2024/02/15 更新

写真b

リベイロ ディルトン
リベイロ ディルトン
RIBEIRO, Dilton
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
法学部 国際ビジネス法学科
職名*
特任准教授
学位
Master of Arts - M.A. ( 2019年6月   国際基督教大学 ) / Ph.D. ( 2011年11月 ) / Master of Laws - LL.M. ( 2011年2月   University of Manitoba ) / B.A. ( 2007年7月 )
研究キーワード
  • Constitutional Law

  • Law and Justice

  • Philosophy and History of Law

  • Peace Studies

  • International Law

  • Human Rights

  • 憲法

  • 法と正義

  • 法の歴史

  • 法哲学

  • 平和研究

  • 国際法

  • 人権

  • 学内職務経歴*
    • 2023年4月 - 現在 
      法学部   国際ビジネス法学科   特任准教授
     

    研究分野

    • 人文・社会 / 公法学

    • 人文・社会 / 国際法学

    • 人文・社会 / 哲学、倫理学

    • 人文・社会 / 国際関係論

    • 人文・社会 / 基礎法学

    • 人文・社会 / 新領域法学

    ▼全件表示

    経歴

    • 2022年3月 - 現在 
      立教大学   法学部   特任教授

      詳細を見る

    • 2019年9月 - 2022年8月 
      国際基督教大学   教養学部 アーツ・サイエンス学科   特任助教

      詳細を見る

    • 2018年4月 - 2019年8月 
      国際基督教大学   教養学部 アーツ・サイエンス学科   ティーチング・アシスタント(TA)

      詳細を見る

    学歴

    • 2017年9月 - 2019年6月 
      国際基督教大学   アーツ・サイエンス研究科公共政策・社会研究専攻

      詳細を見る

    • 2011年9月 - 2015年10月 
      Queen's University

      詳細を見る

    • 2009年9月 - 2011年2月 
      University of Manitoba

      詳細を見る

    • 2002年3月 - 2007年7月 
      State University of Southwest Bahia

      詳細を見る

    論文

    • An Advocacy Coalition Analysis of the Game RapeLay: The Regulation or Not of Sexual Violence and Virtual Child Pornography in Japan

      Rocha Ferraz Ribeiro, Dilton

      Civitas20 ( 3 ) 454 - 463   2020年

      詳細を見る

      記述言語:英語   出版者・発行元:Civitas  

      researchmap

    講演・口頭発表等

    • The Challenges of Law and Law School Life

      Rocha Ferraz Ribeiro, Dilton

      2019-2020 Introduction to Law Conference  2019年8月9日  State University of Southwest Bahia - Faculty of Law

      詳細を見る

      会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    所属学協会

    共同研究・競争的資金等の研究

    • Freedom of Expression in Japan, Artistic Work and Legal Interpretation

      詳細を見る

      資金種別:競争的資金

      This research project seeks to understand how Japanese courts imposed limitations on artistic expression considering codified limitations - such as Article 175 of the Criminal Code - and freedom of expression as a constitutionally protected right enshrined in Article 21 of the Constitution. To circumvent constitutional constraints, limitations on artistic work are mainly twofold: criminal (no obscenity allowed) and self-made (through representative organizations).
      The current research seeks to understand how courts limit artistic works such as "Chatterley’s Lover", "In the Realm of the Senses", and "Mapplethorpe". Moreover, this research project also analyzes the work of self-censoring organizations.

      researchmap

    • The Interpretation of Human Rights Treaties before Regional Courts

      詳細を見る

      資金種別:競争的資金

      This research seeks to analyze how the Inter-American Court of Human Rights and the European Court of Human Rights interpret their respective treaties and apply them in concrete cases. The specific focus is when Courts deal with issues concerning minorities (e.g., gender minorities, religious minorities, indigenous peoples), when there is no consensus on interpretation, and when the issue before the court does not have a clear answer in the treaty.
      This research follows a legal analysis of case laws, doctrine, and jurisprudential discussions on treaty application and interpretation.

      researchmap

    • 石ノ森章太郎と丹羽庭の作品における正義と平和の思想。

      詳細を見る

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    お問い合わせ先
    外部の方
    学内の方