsuro Okuno.

      Virology375 ( 1 ) 205 - 212   2008年5月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.1016/j.virol.2008.02.004

      PubMed

      researchmap

    • cis-Acting core RNA elements required for negative-strand RNA synthesis and cap-independent translation are separated in the 3'-untranslated region of Red clover necrotic mosaic virus RNA1. 査読有り

      Hiro-oki Iwakawa, Masanori Kaido, Kazuyuki Mise and Tetsuro Okuno.

      Virology369 ( 1 ) 168 - 181   2007年12月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.1016/j.virol.2007.07.016

      Scopus

      PubMed

      researchmap

    • Cap-independent translation mechanism of red clover necrotic mosaic virus RNA2 differs from that of RNA1 and is linked to RNA replication. 査読有り

      #Hiroyuki Mizumoto, #Hiro-oki Iwakawa, Masanori Kaido, Kazuyuki Mise and Tetsuro Okuno.

      Journal of virology80 ( 8 ) 3781 - 3791   2006年4月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.1128/JVI.80.8.3781-3791.2006

      PubMed

      researchmap

    ▼全件表示

    MISC

    • 自然免疫における環状RNAの役割

      岩川 弘宙

      実験医学38 ( 3 ) 436 - 437   2020年2月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

      researchmap

    • 植物のRNAサイレンシング機構 招待有り 査読有り

      岩川 弘宙

      植物感染生理談話会論文集 ( 53 ) 46 - 56   2018年8月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

      researchmap

    • 植物のRNAサイレンシング機構が自己のmRNAを攻撃しないメカニズム 招待有り 査読有り

      岩川 弘宙

      植物科学最前線8   58 - 70   2017年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

      DOI: 10.24480/bsj-review.8b4.00114

      researchmap

    • 植物と動物におけるmicroRNAによる翻訳制御機構 招待有り

      岩川 弘宙, 泊 幸秀

      化学と生物53 ( 8 ) 510 - 514   2015年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本農芸化学会  

      タンパク質をコードしていない20塩基から30塩基程度の小分子RNAは,相補的な配列をもつ標的遺伝子の発現を負に制御する.核にコードされている小分子RNAであるmicroRNA(miRNA)が内在の相補的な遺伝子を抑制するシステムは動植物で保存されており,分化,発生やストレス応答などさまざまな生体反応を緻密に制御している.本稿では植物のmiRNAが標的の遺伝子を抑制するメカニズム,特にこれまで理解が進んでいなかったmiRNA依存的な翻訳抑制機構について動物のmiRNA機構と比較しながら解説する.

      DOI: 10.1271/kagakutoseibutsu.53.510

      CiNii Article

      researchmap

      その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2015323429

    • miRNAによる翻訳開始因子複合体の形成の阻害 招待有り

      深谷雄志, 岩川 弘宙, 泊 幸秀

      ライフサイエンス新着論文レビュー   2014年

      詳細を見る

    • 植物におけるマイクロRNAを介した翻訳抑制機構 招待有り

      岩川 弘宙, 泊 幸秀

      ライフサイエンス新着論文レビュー   2013年

      詳細を見る

    • RNAサイレンシングのしくみ 招待有り

      岩川 弘宙, 泊幸秀

      週刊「医学のあゆみ」238 ( 5 ) 388 - 393   2011年

      詳細を見る

    • Red clover necrotic mosaic virus RNA複製酵素成分タンパク質p27はウイルスRNAの初期複製段階において様々な役割を担っている

      兵頭究, 峯彰, 岩川弘宙, 海道真典, 三瀬和之, 奥野哲郎

      日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集58th   2010年

      詳細を見る

    • Red clover necrotic mosaic virus RNA複製酵素成分タンパク質p27のRNA結合活性はウイルスゲノムRNA2の複製初期段階に重要である

      兵頭究, 峯彰, 岩川弘宙, 海道真典, 三瀬和之, 奥野哲郎

      日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集2010   2010年

      詳細を見る

    • Red clover necrotic mosaic virus RNA複製酵素成分タンパク質におけるウイルスRNAの膜へのリクルートに関わる機能ドメイン解析

      兵頭究, 峯彰, 岩川弘宙, 海道真典, 三瀬和之, 奥野哲郎

      日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集57th   2009年

      詳細を見る

    • ウイルスが生み出す様々なノンコーディング RNA

      岩川 弘宙, 奥野哲郎

      ウイルス59 ( 2 ) 179 - 188   2009年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:日本ウイルス学会  

      近年, microRNA (miRNA) やsmall interfering RNA (siRNA) を含むノンコーディング RNAが遺伝子発現制御,あるいはウイルスやトランスポゾンといった分子パラサイトに対する防御応答に関わっているとこが次々と明らかとされてきた. 一方,ウイルスもまた効率の良い複製や潜在感染を成し遂げるために, さまざまな種類のノンコーディング RNAを用いることにより宿主やウイルス自身の遺伝子発現を時間的・空間的に制御していることが分かってきた. 本稿では,最初にDNAウイルスより生み出されるノンコーディング RNAの生成機構と機能を概説し, 次に植物と動物のRNAウイルスから生み出される新しいタイプのノンコーディングRNAの生成機構とその機能を紹介する.

      DOI: 10.2222/jsv.59.179

      CiNii Article

      researchmap

    • (277) Red clover necrotic mosaic virus RNA1に由来するノンコーディングRNAの生成メカニズムと機能解析(平成20年度日本植物病理学会大会講演要旨)

      岩川 弘宙, 水本 祐之, 海道 真典, 三瀬 和之, 奥野 哲郎

      日本植物病理學會報74 ( 3 ) 240 - 241   2008年8月25日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • (279) レッドクローバーネクロティックモザイクウイルスRNA2の3'UTRに存在する二つの新規なステムループ構造はRNA2の複製に重要である(平成20年度日本植物病理学会大会講演要旨)

      安 夢楠, 岩川 弘宙, 海道 真典, 三瀬 和之, 奥野 哲郎

      日本植物病理學會報74 ( 3 ) 241 - 241   2008年8月25日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • (281) Red clover necrotic mosaic virus RNA1の3'翻訳促進因子によるキャップ非依存的翻訳はリボソームスキャニング機構を利用する(平成20年度日本植物病理学会大会講演要旨)

      サラワニヤラック シリラック, 岩川 弘宙, 海道 真典, 三瀬 和之, 奥野 哲郎

      日本植物病理學會報74 ( 3 ) 241 - 242   2008年8月25日

      詳細を見る

      記述言語:英語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • (257) Red clover necrotic mosaic virusのマイナス鎖RNA合成に小胞体膜は必須か?(平成19年度日本植物病理学会大会講演要旨)

      岩川 弘宙, 海道 真典, 三瀬 和之, 奥野 哲郎

      日本植物病理學會報73 ( 3 ) 244 - 244   2007年8月25日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • (258) 共免疫沈降法を用いたRed clover necrotic mosaic virusの複製酵素成分タンパク質間の相互作用の解析(平成19年度日本植物病理学会大会講演要旨)

      峯 彰, 岩川 弘宙, 竹田 篤史, 海道 直典, 三瀬 和之, 奥野 哲郎

      日本植物病理學會報73 ( 3 ) 244 - 244   2007年8月25日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • (259) Red clover necrotic mosaic virus(RCNMV) RNA1とサブゲノムRNA1aのキャップ非依存性翻訳における5'非翻訳領域の役割(平成19年度日本植物病理学会大会講演要旨)

      サラワニヤラック シリラック, 岩川 弘宙, 村上 裕美, 水本 祐之, 海道 真典, 三瀬 和之, 奥野 哲郎

      日本植物病理學會報73 ( 3 ) 244 - 244   2007年8月25日

      詳細を見る

      記述言語:英語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • ダイアンソウイルスゲノムRNAの3'末端近傍に保存されている新規ステムループ構造は複製に必須である(関西部会講演要旨,平成18年度地域部会講演要旨)

      岩川 弘宙, 海道 真典, 三瀬 和之, 奥野 哲郎

      日本植物病理學會報73 ( 1 ) 69 - 69   2007年2月25日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • (331) Red clover necrotic mosaic virus (RCNMV)のRNA複製複合体に含まれる宿主植物因子の探索(平成18年度日本植物病理学会大会講演要旨)

      峯 彰, 岩川 弘宙, 竹田 篤史, 海道 真典, 三瀬 和之, 奥野 哲郎

      日本植物病理學會報72 ( 4 ) 290 - 290   2006年11月25日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • (330) BYL in vitro翻訳複製系を用いたRed clover necrotic mosaic virus RNA1の翻訳と複製のシス因子の解析(平成18年度日本植物病理学会大会講演要旨)

      岩川 弘宙, 村上 裕美, 水本 祐之, 海道 真典, 三瀬 和之, 奥野 哲郎

      日本植物病理學會報72 ( 4 ) 290 - 290   2006年11月25日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • Red clover necrotic mosaic virus RNA1から転写される新規サブゲノムRNAプロモーターの解析(関西部会講演要旨,平成17年度地域部会講演要旨)

      井本 裕佳, 岡本 公如, 岩川 弘宙, 滝川 業磨, 水本 祐之, 海道 真典, 三瀬 和之, 奥野 哲郎

      日本植物病理學會報72 ( 1 ) 81 - 81   2006年2月25日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • (268) Red clover necrotic mosaic virus RNA1から転写される新規サブゲノムRNAのプロモーターは転写領域内に存在する(平成17年度日本植物病理学会大会講演要旨)

      滝川 業磨, 水本 祐之, 岩川 弘宙, 海道 真典, 三瀬 和之, 奥野 哲郎

      日本植物病理學會報71 ( 3 ) 256 - 257   2005年8月25日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • (269) Red clover necrotic mosaic virus RNA1から転写されるサブゲノムRNA1bはRNA1の翻訳を抑制する(平成17年度日本植物病理学会大会講演要旨)

      岩川 弘宙, 水本 祐之, 滝川 業磨, 海道 真典, 三瀬 和之, 奥野 哲郎

      日本植物病理學會報71 ( 3 ) 257 - 257   2005年8月25日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • (98) Red clover necrotic mosaic virus RNA1から転写される新規サブゲノムRNA(関西部会講演要旨, 平成16年度地域部会講演要旨)

      滝川 業磨, 水本 祐之, 岩川 弘宙, 海道 真典, 三瀬 和之, 奥野 哲郎

      日本植物病理學會報71 ( 1 ) 78 - 78   2005年2月25日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:日本植物病理学会  

      CiNii Article

      researchmap

    ▼全件表示

    担当経験のある科目(授業)

    • 2023年4月 - 現在 
      生命理学ゼミナール 1 ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2023年4月 - 現在 
      生物化学特論 2 ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2022年9月 - 現在 
      生命理学の最前線 ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2022年9月 - 現在 
      生物化学1(生命) ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2022年4月 - 現在 
      輪講 ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2022年4月 - 現在 
      卒業研究 ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2022年4月 - 現在 
      生命理学実験2A ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2022年4月 - 現在 
      生命理学基礎実験 ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2022年4月 - 現在 
      自然科学の探究 ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2022年4月 - 現在 
      基礎情報科学(生命) ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2019年4月 - 2021年3月 
      全学自由研究ゼミナール「生命科学の最前線」(東京大学)

      詳細を見る

    •  
      全学体験ゼミナール ( 東京大学 )

      詳細を見る

    ▼全件表示

    共同研究・競争的資金等の研究

    • 植物RNAiの理解と応用:自在な人工ゲノム発現にむけて

      国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)  創発的研究支援事業 

      岩川 弘宙

      詳細を見る

      2022年4月 - 2029年3月

      担当区分:研究代表者 

      researchmap

    • 植物病原体サプレッサーによるRNAサイレンシング阻害機構の解明

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      吉川 学, 韓 龍雲, 岩川 弘宙, 向原 隆文

      詳細を見る

      2023年4月 - 2027年3月

      課題番号:23H02218

      担当区分:研究分担者 

      配分額:18720000円 ( 直接経費:14400000円 、 間接経費:4320000円 )

      researchmap

    • 小分子RNA増幅機構の解明:反応場の「真の役割」

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      岩川 弘宙, 吉川 学

      詳細を見る

      2023年4月 - 2026年3月

      課題番号:23H02412

      配分額:18850000円 ( 直接経費:14500000円 、 間接経費:4350000円 )

      researchmap

    • ウイルス抵抗性研究の高度化に資するゲノム編集タバコプラットフォーム確立への挑戦

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      竹田 篤史, 岩川 弘宙

      詳細を見る

      2022年6月 - 2025年3月

      課題番号:22K19186

      担当区分:研究分担者 

      配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

      researchmap

    • 遺伝子増幅装置と染色体ベクターの構築

      科学技術振興機構  戦略的な研究開発の推進 戦略的創造研究推進事業 CREST 

      小林 武彦

      詳細を見る

      2019年 - 2024年

      担当区分:研究分担者 

      任意の遺伝子を増幅することができる遺伝子増幅システムを構築します。またその増幅システムを用いて100以上の遺伝子を組み込むことができる「染色体ベクター」を作成します。ここにタンパク質複合体や代謝系に関わる遺伝子を丸ごと組み込み、それらを異種細胞内で再構築し解析する実験系を確立します。将来的には人工細胞の作成の基盤技術になると期待します。

      researchmap

    • 小分子RNA依存的リボソーム停滞機構の統合的理解

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 学術変革領域研究(A) 

      岩川 弘宙

      詳細を見る

      2021年9月 - 2023年3月

      課題番号:21H05717

      配分額:10400000円 ( 直接経費:8000000円 、 間接経費:2400000円 )

      researchmap

    • 大規模ゲノム改変を可能にするRNAサイレンシング回避技術の確立

      国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)  さきがけ研究 

      岩川 弘宙

      詳細を見る

      2018年10月 - 2022年3月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 核内小分子RNAの作用メカニズムの解明

      独立行政法人日本学術振興会(JSPS)  若手研究(A) 

      岩川 弘宙

      詳細を見る

      2016年4月 - 2019年3月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      researchmap

    • mRNAとタンパク質の品質管理機構における新生鎖の新規機能の解明

      独立行政法人日本学術振興会(JSPS)  新学術領域研究(研究領域提案型) 

      稲田 利文

      詳細を見る

      2014年7月 - 2019年3月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 二次的小分子RNA生成における反応モジュール間連動機構の解明

      独立行政法人日本学術振興会(JSPS)  挑戦的萌芽研究 

      岩川 弘宙

      詳細を見る

      2015年4月 - 2018年3月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 植物microRNAによる翻訳抑制機構の解明

      独立行政法人日本学術振興会(JSPS)  研究活動スタート支援 

      岩川 弘宙

      詳細を見る

      2013年4月 - 2015年3月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 植物におけるsmall RNA依存的翻訳抑制機構の生化学的解析

      独立行政法人日本学術振興会(JSPS)  特別研究員奨励費 

      岩川 弘宙

      詳細を見る

      2010年 - 2012年

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      researchmap

    • ダイアンソウイルスの遺伝子発現制御と複製機構の解明

      独立行政法人日本学術振興会(JSPS)  特別研究員奨励費 

      岩川 弘宙

      詳細を見る

      2007年 - 2009年

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      researchmap

    ▼全件表示

    お問い合わせ先
    外部の方
    学内の方