2021/06/22 更新

写真b

エダモト カズユキ
枝元 一之
EDAMOTO Kazuyuki
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
理学部 化学科
理学研究科 化学専攻博士課程後期課程
理学研究科 化学専攻博士課程前期課程
職名*
教授
学位
理学博士 ( 京都大学 )
連絡先
メールアドレス
研究テーマ*
  • 表面化学。超高真空系内でさまざまにデザインされた固体表面を作成し、光電子分光を主体として電子線回折、昇温脱離分光などを組み合わせた複合表面分析手段によりそれらの物性、反応性を研究する。特に、表面電子状態と表面反応性の相関を解明することにより、表面の示す反応性の本質を明らかにすることを目標としている。

  • 研究キーワード
  • 表面化学

  • 学内職務経歴*
    • 2004年10月 - 現在 
      理学部   化学科   教授
    • 2004年10月 - 現在 
      理学研究科   化学専攻博士課程前期課程   教授
    • 2004年10月 - 現在 
      理学研究科   化学専攻博士課程後期課程   教授
     

    研究分野

    • ナノテク・材料 / 機能物性化学

    経歴

    • 2004年10月 - 現在 
      立教大学   理学部 化学科   教授

      詳細を見る

    • 2004年10月 - 現在 
      立教大学   理学研究科 化学専攻博士課程後期課程   教授

      詳細を見る

    • 2004年10月 - 現在 
      立教大学   理学研究科 化学専攻博士課程前期課程   教授

      詳細を見る

    • 1998年4月 - 2004年9月 
      東京工業大学 理工研究科 物質科学専攻   助教授

      詳細を見る

    • 1998年4月 - 2004年9月 
      東京工業大学 理工研究科 物質科学専攻   助教授

      詳細を見る

    • 1993年10月 - 1998年3月 
      東京工業大学 理学部 化学科   助教授

      詳細を見る

    • 1987年10月 - 1993年9月 
      東京工業大学 理学部 化学科   助手

      詳細を見る

    • 1986年4月 - 1987年9月 
      東京工業大学 理学部 化学科   技官

      詳細を見る

    ▼全件表示

    学歴

    • - 1986年3月 
      京都大学   理学研究科

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    • - 1986年3月 
      京都大学   理学研究科   化学専攻

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    • - 1986年3月 
      京都大学   理学研究科   化学専攻

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    • - 1983年3月 
      京都大学   理学研究科   化学専攻

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    • - 1983年3月 
      京都大学   理学研究科   化学専攻

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    • - 1981年3月 
      京都大学   理学部   化学科

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    ▼全件表示

    委員歴

    • 2001年6月 - 現在 
      日本表面科学会   評議員

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 1997年6月 - 2001年5月 
      日本表面科学会   理事

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2000年4月 - 2001年3月 
      日本表面科学会   講演大会委員長

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 1991年6月 - 2000年5月 
      日本表面科学会   会誌編集委員

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    受賞

    • 1991年12月  
      日本表面科学会  日本表面科学会 奨励賞 
       
      枝元一之

      詳細を見る

      受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

      受賞国:日本国

      researchmap

    論文

    • Ni2P(10-10)単結晶表面の角度分解・共鳴光電子分光 査読有り

      枝元一之, 猪股裕幸, 安野信行, 小澤健一, 中川雄太, 朝倉清高, 大谷茂樹

      表面科学31 ( 7 ) 324 - 330   2010年7月10日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Electronic structure of Ni2P(10-10) surface: Angle-resolved photoemission study (共著) 査読有り

      「K. Edamoto」「H. Inomata」「K. Ozawa」「Y. Nakagawa」「K. Asakura」「S. Otani

      Solid State Communications150 ( 25-26 ) 1120 - 1123   2010年4月7日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.106/j.ssc.2010.03.026

      researchmap

    • Electronic structures of the suboxide films formed on TiC(100) and ZrC(100) surfaces: Density functional theory studies 査読有り

      「T. Shimada」「K. Imamura」「K. Edamoto」「H. Orita」

      Surface Science603   2340 - 2344   2009年6月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.1016/j-susc.2009.05.018

      researchmap

    • Formation and characterization of the Cu2O overlayer on Zn-terminated ZnO(0001) 査読有り

      「K. Ozawa」「Y, Oba」「K. Edamoto

      Surface Science603   2163 - 2170   2009年5月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.1016/j-susc.2009.04.027

      researchmap

    • Valence-band structure of the polar ZnO surfaces studied by angle-resolved photoelectron spectroscopy 査読有り

      K. Ozawa, Y. Oba, K. Edamoto, M. Higashiguchi, Y. Miura, K. Tanaka, K. Shimada, H. Namatame, M. Taniguchi

      PHYSICAL REVIEW B79 ( 7 ) 075314-1 - 075314-7   2009年2月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSICAL SOC  

      Valence-band structures of the polar ZnO surfaces, i.e., ZnO(0001)-Zn and ZnO(000 (1) over bar)-O, have been investigated by angle-resolved photoelectron spectroscopy utilizing synchrotron radiation. On the (1x1) O-terminated surface, surface-localized states forming dispersing bands with a (1x1) periodicity are identified at the upper portion of the valence-band region. The energetic position of these states and the fact that their photoemission intensities are sensitive to gas adsorption suggest that there is a contribution from the O 2p dangling-bond orbital of the surface O atoms. Comparing the valence-band structure of the (000 (1) over bar)-O surface with that of the (0001)-Zn surface, a deviation of the electronic structure in the near surface region from that in the bulk is found to be larger on (0001)-Zn than on (000 (1) over bar)-O. The role of the step structures, which exist on both polar surfaces but with much higher density on the (0001)-Zn surface, in the modification of the electronic structure is discussed.

      DOI: 10.1103/PhysRevB.79.075314

      researchmap

    • A theoretical study of O/Ti Co-adsorption on Ag(100) 査読有り

      Kenji Imamura, Homare Kaneko, Kenichi Ozawa, Kazuyuki Edamoto

      e-Journal of Surface Science and Nanotechnology7   7 - 12   2009年1月10日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      The co-adsorption of titanium atoms and oxygen molecule on the Ag(100) cluster surface has been investigated by the density functional theory calculation. In order to achieve the convergence of a self-consistent-field (SCF) iteration, the approach using the pseudo-fractional occupation number (pFON) or the quadratically convergent SCF (QCSCF) approach is employed in this study. First, we investigated the adsorption of nTi atoms (n = 1-4) on Ag(100), and found that any bonding orbitals between Ti and Ag atoms were not formed and the systems were stabilized by the formation of Ti-Ti bonds. As the Ti-precovered surfaces were interacted with O2, we found that oxygen adsorbs both molecularly and dissociatively at n ≤ 2, while the adsorbed oxygen always dissociates at n ≥ 3. At n ≥ 3, the dissociated O atoms form a TiO-chain or a TiO-cyclic unit. We also revealed that the formation of Ti-O-Ti bond is essential for the stabilization of O2/nTi/Ag(100) systems. © 2009 The Surface Science Society of Japan.

      DOI: 10.1380/ejssnt.2009.7

      Scopus

      researchmap

    • Valence and core-level photoelectron spectroscopy study of the electronic structure of Ni2P (0001) 査読有り

      Kazuyuki Edamoto, Hiroyuki Inomata, Toru Shimada, Ken-Ichi Ozawa, Shigeki Otani

      e-Journal of Surface Science and Nanotechnology7   1 - 6   2009年1月10日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      The electronic structure of Ni2P(0001) has been investigated by photoelectron spectroscopy utilizing synchrotron radiation. In the valence band spectra, a Ni 3d-P 3p hybrid band (main band) and a satellite were observed at 0-4 eV and at 8 eV, respectively. The satellite showed a, resonant behavior around the Ni 3p threshold, and is associated with the photoemission leading to the two-hole bound final state. From the analysis of the anti-resonance dip of the main band intensity, the Ni 3d component was proved to be included in the whole binding energy region of the main band. In the P 2p core-level spectra, the surface-shifted 2p levels were resolved from the bulk 2p levels, while the surface-shifted peaks were not found in Ni 3p spectra. The binding energies of the surface-shifted P 2p levels were lower than those of the bulk components by ∼1 eV. The surface-shifted levels were attributed to the 2p levels of the surface P atoms which take on a six-fold coordination. © 2009 The Surface Science Society of Japan.

      DOI: 10.1380/ejssnt.2009.1

      Scopus

      researchmap

    • Oxidation of Cu on ZnO(0001)-Zn: Angle-resolved photoelectron spectroscopy and loe-energy electron diffraction study 査読有り

      「K. Ozawa」「Y, Oba」「K. Edamoto

      e-Journal of Surface Science and Nanotechnology6   226 - 232   2008年11月13日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Soft X-ray photoelectron spectroscopy study of Ni2P(0001) 査読有り

      K. Edamoto, Y. Nakadai, H. Inomata, K. Ozawa, S. Otani

      SOLID STATE COMMUNICATIONS148 ( 3-4 ) 135 - 138   2008年10月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

      The electronic structure of Ni2P(0001) has been investigated by photoemission spectroscopy (PES) utilizing synchrotron radiation. In the valence band spectra, a Ni 3d-P 3p hybrid band (main band) and a satellite were observed at 0-4 eV and at 8 eV, respectively. The satellite showed a resonant behavior around the Ni 3p threshold, and is associated with the photoemission process leading to the two-hole bound final state. The core-level PES study showed that the surface-shifted 2p levels were resolved from the bulk 2p levels, while the surface-shifted peaks were not found in Ni 3p spectra. The binding energies of the surface-shifted P 2p levels were lower than those of bulk components by similar to 1 eV. (C) 2008 Elsevier Ltd. All rights reserved.

      DOI: 10.1016/j.ssc.2008.07.037

      researchmap

    • Hybrid-DFT study for the initial oxidation steps on silicon cluster surface 査読有り

      K. Imamura, K. Edamoto, H. Tokiwa

      Applied Surface Science254   7909 - 7912   2008年10月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • The electronic structure and reactivity of the oxygen-modified Mo2C(0001) surface 査読有り

      K. Edamoto, Y. Nakadai, Y. Abe, K. Ozawa

      Applied Surface Science254   7622 - 7625   2008年10月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 角度分解光電子分光による金属/酸化物界面の研究 -Cu吸着ZnO極性表面の価電子バンド構造ー 査読有り

      小澤健一, 大場由香子, 枝元一之, 十河真生

      表面科学29 ( 7 ) 407 - 412   2008年7月10日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Electronic structure of the TiO thin film on Ag(100): Angle-resolved photoemission study 査読有り

      H. Kaneko, M. Tanaka, K. Ozawa, K. Edamoto

      SURFACE SCIENCE602 ( 13 ) 2295 - 2299   2008年7月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

      Angle-resolved photoemission spectroscopy (ARPES) has been used to study the electronic structure of the TiO film formed on a Ag(100) surface. The film was prepared by Ti deposition on Ag(100) at room temperature in an 02 atmosphere at 3.0 x 10(-9) Torr and subsequent annealing at 600 degrees C, and the film with the composition of TiO0.92 was obtained by this procedure. The conduction band and the valence band of the film are observed at 0-2 eV and 4-8 eV, respectively, and thus these bands are separated by a gap of about 2 eV. Resonant photoemission spectroscopy measurements show that the hv-dependence of the conduction band intensity shows a resonant behavior characteristic of the Ti 3d states. The two-dimensional electronic structure of the states in the conduction band along the ((Gamma X) over bar) direction of Ag(100) are measured with ARPES, and it was found that the states show dispersions consistent with the (1 x 1) periodicity. (C) 2008 Elsevier B.V. All rights reserved.

      DOI: 10.1016/j.susc.2008.05.007

      researchmap

    • Angle-resolved and resonant photoemission study of the ZrO-like film on ZrC(100) 査読有り

      K. Edamoto, T. Nagayama, K. Ozawa, S. Otani

      SURFACE SCIENCE601 ( 21 ) 5077 - 5082   2007年11月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

      Angle-resolved photoemission spectroscopy (ARPES) and resonant photoemission spectroscopy (RPES) have been used to study the electronic structure of the ZrO-Iike film formed on a ZrC(100) surface. It is found that, in addition to the O 2p band observed at 6-8 eV, states exist at 0.15 and 0.75 eV around the (M) over bar point. ARPES measurements show that the states at 0.15 and 0.75 eV disperse towards the lower binding energy side and cross the Fermi level along the (M) over bar -> (Gamma) over bar direction. RPES measurements show that the former state shows a resonant behavior characteristic of the intra-atomic Zr 4d resonance, suggesting that the state includes substantial contribution of Zr 4d orbitals. On the other hand, the latter state shows a resonant behavior similar to that of the O 2p state in ZrO. The resonance is thought to be caused through the inter-atomic deexcitation mechanism involving the emissions of O 2p electrons, and thus the latter state is ascribed to that mostly composed of the O 2p component. (C) 2007 Elsevier B.V. All rights reserved.

      DOI: 10.1016/j.susc.2007.09.010

      researchmap

    • Angle-resolved photoemission study of Cu on ZnO(10(1)over-bar0); room temperature deposition and annealing effect 査読有り

      K. Ozawa, Y. Oba, K. Edamoto

      SURFACE SCIENCE601 ( 18 ) 4053 - 4057   2007年9月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

      The valence electronic structures of the Cu-covered ZnO(1 0 1 0) surfaces have been studied by angle-resolved photoemission spectroscopy utilizing synchrotron radiation. The coverage dependent change in the Cu valence band indicates the cluster formation of Cu at room temperature. The Cu 3d state forms a band with an energy dispersion, and the coverage dependence of the Cu 3d band structure suggests that the electronic structure of the Cu cluster is initially two-dimensional and turns to be three-dimensional at high coverages. The annealing effect on the morphology and the electronic structure of the Cu clusters is also examined and discussed. (C) 2007 Elsevier B.V. All rights reserved.

      DOI: 10.1016/j.susc.2007.04.058

      researchmap

    • Oxidation of copper clusters on ZnO(1010): Effect of temperature and preadsorbed water 査読有り

      K. Ozawa, Y. Oba, K. Edamoto

      Surface Science601   3125 - 3132   2007年5月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Electronic structure of Cu on ZnO(10(1)over-bar-0): Angle-resolved photoemission spectroscopy study 査読有り

      Kenichi Ozawa, Tomohiko Sato, Yukako Oba, Kazuyuki Edamoto

      JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C111 ( 11 ) 4256 - 4263   2007年3月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

      Angle-resolved photoemission measurements are carried out to investigate the valence electronic structure of Cu on ZnO(10 $$(1) over bar0). The coverage-dependent measurements of the Cu 3d and 4sp bands reveal that the growth of the Cu overlayer is characterized by a cluster formation. These Cu clusters are semiconductors with an energy gap around the Fermi level at the initial stages of adsorption, while the metallic nature is developed with increasing coverage. The Cu 3d state forms a band with a bulklike energy dispersion at high Cu coverages, whereas the two-dimensional (2D) band is formed in the low-coverage region, where the clusters are semiconducting in nature. From the dispersion relation of the 2D Cu 3d band, the arrangement of the Cu adatoms within the clusters is found to be strongly influenced by the surface structure of ZnO(10 $$(1) over bar0), i.e., the Cu adatoms are linearly arranged along the Zn-O dimer rows of the substrate surface.

      DOI: 10.1021/jp066296y

      researchmap

    • Growth of ordered titanium oxide films on Ag(100) 査読有り

      枝元 一之

      Solid State Commun.142   32 - 35   2007年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Oxygen adsorption on a Mo 2 C(0001) surface: angle-resolved photoemission study Surf. Sci. 査読有り

      枝元 一之

      Surface Science601   201 - 208   2007年1月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Formation of oxide layer on HfC(100) surface studied by photoemission spectroscopy

      枝元 一之

      e-J. Surf. Sci. Nanotech.4   219 - 226   2006年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Growth mode and electronic structure of silver on ZnO(1010)

      枝元 一之

      Surf. Rev. Lett.13   227 - 233   2006年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Surface electronic structure of α-Mo 2 C(0001)

      枝元 一之

      Surf. Sci.600   448 - 452   2006年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Valence electronic structure of oxygen-modified α-Mo 2 C(0001)surface: angle-resolved photoemission study

      枝元 一之

      Surf. Rev. Lett.13   185 - 190   2006年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Alkali-metals on ZnO(1010) studied by low-energy electron diffraction and photoelectron spectroscopy

      枝元 一之

      e-J. Surf. Sci. Nanotech.3   299 - 310   2005年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Angle-resolved photoemission spectroscopy study of adsorption process and electronic structure of silver on ZnO(1010)

      枝元 一之

      J. Phys. Chem. B109   14619 - 14626   2005年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Angle-resolved photoemission study of the valence band structure of ZnO(1010)

      枝元 一之

      J. Phys: Condens. Matter17   1271 - 1278   2005年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Electronic structure of the Ti suboxide layer formed on a TiC(100) surface: Angle-resolved photoemission study

      枝元 一之

      Surf. Sci.584   237 - 244   2005年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Photoemission spectroscopy study of the oxidation of HfC(100)

      枝元 一之

      Appl. Surf. Sci.244   174 - 177   2005年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Chemical structure change in TOPO capped CdSe nanocrystals thin films by comparable ToF-SIMS and XPS study

      枝元 一之

      J.Surf.Anal.11   62 - 70   2004年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Electronic structure and reactivity of the TiO thin film formed on a TiC(100) surface

      枝元 一之

      Solid Films464.465   76 - 79   2004年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Electronic structure of Mo 2 C(0001) studied by resonant photoemission spectroscopy

      枝元 一之

      Solid State Commun.131   245 - 249   2004年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Oxidation process of Mo 2 C(0001) studied by photoelectron spectroscopy

      枝元 一之

      Appl.Surf.Sci.237   498 - 503   2004年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Photoelectron spectroscopy study of oxygen adsorption on Mo 2 C(0001)

      枝元 一之

      Surf.Sci.561   101 - 109   2004年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Room temperature adsorption of NH 3 on Zn-terminated ZnO(0001)

      枝元 一之

      Appl.Surf.Sci.237   352 - 357   2004年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Valance band structure of the ZnO(1010) surface studied by angle-resolved photoemission spectroscopy

      枝元 一之

      Appl.Surf.Sci.237   343 - 347   2004年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Interaction of oxygen with the polar HfC(111) surface: angle-resolved photoemission study

      e-J. Surf. Sci. Nanotsch.1   20-25   2003年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Photoelectron spectroscopy study of the oxidation of TiC(100)

      枝元 一之

      Jpn. J. Appl. Phys.42 ( 4A ) 1725-1731 - 1731   2003年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Photoelectron spectroscopy study of the oxidation of TiC(100)

      Jpn. J. Appl. Phys.42 ( 4A ) 1725-1731   2003年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Angle-resolved photoelectron spectroscopy study of the anion-derived dangling-bond band on ZnO(1010)

      枝元 一之

      Phys.Rev.B68 ( 125417 ) 1 - 6   2003年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Interaction of oxygen with the polar HfC(111) surface: angle-resolved photoemission study

      枝元 一之

      e-J.Surf.Sci.Nanotech.1   20 - 25   2003年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Photoelectron spectroscopy study of K adsortion on ZnO(1010)

      枝元 一之

      Surf.Sci.524   78 - 88   2003年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Photoelectron spectroscopy study of the K-covered ZnO(1010) surface: anneal-induced changes in the electronic structure and the chemical composition

      枝元 一之

      Surf. Sci.547   257 - 267   2003年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Adsorption state and molecular orientation of ammonia on ZnO(1010) studied by photoelectron spectroscopy and near-edge X-ray absorption fine structure spectroscopy

      J. Phys. Chem. B106   9380-9386   2002年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Coadsorption of oxygen and cesium on ZrC(111)

      Surf. Sci.511   421-434   2002年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Interaction of water and methanol with oxygen-modified ZrC(100)

      Surf. Sci.518   225-233   2002年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Photoelectron spectroscopy study of ammonia adsorption on ZnO(1010)

      Surf. Rev. Lett.9   717-722   2002年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Surface electronic structure of HfC(111)

      Surf. Sci.498   343-349   2002年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • TMC(100) surface relaxation studied with low-energy-electron-diffraction intensity analysis

      Surf. Sci.517   59-64   2002年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Adsorption state and molecular orientation of ammonia on ZnO(1010) studied by photoelectron spectroscopy and near-edge X-ray absorption fine structure spectroscopy

      枝元 一之

      J.Phys.Chem.B106   9380 - 9386   2002年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Coadsorption of oxygen and cesium on ZrC(111)

      枝元 一之

      Surf.Sci.511   421 - 434   2002年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Electronic structure of the Zr suboxide layer formed on a ZrC(100) surface

      枝元 一之

      Surf.Sci.511   359 - 365   2002年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Interaction of water and methanol with oxygen-modefied ZrC(100) surface

      枝元 一之

      Surf.Sci.518   225 - 233   2002年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Photoelectron spectroscopy study of ammonia adsorption on ZnO(1010)

      枝元 一之

      Surf.Rev.Lett.9   717 - 722   2002年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Surface electronic structure of HfC(111)

      枝元 一之

      Surf.Sci.498   343 - 349   2002年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • TMC(100) surface relaxation studied with low-energy-electron-diffraction intensity analysis

      枝元 一之

      Surf.Sci.518   59 - 64   2002年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Photoelectron spectroscopy study of Mo2C(0001)

      A Sugihara, K Ozawa, K Edamoto, S Otani

      SOLID STATE COMMUNICATIONS121 ( 1 ) 1 - 5   2002年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

      The (0001) surface of alpha-Mo2C has been studied using low-energy electron diffraction (LEED), X-ray photoelectron spectroscopy and angle-resolved photoelectron spectroscopy. When the ion-bombarded (1 keV of Ar+) surface is annealed at 1600 K, a C-rich MOC-like surface is formed. The surface gives a complex LEED pattern composed of (1 x 1) orthorhombic spots, (2 x 2)R15degrees spots, and (4/3 x 4/3)R5degrees spots. Photon energy dependence of the normal-emission spectra is measured and it is found that the spectrum in the valence band region consists of Mo 4d band, Mo 4d-C 2p hybrid band, and C 2s band. Any peaks associated with surface states arc not found. (C) 2001 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

      DOI: 10.1016/S0038-1098(01)00446-X

      researchmap

    • Activation of ZrC(100) surface by suboxide-layer formation

      J. Surf. Sci. Soc. Jpn.22 ( 8 ) 537-539   2001年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Electronic structure of clean and H-adsorbed HfC(111) surface

      J. Surf. Sci. Soc. Jpn.22 ( 7 ) 449-454   2001年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • HfC(111)清浄表面および水素吸着面の電子状態

      表面科学22 ( 7 ) 449-454   2001年4月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Hydrogen adsorption on a HfC(111) surface: angle-resolved photoemission study

      J. Electron Spectrosc. Related Phenom.114-116   459-499   2001年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • The interaction of water with oxygen-modified ZrC(100) surfaces

      Solid State Commun.118 ( 1 ) 23-26   2001年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 亜酸化膜形成によるZrC(100)面の活性化

      表面科学22 ( 8 ) 537-539   2001年4月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Adsorption of methanol on oxygen-modified ZrC(100) and (111) surfaces

      Jpn. J. Appl. Phys.39 ( 7B ) 4331-4334   2000年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Cs adsorption on ZrC(111): photoemission spectroscopy study

      Jpn. J. Appl. Phys.39 ( 7B ) 4325-4330   2000年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Oxygen adsorption on a ZrC(111) surface: angle-resolved photoemission study

      Surf. Sci.450   27-33   2000年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Photoelectron spectroscopy study of the oxidation of ZrC(100)

      Jpn. J. Appl. Phys.39 ( 9A ) 5217-5222   2000年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Potassium adsorption on the polar ZrC(111) surface: photoemission spectroscopy study

      Surf. Sci.446   229-240   2000年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Adsorption of methanol on ZrC(100) and (111) surfaces

      Surf. Sci.433-435   180-183   1999年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Angle-resolved photoemission study of the clean and oxygen covered ZrC(111) surface

      Jpn. J. Appl. Phys.38   257-260   1999年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Angle-resolved photoemission study of the surface electronic structure of HfC(111)

      Solid State Commun.110 ( 1 ) 35-38   1999年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Interaction of oxygen with potassium-covered ZrC(111) surface: photoemission spectroscopy study

      Surf. Sci.438   223-230   1999年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Na adsorption on the polar NbC(111) surface

      Surf. Sci.419   226-235   1999年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Photoemission study of K adsorption on ZrC(111)

      Surf. Sci.433-435   700-704   1999年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Adsorption of methanol on TiC(100) and (111) surfaces

      Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena88-91   805   1998年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • O<SUB>2</SUB> adsorption on clean and K-modified ZrC(111)surfaces

      Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena88-91   801   1998年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Photoemission study of the oxidation of ZrC(1 1 1)

      T Noda, T Nakane, K Ozawa, K Edamoto, S Tanaka, S Otani

      SOLID STATE COMMUNICATIONS107 ( 4 ) 145 - 148   1998年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

      Photoemission spectroscopy (PES) has been used to study oxygen adsorption on the ZrC(111)surface between room temperature (RT) and 1000 degrees C. At RT oxygen is adsorbed dissociatively forming a (1x1)overlayer, which is accompanied by a monotonic increase in the work function (Delta phi = 1.0 eV at saturation). On the other hand, the work function decreases when the surface is reacted with oxygen at 1000 degrees C (Delta phi = -0.55 eV). PES studies were made on the adsorbed state of oxygen and it is proposed that the adsorbed oxygen atoms penetrate the surface and settle at a subsurface site at 1000 degrees C. (C) 1998 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

      researchmap

    • Na adsorption on a ZrC(100)surface

      Applied Surface Science121 ( 122 ) 142   1997年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Potassium adsorption on the polar Nbc(111) surface : angle-resolved photoemission study

      Surface Science375   250   1997年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Cs adsorption on a polar Nbc(111) surface : photoemission and Auger electron Spectroscopy studies

      Surface Science364   L612   1996年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Interaction of Hydrogen with Zrc(111) Surface:Angle-resolved Photoemission Study

      Surface Scienc351   165   1996年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Potassium adsorption on the polar Nbc(111) surface : core-level photoemission study

      Surface Science357-358   350   1996年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Surface Induced State on Zrc(111):Angle-resolved Photoemission Study

      Solid State Communications97 ( 5 ) 435   1996年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Angle-resolved Photoemission Study of the Surface Electronic Structure of Tac(111)

      Surface Scienc328 ( 3 ) 263   1995年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Interact ion of hydrogen with Tac (111) and NbC (111) surfaces : Angle-resolved photoemission study

      Physical Review B51 ( 7 ) 4516   1995年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Electronic structure of the nitride layers formed on a Si (111) Surface : Angle-resolved photoemission study

      Surface Science317 ( 1-2 ) 143   1994年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Chemisorption state of atomic oxygen on Tic (100) : Angle-resolved photoemission study

      Surface Science287-288 ( 1-3 ) 667   1993年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Angle-resolved phtoemission study of the surface state on TiC(111)

      Physical Review B46   7   1992年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Chemisorption of CO on a NbC(111)surface at 80 K : Angle-resolved photoemission study

      Journal of Chemical Physics96   1   1992年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Electronic structure of the(1x1)oxygen overlayers on TiC(111) : Angle-resolved photoemission study

      Physical Review B46   10   1992年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Hydrogen adsorption on a Tic (111) surface : Angle-resolved photoemission study

      Surface Science269-270 ( [1-3] ) 389   1992年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Oxygen adsorption on a NbC(111)surface : Angle-resolved photoemission study

      Physical Review B43   5   1991年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Angle-resolved photoemission study of Ag(111)

      Physica Scripta   41   1990年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Angle-resolved photoemission study of the surface state on NbC(111)

      Surface Science   237   1990年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Inverse photoemission spectroscopy study of the electronic structure of NbC(100)and TiC(100)surfaces

        11   8   1990年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 逆光電子分光法(IPES)によるNbC(100),TiC(100)の電子状態

      表面科学11   8   1990年4月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Electronic structure of a NbC(100)surface : Angle-resolved phtoemission study

      Physical Reveiw B39   11   1989年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Angle-resolved photoemission study of NO chemisorption on Ag(111)surface

      Surface Science   204   1988年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Vibrational electron energy loss spectroscopy of the Si(111)(7x7)-H<SUB>2</SUB>O(D<SUB>2</SUB>O)system

      Journal of Chemical Physics84   1   1986年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    ▼全件表示

    書籍等出版物

    • 表面・界面工学大系

      枝元 一之( 担当: 共著)

      フジ・テクノシステム  2005年1月1日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:その他

      researchmap

    • 表面化学の基礎と応用

      枝元 一之( 担当: 共著)

      NTS  2004年1月1日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:その他

      researchmap

    • Electric Refractory Materials

      枝元 一之, Y, Kumashiro編( 担当: 共著 ,  範囲: Surface Electronic Structures and Surface Reactivities)

      Marcel Dekker Inc.  2000年1月1日  ( ISBN:082470049X

      詳細を見る

      記述言語:英語 著書種別:学術書

      researchmap

    共同研究・競争的資金等の研究

    • 遷移金属リン化物表面の電子状態と反応性

      基礎科学研究 

      詳細を見る

      2006年4月 - 現在

      資金種別:競争的資金

      光電子分光法を用いて遷移金属リン化物表面の電子状態を解明し、これらの水素化脱硫反応に対する触媒活性の本質を解明する。

      researchmap

    • 金属表面における薄膜合成

      基礎科学研究 

      詳細を見る

      2005年4月 - 現在

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 遷移金属炭化物表面の電子状態と反応性

      基礎科学研究 

      詳細を見る

      1989年4月 - 現在

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 高融点立方晶基板を用いた亜酸化物単結晶薄膜の合成

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      詳細を見る

      2010年4月 - 2013年3月

      資金種別:競争的資金

      配分額:2220000円 ( 直接経費:1560000円 、 間接経費:660000円 )

      TiO、NbO等の4族、5族遷移金属亜酸化物は、高融点、高硬度でかつ金属的伝導性を有することが予想され、物性的に極めて興味深い。しかし、これらは大気圧下では合成困難で、特に単結晶はこれまで得られていないため、物性の詳細は不明である。本研究の目的は、これら亜酸化物と結晶性のよく適合するMo表面を基板とすることにより、これらの単結晶薄膜をエピタキシャル的に作成することにある。Moは融点が高いため、高温処理によるこれら高融点物質の結晶化が容易であると予想される。

      researchmap

    • 伝導性亜酸化物薄膜の合成とその機能性の研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      詳細を見る

      2005年4月 - 2008年3月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 伝導性亜酸化物薄膜の物性と反応性

      日本板硝子材料工学助成会  日本板硝子材料工学助成会 

      詳細を見る

      2005年4月 - 2007年3月

      資金種別:競争的資金

      配分額:2820000円 ( 直接経費:2820000円 )

      TiO等の遷移金属亜酸化物は、高融点・高硬度でかつ金属的伝導性を有する物性的に興味深い物質であるが、それらの物性を担う電子状態については、これまでほとんど実験的研究は行われていない。これは、これらは大気圧下では合成が難しく、特に単結晶はこれまでほとんど得られていないことによる。本研究では、Ag(100)基板上に酸素雰囲気下でTiを蒸着することにより、TiO単結晶薄膜をエピタキシャル的に合成することに成功した。また、得られた薄膜に角度分解光電子分光測定を行うことにより、そのバンド構造の測定に初めて成功した。

      researchmap

    • 超高真空極低温電磁場光電子走査型トンネル顕微鏡の製作

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      詳細を見る

      1998年4月 - 2001年3月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 内殻脱励起分光による表面吸着機構の解明

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      詳細を見る

      1995年4月 - 1997年3月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 金属酸化物表面における吸着メカニズム-光電子・サテライト分光による研究

      科学研究費助成事業 

      詳細を見る

      1993年4月 - 1994年3月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • Surface Chemistry

      詳細を見る

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 表面化学

      詳細を見る

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    ▼全件表示

    社会貢献活動

    • 日本表面科学学会[1991.6~2000.5 会誌編集委員][1997.6~2001.5 理事]、[2000年度 講演大会委員長]、[2001.6~評議員]

      詳細を見る

     

    お問い合わせ先
    外部の方
    学内の方