2024/05/28 更新

写真b

ガービー ケビン パトリク
ガービー ケビン パトリク
GARVEY, Kevin Patrick
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
異文化コミュニケーション学部 異文化コミュニケーション学科
職名*
助教
学位
Master's Degree ( University of Illinois at Chicago )
研究キーワード
  • Computer Assisted Language Learning

  • Teacher Noticing

  • Task Complexity

  • Computer Assisted Language Learning (CALL)

  • Willingness to Communicate (WTC)

  • 学内職務経歴*
    • 2022年4月 - 現在 
      異文化コミュニケーション学部   異文化コミュニケーション学科   助教
    プロフィール
    Kevin Garvey is currently an English Language Lecturer at Kanda University of International Studies located in Chiba, Japan. He has been teaching since 2008, and has experience with learners of all ages and levels of English proficiency. He completed an M.A. in Applied Linguistics and TESOL from the University of Chicago Illinois in 2013. His research interests include CALL, willingness to communicate (WTC), task complexity, teacher empathy and teacher noticing. Of particular interest to him are the combined topics of CALL and WTC, as applied directly to classroom teaching.
     

    研究分野

    • 人文・社会 / 言語学

    経歴

    学歴

    • 2018年9月 
      University of Leicester   Media and Communication   Doctor of Philosophy

      詳細を見る

      国名: グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

      備考: Dissertation title: Online Discourse and Identity on the Streaming Platform “Twitch”

      researchmap

    • 2011年9月 - 2013年5月 
      University of Illinois at Chicago   Applied Linguistics   Master's Program

      詳細を見る

    • 2004年8月 - 2008年6月 
      Pitzer College   Media Studies   Media Studies

      詳細を見る

      国名: アメリカ合衆国

      備考: Thesis title: Analyzing Narratives of Islamic Microfinance in Online Media

      researchmap

    論文

    • The Temptations and Limits of the Online Classroom 査読有り

      Garvey, K

      Literacies and Language Education: Research and Practice2   52 - 55   2020年12月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      添付ファイル: 12.-Garvey.pdf

      researchmap

    • Collective Deliberate Choice in Online Course Creation 査読有り

      Garvey, K

      Literacies and Language Education: Research and Practice2   33 - 36   2020年8月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      添付ファイル: 7.-Garvey.pdf

      researchmap

    • Making the Case for Exploratory Practice for TESOL in the Japanese University Context 査読有り

      Garvey, K, Miner, M

      Literacies and Language Education: Research and Practice3   22 - 35   2020年8月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      添付ファイル: Garvey_Miner_Autumn2020.pdf

      researchmap

    • Willingness to communicate (WTC) intervention activities for the EFL Japanese university context

      Garvey, K, Eades, J

      RILS Journal28   30 - 45   2018年8月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      添付ファイル: Garvey, K. & Eades, J (2018) Willingness to Communicate.pdf

      researchmap

    • Report on a Professional Development Workshop: Managing a Student-centered Conversation-based Lesson 招待有り

      ガービー ケビン

      KOTESOL 2016 Proceedings  

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

      添付ファイル: KOTESOL Proceedings 2016 Article.docx

      researchmap

    講演・口頭発表等

    お問い合わせ先
    外部の方
    学内の方