2024/02/01 更新

写真b

イシカワ リョウコ
石川 良子
ISHIKAWA Ryoko
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
社会学部 社会学科
社会学研究科 社会学専攻 博士課程後期課程
社会学研究科 社会学専攻 博士課程前期課程
職名*
教授
学内職務経歴*
  • 2023年9月 - 現在 
    社会学部   社会学科   教授
  • 2023年9月 - 現在 
    社会学研究科   社会学専攻 博士課程前期課程   教授
  • 2023年9月 - 現在 
    社会学研究科   社会学専攻 博士課程後期課程   教授
 

共同研究・競争的資金等の研究

  • 訪問と居場所による社会的孤立者援助ガイドライン及び普及プログラムの開発と効果検証

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 

    船越 明子, 斎藤 まさ子, ヨン キム・フォン・ロザリン, 川北 稔, 石川 良子, 宮本 有紀, 秋山 美紀

    詳細を見る

    2021年4月 - 2025年3月

    課題番号:21H03272

    配分額:10270000円 ( 直接経費:7900000円 、 間接経費:2370000円 )

    researchmap

  • 現代日本における労働倫理の再編と新しい生き方の可能性-「ひきこもり」を手がかりに

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 

    石川 良子

    詳細を見る

    2010年 - 2012年

    課題番号:10J05313

    配分額:2700000円 ( 直接経費:2700000円 )

    本研究は「ひきこもり」の当事者やその家族にインタビューを行ない、そこでの語りをライフストーリー研究の見地から読み解くことを通じて、不安定化・流動化が増すばかりの現代日本社会における働き方や生き方を問い直そうとするものである。24年度は東京・神奈川でのフィールドワークを継続しながら以下のことを行った。
    第一に、「ひきこもり」問題の新たな展開を踏まえて「『ひきこもり』の当事者は何から排除されているのか」と題する論文を発表し、当事者は雇用や社会保障のみならず日々の相互行為においても排除されていることを明らかにした(稲垣恭子編著『教育における包摂と排除-もうひとつの若者論』明石書店に収録)。以上と並行して、不登校・「ひきこもり」を経験したある一家へのインタビューの論文化、および当事者・経験者への追跡インタビューの書籍化に向けて作業を進めている。
    第二に、23年度から引き続き調査方法論に取り組み、24年度は調査倫理の問題を検討した。日本社会学会倫理委員会が年次大会で企画したテーマセッションにおいて「調査は迷惑行為か-調査者の倫理と<ひと>の倫理」と題する報告を行ない、社会が大きく変動して学問の社会的位置づけが変わりつつあるなか、調査者-被調査者関係において新たに浮上してきている問題を指摘した。本報告の内容は『社会と調査』で論文化する予定である。
    第三に、親の会や家族向けの研修会で講演したり、当事者向けイベントの企画に加わったりするなど、これまでの研究成果を社会還元できるように努めた。

    researchmap

お問い合わせ先
外部の方
学内の方