2024/02/23 更新

写真b

ショウ イチナギサ
章 逸汀
ZHANG Yiting
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
理学部 化学科
職名*
助教
研究キーワード
  • センチネルリンパ節

  • 近赤外蛍光イメージング

  • 薬物動態

  • ドラッグデリバリーシステム

  • 腫瘍治療

  • マイクロ流体デバイス

  • コロイド化学

  • 学内職務経歴*
    • 2023年4月 - 現在 
      理学部   化学科   助教
     

    研究分野

    • ライフサイエンス / 腫瘍診断、治療学

    • ナノテク・材料 / ナノマイクロシステム

    経歴

    • 2023年4月 - 現在 
      立教大学   理学部化学科   助教

      詳細を見る

      国名:日本国

      researchmap

    • 2021年4月 - 2023年3月 
      東京大学   大学院総合文化研究科 広域科学専攻相関基礎科学系   特任研究員

      詳細を見る

      国名:日本国

      researchmap

    • 2018年4月 - 2021年3月 
      独立行政法人日本学術振興会   特別研究員   DC1

      詳細を見る

      国名:日本国

      researchmap

    学歴

    • 2017年4月 - 2021年3月 
      千葉大学   大学院 医学薬学府   先端医学薬学専攻 博士課程

      詳細を見る

      国名: 日本国

      備考: 博士課程

      researchmap

    • 2015年4月 - 2017年3月 
      千葉大学   大学院 工学研究科   人工システム科学専攻 修士課程

      詳細を見る

      国名: 日本国

      備考: 修士課程

      researchmap

    • 2011年4月 - 2015年3月 
      千葉大学   工学部   メディカルシステム工学科

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    • 2007年4月 - 2010年3月 
      群馬県立前橋高等学校

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    論文

    • A Practical Guide to Preparation and Applications of Giant Unilamellar Vesicles Formed via Centrifugation of Water-in-Oil Emulsion Droplets 査読有り

      Yiting Zhang, Haruto Obuchi, Taro Toyota

      Membranes13 ( 4 ) 440 - 440   2023年4月18日

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

      Giant vesicles (GVs), which are closed lipid bilayer membranes with a diameter of more than 1 μm, have attracted attention not only as model cell membranes but also for the construction of artificial cells. For encapsulating water-soluble materials and/or water-dispersible particles or functionalizing membrane proteins and/or other synthesized amphiphiles, giant unilamellar vesicles (GUVs) have been applied in various fields, such as supramolecular chemistry, soft matter physics, life sciences, and bioengineering. In this review, we focus on a preparation technique for GUVs that encapsulate water-soluble materials and/or water-dispersible particles. It is based on the centrifugation of a water-in-oil emulsion layered on water and does not require special equipment other than a centrifuge, which makes it the first choice for laboratory use. Furthermore, we review recent studies on GUV-based artificial cells prepared using this technique and discuss their future applications.

      DOI: 10.3390/membranes13040440

      researchmap

    • [Original] Release of liposomally formulated infrared fluorescent probes included in giant cluster vesicles by ultrasound irradiation 査読有り

      K. Seo, Y. Zhang, T. Toyota, H. Hayashi, S. Hirata, T. Yamaguchi, K. Yoshida

      Ultrasonics134   107102   2023年

      詳細を見る

      掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.1016/j.ultras.2023.107102

      Scopus

      PubMed

      researchmap

    • Stannous colloid mixed with indocyanine green as a tracer for sentinel lymph node navigation surgery 査読有り

      Yiting Zhang, Tomoya Uehara, Taro Toyota, Ryusuke Endo, Hisahiro Matsubara, Hideki Hayashi

      Scientific Reports12 ( 1 )   2022年10月12日

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

      Abstract

      The combined use of a vital dye and radioactive colloid reportedly performs better in detecting sentinel lymph nodes (SLNs) for cancers than the use of either of them alone. However, especially for gastric cancer, two endoscopic procedures are required to administer these two tracers, which burdens the patients and practitioners. Here we propose the use of stannous colloid (SnC) mixed with indocyanine green (ICG) as a new mixed tracer (SnC–ICG); its characteristics were investigated in vivo and in vitro to estimate its usefulness for SLN navigation. The tracers were administered to rats and the accumulation of radioactivity and/or near-infrared fluorescence were evaluated in the regional lymph nodes (LNs) using single positron emission computed tomography and near-infrared fluorescence imaging, respectively. SnC–ICG showed significantly better clearance from the injection site and better migration to primary LNs than the single administration of SnC or ICG aqueous solution. SnC–ICG demonstrated a wide particle size variability, stabilized to 1200-nm upon the addition of albumin in vitro; These properties could contribute to its behavior in vivo. The use of SnC–ICG could contribute better performance to detect SLNs for gastric cancer with less burden on both patients and medical practitioners.

      DOI: 10.1038/s41598-022-21420-z

      researchmap

      その他リンク: https://www.nature.com/articles/s41598-022-21420-z

    • Identifying and Manipulating Giant Vesicles: Review of Recent Approaches 招待有り 査読有り

      Taro Toyota, Yiting Zhang

      Micromachines13 ( 5 ) 644 - 644   2022年4月19日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

      Giant vesicles (GVs) are closed bilayer membranes that primarily comprise amphiphiles with diameters of more than 1 μm. Compared with regular vesicles (several tens of nanometers in size), GVs are of greater scientific interest as model cell membranes and protocells because of their structure and size, which are similar to those of biological systems. Biopolymers and nano-/microparticles can be encapsulated in GVs at high concentrations, and their application as artificial cell bodies has piqued interest. It is essential to develop methods for investigating and manipulating the properties of GVs toward engineering applications. In this review, we discuss current improvements in microscopy, micromanipulation, and microfabrication technologies for progress in GV identification and engineering tools. Combined with the advancement of GV preparation technologies, these technological advancements can aid the development of artificial cell systems such as alternative tissues and GV-based chemical signal processing systems.

      DOI: 10.3390/mi13050644

      researchmap

    • 油中水滴エマルションで調製するジャイアントベシクルに対する油性分散媒の影響

      豊田太郎, 章逸汀

        71 ( 1・2 ) 83 - 89   2022年1月

      詳細を見る

      記述言語:日本語  

      researchmap

    • Fluorescence intensity changes depending on viscoelasticity of lipid shell coating microbubbles labeled with an indocyanine green derivative 査読有り

      K. Yoshida, M. Ebata, C. Kaneko, Y. Zhang, Y. Shibata, K. Saito, T. Toyota, H. Hayashi, T. Yamaguchi

      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS60 ( SD )   2021年7月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

      Lipid-coated microbubbles (MBs) with an indocyanine green (ICG) derivative were fabricated for ultrasound and near-infrared (NIR) fluorescence dual imaging. We characterized the NIR-fluorescence intensity, stability and viscoelastic properties of the encapsulating lipid shell, focusing on the influence of the ICG derivative and lipid compositions. In terms of the NIR fluorescence intensity, the fluorescence intensity of the MBs (with the ICG derivative) was significantly affected by the lipid composition of the MB shell. Regarding the contrast agent used for ultrasound imaging, the stability of the MBs and viscoelastic properties of shell also depended on the lipid compositions, while the incorporation of the ICG derivative into the MB shells had a negligible effect. The performance of this contrast agent for ultrasound and NIR fluorescence dual-imaging exhibited a significant trade-off relationship for the lipid composition.

      DOI: 10.35848/1347-4065/abf2ab

      researchmap

    • The Use of Giant Vesicles for Medical Applications: A Trend in the Last Decade 査読有り

      Taro Toyota, Yiting Zhang, Hideki Hayashi

      Sensors and Materials33 ( 1 ) 261 - 261   2021年1月22日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MYU K.K.  

      DOI: 10.18494/sam.2021.3072

      researchmap

    • Biodistribution of liposomes in the lymphatics according to particle size(リポソームの粒子径とそのリンパ系内動態に関する検討) 査読有り

      章 逸汀, 豊田 太郎, 松原 久裕, 林 秀樹

      リンパ学40 ( 1 ) 23 - 30   2017年6月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

      researchmap

    • [Proceeding] Destruction of giant cluster-like vesicles assisted by contrast agent under 2.8 MHz ultrasound 査読有り

      K. Yoshida, R. Yahagi, Y. Zhang, M. Ebata, T. Toyota, T. Yamaguchi, H. Hayashi

      IEEE Int. Ultrason. Symp. IUS   4   2017年

    • Destruction of giant cluster-like vesicles by an ultrasonically activated device 査読有り

      Ryosuke Yahagi, Kenji Yoshida, Yiting Zhang, Masahiko Ebata, Taro Toyota, Tadashi Yamaguchi, Hideki Hayashi

      JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS55 ( 7 )   2016年7月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

      In this paper, we propose a technically simple method of destroying a tissue marker composed of giant cluster-like vesicles (GCVs) to facilitate laparoscopic surgeries; the method releases various biological tracers contained in GCVs. An ultrasonically activated device (USAD) emitting 55.5 kHz ultrasound was employed for this purpose. Optical microscopy and fluorospectrophotometry revealed the destruction of GCVs after ultrasound irradiation when the blade tip was set 1.0 mm or closer to, but not directly in contact with, a GCV-containing cell. This means that USAD could be safely used for destroying this GCV tissue marker in clinical settings. (C) 2016 The Japan Society of Applied Physics

      DOI: 10.7567/JJAP.55.07KF21

      researchmap

    ▼全件表示

    書籍等出版物

    • エマルションの安定化のための新しい調製技術と評価

      章 逸汀, 小淵 晴仁, 吉田 憲司, 林 秀樹, 豊田 太郎( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第5章 医薬品におけるエマルションの調製と安定化、3節 油中水滴エマルションで作製した機能化ジャイアントベシクルのバイオ応用)

      技術情報協会  2022年10月31日  ( ISBN:9784861049002

      詳細を見る

    • Molecular Robotics: An Introduction

      T. Toyota, Y. Zhang( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 7.2 Giant Vesicle Application Linked to Biological Systems, pp.258-267)

      Springer Nature Singapore Pte Ltd (S. Murata ed.)  2022年8月  ( ISBN:9789811939860

      詳細を見る

    講演・口頭発表等

    • マイクロ流体デバイス内に捕捉されたコレステロール含有/未含有 ジャイアントベシクルのßシクロデキストリン誘導体応答

      章逸汀, 小淵晴仁, 濵田省吾, 杉山博紀, 村田智, 豊田太郎

      化学とマイクロ・ナノシステム学会 第47回研究会  2023年5月13日 

      詳細を見る

      開催年月日: 2023年5月13日 - 2023年5月14日

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Construction of a microfluidic device for the triad formation of uniformly sized liposomes

      Yiting Zhang, Shogo Hamada, Yuktesh Balaji, Hironori Sugiyama, Satoshi Murata, Taro Toyota

      International Workshop on Molecular Cybernetics: Toward Chemical AI  2022年3月14日 

      詳細を見る

      開催年月日: 2022年3月14日 - 2022年3月15日

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • インドシアニングリーンを配合したスズコロイド製剤のリンパ動態に関する検討 招待有り

      章 逸汀

      日本蛍光ガイド手術研究会 第4回学術集会  2021年5月14日 

      詳細を見る

      開催年月日: 2021年5月14日 - 2021年5月15日

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • センチネルリンパ節ナビゲーションのためのICGを組み込んだ錫コロイドの基礎解析(Fundamental analysis of tin colloid incorporated with ICG for sentinel lymph node navigation)

      Zhang Yiting, Kano Masayuki, Matsubara Hisahiro, Hayashi Hideki

      日本内視鏡外科学会雑誌  2021年3月  (一社)日本内視鏡外科学会

      詳細を見る

      開催年月日: 2021年3月 - 2021年3月

      記述言語:英語  

      researchmap

    • リピッドバブルを覆うリン脂質膜の粘弾的性質の実験的評価

      金兒千晶, 章逸汀, 豊田太郎, 林秀樹, 山口匡, 吉田憲司

      日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)  2021年 

      詳細を見る

      開催年月日: 2021年 - 2021年

      researchmap

    • 巨大ベシクルに内包されたトレーサー粒子の放出制御に関する基礎検討

      瀬尾康太, 章逸汀, 豊田太郎, 林秀樹, 山口匡, 吉田憲司

      日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)  2021年 

      詳細を見る

      開催年月日: 2021年 - 2021年

      researchmap

    • 超音波・近赤外蛍光デュアルイメージング用造影剤の安定性の実験的検討

      金兒千晶, 章逸汀, 豊田太郎, 林秀樹, 山口匡, 吉田憲司

      超音波医学 Supplement  2021年 

      詳細を見る

      開催年月日: 2021年 - 2021年

      researchmap

    • インドシアニングリーンを配合したスズコロイド製剤の物理特性に関する検討 招待有り

      章 逸汀

      日本蛍光ガイド手術研究会 第3回学術集会  2020年10月16日 

      詳細を見る

      開催年月日: 2020年10月16日 - 2020年10月17日

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 非特異的免疫賦活剤を用いた光免疫療法に関する基礎的検討

      章 逸汀, 林 秀樹

      千葉医学雑誌  2020年8月  千葉医学会

      詳細を見る

      開催年月日: 2020年8月 - 2020年8月

      記述言語:日本語  

      researchmap

    • 胃癌に対する色素法・RI法併用センチネルリンパ節ナビゲーションの至適トレーサー調整法の検討

      章 逸汀, 加野 将之, 松原 久裕, 林 秀樹

      日本内視鏡外科学会雑誌  2019年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

      詳細を見る

      開催年月日: 2019年12月 - 2019年12月

      記述言語:日本語  

      researchmap

    • Fundamental analysis of Near-infrared and Ultrasound hibrid contrast agents targeting the Sentinel lymph node

      International Symposium on Medical Ultrasonics in Chiba  2019年11月28日 

      詳細を見る

      開催年月日: 2019年11月28日 - 2019年11月28日

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Development of multimodal nanocarrier for sentinel lymph node mapping and cancer immunotherapy agents

      Yiting Zhang, Hideki Hayashi

      Fourth International Symposium on Multimodal Medical Engineering  2019年8月30日 

      詳細を見る

      開催年月日: 2019年8月30日 - 2019年8月30日

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 悪性疾患に対する光免疫療法を用いた基礎検討

      章 逸汀, 林 秀樹

      第17回千葉大学医工学シンポジウム  2019年 

      詳細を見る

      開催年月日: 2019年 - 2019年

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Development of an anti-tumor immunotherapy exploiting sentinel lymph node environment 招待有り

      Yiting Zhang, Taro Toyota, Yuki Tange, Hisahiro Matsubara, Hideki Hayashi

      SHOUTH AFRICA-JAPAN Bilateral Symposium 2018  2018年10月24日 

      詳細を見る

      開催年月日: 2018年10月22日 - 2018年10月26日

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

      researchmap

    • Analysis of lymphatic biodistribution of liposomes with the use of a hydrophobic form of indocyanine green derivative

      Yiting Zhang, Taro Toyota, Yuki Tange, Hisahiro Matsubara, Hideki Hayashi

      International Sentinel Node Society Biennial Meeting 2018 (ISNS2018)  2018年10月11日 

      詳細を見る

      開催年月日: 2018年10月11日 - 2018年10月13日

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • Destruction of Giant Cluster-Like Vesicles Assisted by Contrast Agent under 2.8 MHz Ultrasound Irradiation

      K. Yoshida, T. Yamaguchi, H. Hayashi, R. Yahagi, Y. Zhang, M. Ebata, T. Toyota

      2017 IEEE INTERNATIONAL ULTRASONICS SYMPOSIUM (IUS)  2017年  IEEE

      詳細を見る

      開催年月日: 2017年 - 2017年

      記述言語:英語  

      Giant cluster-like vesicles (GCVs) encapsulating near-infrared fluorescent liposomes and X-ray contrast agents coated with lipids can play a multifunctional role, e.g. preoperatively and intraoperatively localizing tumors and reservoir of a fluorescent tracer for detecting sentinel lymph nodes if they are destroyed. We propose the method to assess the destruction of GCVs using the interaction between the ultrasound (US) and ultrasound contrast agents (UCAs). The GCVs were exposed to 2.8 MHz ultrasound with commercial UCA solution. The negative peak pressure of ultrasound was 0, 0.06, 0.56, 1.1 and 1.6 MPa. The measurements of radii of GCVs was conducted after ultrasound exposure. The result demonstrated that bigger GCVs are split to become many smaller GVs. The results indicated that the interaction between US and UCA enhances the destruction of bigger GCVs and increased the amount of smaller GCVs.

      researchmap

    • リポソームの粒子径とリンパ節滞留性に関する検討

      章逸汀

      第40回日本リンパ学会総会  2016年6月24日 

      詳細を見る

      開催年月日: 2016年6月24日 - 2016年6月25日

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 1P5-13 超音波照射による消化管腫瘍局在化のための組織マーカー破壊に関する研究

      矢作 亮介, 吉田 憲司, 章 逸汀, 江畠 将彦, 豊田 太郎, 山口 匡, 林 秀樹

      超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集  2015年11月5日  超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会

      詳細を見る

      開催年月日: 2015年11月5日 - 2015年11月5日

      記述言語:英語  

      researchmap

    • 各種エネルギーデバイスのピットフォールと適切な使用方法 腹腔鏡下胃癌手術後の膵液瘻 超音波凝固切開装置の関与について

      林 秀樹, 高 涛, 大友 修平, 矢作 亮介, 章 逸汀, 山口 匡, 羽成 直行, 郡司 久, 加野 将之, 早野 康一, 松原 久裕

      日本臨床外科学会雑誌  2015年10月  日本臨床外科学会

      詳細を見る

      開催年月日: 2015年10月 - 2015年10月

      記述言語:日本語  

      researchmap

    • 疎水性インドシアニングリーン誘導体のセンチネルリンパ節同定における有用性の検討

      章 逸汀, 矢作亮介, 大友修平, 高 涛, Lau Bik Ee, 豊田太郎, 林 秀樹, 松原久裕

      第7回蛍光Navigation Surgery研究会  2014年10月18日 

      詳細を見る

      開催年月日: 2014年10月18日 - 2014年10月18日

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    ▼全件表示

    所属学協会

    • 2023年9月 - 現在 
      日本分析化学会

      詳細を見る

    • 2023年4月 - 現在 
      化学とマイクロ・ナノシステム学会

      詳細を見る

    • 2019年7月 - 現在 
      日本内視鏡外科学会

      詳細を見る

    • 2016年9月 - 現在 
      日本リンパ学会

      詳細を見る

    共同研究・競争的資金等の研究

    • センチネルリンパ節理論に基づく新規光応答性免疫誘導システムに関する基礎的検討

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費 

      章 逸汀

      詳細を見る

      2018年4月 - 2021年3月

      課題番号:18J21091

      配分額:1200000円 ( 直接経費:1200000円 )

      当該年度の研究計画を踏まえ以下を行った
      (1)光免疫療法検討のための腫瘍転移モデルマウス作成
      (2)近赤外蛍光色素配合リポソーム(LP-ICG-C18)の一重項酸素発生と近赤外光照射時間検討
      (1)はC3H/HeNマウス右側腹部リンパ管近傍皮下に同系のSCCVII腫瘍細胞を移植後、腫瘍直径10mm程度で右腋窩リンパ節を摘出。摘出リンパ節を酵素キット等で単細胞懸濁液化して再培養後Day15以降で腫瘍細胞が確認され、上記手法で再移植したところ腫瘍の再形成が認められた。高率転移細胞株獲得のため上記操作を繰り返し5代目細胞株まで取得した。一方転移リンパ節の組織解析も行なったがHE染色で扁平上皮性細胞の浸潤領域は確認できず、AE1/AE3抗体の免疫化学染色では一部集積箇所を認めた。並行で先行文献に倣いTGFb1領域を含めたプラスミドベクターの遺伝子導入によるSCCVII細胞株作成も行った。プラスミドはeGFP領域を含み、共焦点蛍光顕微鏡で経時観察を行ったところDay3で蛍光化細胞の発現が確認され、Day8までに60%confluence程度の増殖蛍光細胞が確認された。
      (2)は照射面パワー密度が約30mW/cm2程度の近赤外光レーザー(808nm)を使用し、一重項酸素と会合することで吸光度が低減する1,3-ジフェニルイソベンゾフラン(DPBF)を用いた吸光光度法で検討を行った。照射時間を最大30minとしたところDPBFの吸光度(410nm付近)で最大90%程度の低下が見られ、一重項酸素の発生を確認した。また照射時間で対数関数的な吸光度低減を示し、10分以降で吸光度低減量の鈍化が見られた。LP-ICG-C18の吸光度(790nm付近)も同様な鈍化傾向であったことから一重項酸素発生量はLP-ICG-C18の残存量に依存することが考えられ、生体に対しても至適な照射時間が推察される結果となった。

      researchmap

    お問い合わせ先
    外部の方
    学内の方