2021/06/22 更新

写真b

クリタ カズヨシ
栗田 和好
KURITA Kazuyoshi
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
理学部 物理学科
理学研究科 物理学専攻博士課程後期課程
理学研究科 物理学専攻博士課程前期課程
職名*
教授
学位
Ph.D(物理学) ( コロンビア大学(アメリカ合衆国) ) / Ph.D ( Columbia University, Graduate School of Arts and Sciences )
連絡先
メールアドレス
研究テーマ*
  • 原子核・ハドロン物理の実験的研究を「究極の物質」をキーワードに行っている。1通常の原子核を超高温または超高密度にした時の振る舞いを調べて宇宙創成初期(ビッグバン)の物質状態に迫る。2核子のスピンの担い手を探る。3通常核より中性子を多く含んだ不安定核の内部構造を探る、などがテーマ。これらの実験に必要な検出器の開発にも力を入れている。

  • 研究キーワード
  • 偏極陽子

  • 量子色力学

  • 宇宙初期

  • 重イオン反応

  • ポーラリメーター

  • 学内職務経歴*
    • 2009年4月 - 現在 
      理学部   物理学科   教授
    • 2009年4月 - 現在 
      理学研究科   物理学専攻博士課程前期課程   教授
    • 2009年4月 - 現在 
      理学研究科   物理学専攻博士課程後期課程   教授
    • 2007年4月 - 2009年3月 
      理学部   物理学科   准教授
    • 2007年4月 - 2009年3月 
      理学研究科   准教授
    • 2002年4月 - 2007年3月 
      理学部   物理学科   助教授
    • 2002年4月 - 2007年3月 
      理学研究科   助教授
     

    研究分野

    • 自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論

    経歴

    • 2018年4月 - 現在 
      立教大学   大学教育開発・支援センター   センター長

      詳細を見る

    • 2012年9月 - 現在 
      立教大学   理学部   計量管理責任者

      詳細を見る

    • 2009年4月 - 現在 
      立教大学   理学研究科 物理学専攻博士課程前期課程   教授

      詳細を見る

    • 2009年4月 - 現在 
      立教大学   理学研究科 物理学専攻博士課程後期課程   教授

      詳細を見る

    • 2009年4月 - 現在 
      立教大学   理学部 物理学科   教授

      詳細を見る

    • 2003年4月 - 現在 
      立教大学   理学部   放射線取扱主任者

      詳細を見る

    • 2018年4月 - 2019年3月 
      立教大学   大学教育開発・支援センター   副センター長

      詳細を見る

    • 2015年4月 - 2018年3月 
      立教大学   理学研究科 先端科学計測研究センター   センター長

      詳細を見る

    • 2012年4月 - 2015年3月 
      立教大学   理学研究科 先端科学計測研究センター   副センター長

      詳細を見る

    • 2011年4月 - 2012年3月 
      立教大学   キャリア教育オフィス   オフィス長

      詳細を見る

    • 2008年4月 - 2010年3月 
      立教大学   コオプ教育・インターンシップオフィス   コオプ補佐

      詳細を見る

    • 2007年4月 - 2009年3月 
      立教大学   理学部 物理学科   学科長

      詳細を見る

    • 2007年4月 - 2008年3月 
      立教大学   理学研究科   准教授

      詳細を見る

    • 2007年4月 - 2008年3月 
      立教大学   理学部 物理学科   准教授

      詳細を見る

    • 2002年4月 - 2007年3月 
      立教大学   理学研究科   助教授

      詳細を見る

    • 2002年4月 - 2007年3月 
      立教大学   理学部 物理学科   助教授

      詳細を見る

    • 2000年4月 - 2002年3月 
      理研BNL研究センター   研究員

      詳細を見る

    • 1997年10月 - 2000年3月 
      理化学研究所   基礎特別研究員

      詳細を見る

    • 1997年10月 - 2000年3月 
      理化学研究所   基礎特別研究員

      詳細を見る

    • 1997年4月 - 1997年10月 
      理化学研究所   奨励研究員

      詳細を見る

    • 1997年4月 - 1997年10月 
      理化学研究所   奨励研究員

      詳細を見る

    • 1994年4月 - 1997年3月 
      筑波大学物理学系   専任講師

      詳細を見る

    • 1991年6月 - 1994年3月 
      筑波大学物理学系   助手

      詳細を見る

    ▼全件表示

    学歴

    • - 1992年2月 
      コロンビア大学   物理学研究科

      詳細を見る

      国名: アメリカ合衆国

      researchmap

    • - 1986年3月 
      東京大学   理学部   物理学科

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    委員歴

    • 2015年4月 - 現在 
      日本物理教育学会   理事

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2015年4月 - 2017年3月 
      日本物理学会   選挙管理委員

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2013年4月 - 2015年3月 
      日本物理教育学会   編集委員

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2011年4月 - 2014年3月 
      日本物理教育学会   評議員

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    受賞

    • 2006年5月  
      Beam Instrumentation Workshop  Faraday Cup Award 
       
      Kazuyoshi Kurita, Haixin Huang

      詳細を見る

      受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

      受賞国:アメリカ合衆国

      researchmap

    論文

    • First Elastic Electron Scattering from Xe 132 at the SCRIT Facility 査読有り

      K. Tsukada, A. Enokizono, T. Ohnishi, K. Adachi, T. Fujita, M. Hara, M. Hori, T. Hori, S. Ichikawa, K. Kurita, K. Matsuda, T. Suda, T. Tamae, M. Togasaki, M. Wakasugi, M. Watanabe, K. Yamada

      Physical Review Letters118 ( 26 ) 262501 - 262501   2017年6月27日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Physical Society  

      The first elastic electron scattering has been successfully performed at the self-confining radioactive-isotope ion target (SCRIT) facility, the world's first electron scattering facility for SCRIT technique achieved high luminosity (over 1027 cm-2 s-1, sufficient for determining the nuclear shape) with only 108 target ions. While Xe132 used in this time as a target is a stable isotope, the charge density distribution was first extracted from the momentum transfer distributions of the scattered electrons by comparing the results with those calculated by a phase shift calculation.

      DOI: 10.1103/PhysRevLett.118.262501

      Scopus

      researchmap

    • Development of a Buffer Gas-Free Buncher for Low Energy RI Ion Beam

      M. Togasaki, M. Wakasugi, K. Kurita

      HIAT2015WEPB25   253 - 255   2016年2月

      詳細を見る

      記述言語:英語   出版者・発行元:JACoW  

      DOI: 10.18429/JACoW-HIAT2015-WEPB25

      researchmap

    • Ion-trapping properties of SCRIT

      R. Ogawara, M. Wakasugi, K. Kurita

      Nuclear Instruments and MethodsB317   674 - 678   2013年

      詳細を見る

      記述言語:英語   出版者・発行元:Elsevier  

      DOI: 10.1016/j.nimb.2013.08.014

      researchmap

    • Development of an amplifier IC with wide dynamic range for Si detector in RIKEN SAMURAI spectrometer

      A. Takuma, K. Kurita

      NSS/MIC 2012 / RTSD 20122012   854 - 857   2012年

      詳細を見る

      記述言語:英語   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers  

      DOI: 10.1109/NSSMIC.2012.6551225

      researchmap

    • Nuclear physics at the SCRIT electron scattering facility 査読有り

      Toshimi Suda, Tatsuya Adachi, Tatsuya Amagai, Akitomo Enokizono, Masahiro Hara, Toshitada Hori, Shin'ichi Ichikawa, Kazuyoshi Kurita, Takaya Miyamoto, Ryo Ogawara, Tetsuya Ohnishi, Yuuto Shimakura, Tadaaki Tamae, Mamoru Togasaki, Masanori Wakasugi, Shuo Wang, Kayoko Yanagi

      PROGRESS OF THEORETICAL AND EXPERIMENTAL PHYSICS2012 ( 1 ) 03C008 - 03C008   2012年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS INC  

      The SCRIT electron scattering facility is under construction at the RIKEN RI Beam Factory. This is the world's first facility dedicated to the study of the structure of short-lived nuclei by electron scattering, which has been a long-standing dream for nuclear physics. A novel Self-Confining RI Target (SCRIT) technique makes this challenging research possible. A series of test experiments using stable nuclei performed at this partially completed facility show that the collision luminosity between electron beam and target nucleus reaches 10(27) cm(-2) s(-1), which is required for an elastic electron scattering measurement to determine the charge density distribution of the target nucleus. The first electron scattering for unstable Sn isotopes will take place in the year 2014.

      DOI: 10.1093/ptep/pts043

      researchmap

    • Assembly procedure for the silicon pixel ladder for PHENIX silicon vertex tracker 査読有り

      Y. Onuki, Y. Akiba, H. En'yo, K. Fujiwara, Y. Haki, K. Hashimoto, R. Ichimiya, M. Kasai, M. Kawashima, K. Kurita, M. Kurosawa, E. J. Mannel, K. Nakano, R. Pak, M. Sekimoto, W. E. Sondheim, A. Taketani, M. Togawa, Y. Yamamoto

      NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT606 ( 3 ) 395 - 403   2009年7月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

      The silicon vertex tracker (VTX) will be installed in the summer of 2010 to enhance the physics capabilities of the Pioneering High Energy Nuclear Interaction eXperiment (PHENIX) experiment at Brookhaven National Laboratory. The VTX consists of two types of silicon detectors: a pixel detector and a strip detector. The pixel detector consists of 30 pixel ladders placed on the two inner cylindrical layers of the VTX. The ladders are required to be assembled with high precision, however, they should be assembled in both cost and time efficient manner. We have developed an assembly bench for the ladder with several assembly fixtures and a quality assurance (Q/A) system using a 3D measurement machine. We have also developed an assembly procedure for the ladder, including a method for dispensing adhesive uniformly and encapsulation of bonding wires. The developed procedures were adopted in the assembly of the first pixel ladder and satisfy the requirements. (C) 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.

      DOI: 10.1016/j.nima.2009.04.041

      researchmap

    • First Demonstration of Electron Scattering Using a Novel Target Developed for Short-Lived Nuclei 査読有り

      T. Suda, M. Wakasugi, T. Emoto, K. Ishii, S. Ito, K. Kurita, A. Kuwajima, A. Noda, T. Shirai, T. Tamae, H. Tongu, S. Wang, Y. Yano

      PHYSICAL REVIEW LETTERS102 ( 10 ) 102501 - 102501   2009年3月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSICAL SOC  

      We carried out a demonstrative electron scattering experiment using a novel ion-trap target exclusively developed for short-lived highly unstable nuclei. Using stable (133)Cs ion as a target, this experiment completely mimicked electron scattering off short-lived nuclei. Achieving a luminosity higher than 10(26) cm(-2) s(-1) with around only 10(6) trapped ions on the electron beam, the angular distribution of elastic scattering was successfully measured. This experiment clearly demonstrates that electron scattering off rarely produced short-lived nuclei is practical with this target technique.

      DOI: 10.1103/PhysRevLett.102.102501

      researchmap

    • Novel Internal Target for Electron Scattering off Unstable Nuclei 査読有り

      M.Wakasugi

      Physical Review Letters100   164801   2008年4月22日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Fiddling carbon strings with polarized proton beams 招待有り 査読有り

      Kazuyoshi Kurita, Haixin Huang

      Proceedings of Beam Instrumentaion Workshop 2006   2006年9月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

      researchmap

    • NUCLEAR MODEFICATION FACTORS FOR HADRONS AT FORWARD AND BACKWARD RAPIDITIES IN DEUTERON-GOLD COLLSIONS AT S(NN)**(1/2) = 200-GEV.

      栗田 和好

      PHENIX Collaboration Phys.Rev.Lett.   6   2004年11月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • SATURATION OF AZIMUTHAL ANISOTROPY IN AU+ AU COLLISIONS AT S(NN)**(1/2) 62-GEV TO 200-GEV.

      栗田 和好

      PHENIX Collaboration Phys.Rev.Lett.   7   2004年11月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • PRODUCTION OF PHI MESONS AT MID-RAPIDITY IN S(NN)**(1/2) = 200-GEV AU+AU COLLISIONS AT RHIC.

      栗田 和好

      PHENIX Collaboration Phys.Rev.C   26   2004年10月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • CENTRALITY DEPENDENCE OF CHARM PRODUCTION FROM SINGLE ELECTRONS MEASUREMENT IN AU+ AU COLLISIONS AT S(NN)**(1/2) = 200-GEV.

      栗田 和好

      PHENIX Collaboration Phys.Rev.Lett.   6   2004年9月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • JET STRUCTURE OF BARYON EXCESS IN AU+ AU COLLISIONS AT S(NN)**(1/2) = 200-GEV.

      栗田 和好

      PHENIX Collaboration Phys.Rev.Lett.   6   2004年8月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • DEUTERON AND ANTIDEUTERON PRODUCTION IN AU+ AU COLLISIONS AT S(NN)**(1/2) = 200-GEV.

      栗田 和好

      PHENIX Collaboration Phys.Rev.Lett.   6   2004年6月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • DOUBLE HELICITY ASYMMETRY IN INCLUSIVE MID-RAPIDITY PI0 PRODUCTION FOR POLARAIZED P + P COLLISIONS AT S**(1/2) = 200-GEV.

      栗田 和好

      PHENIX Collaboration Phys.Rev.Lett.93:   202002   2004年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • J / PSI PRODUCTION IN AU AU COLLISIONS AT S(NN)**(1/2) = 200-GEV AT THE RELATIBISTIC HEAVY ION COLLIDER.

      栗田 和好

      Phys.Rev.C69:   14901   2004年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • MEASUREMENT OF SINGLE ELECTRON EVENT ANISOTROPY IN AU+ AU COLLISIONS AT S(NN)**(1/2) = 200-GEV.

      栗田 和好

      Phys.Rev.C   2004年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • BOSE-EINSTEIN CORRELATIONS OF CHARGED PION PAIRS IN AU+ AU COLLISIONS AT S(NN)**(1/2) = 200-GEV.

      栗田 和好

      Phys.Rev.Lett.93:   152302   2004年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • J / PSI PRODUCTION FROM PROTON PROTON COLLISIONS AT S**(1/2) = 200-GEV.

      栗田 和好

      Phys.Rev.Lett.92:   51802   2004年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • IDENTIFIED CHARGED PARTICLE SPECTRA AND YIELDS IN AU+AU COLLISIONS AT S(NN)**1/2 = 200-GEV.

      栗田 和好

      Phys.Rev.C69:   34909   2004年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • HIGH P(T) CHARGED HADRON SUPPRESSION IN AU + AU COLLISIONS AT S(NN)**1/2 = 200-GEV.

      栗田 和好

      Phys.Rev.C69:   34910   2004年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • ANOMALOUSLY HINDERED E2 STRENGTH B(E2:2(1)+ ─¿ 0+) IN C-16.

      栗田 和好

      Phys.Rev.Lett.92:   62501   2004年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • MEASUREMENT OF NONRANDOM EVENT BY EVENT FLUCTUATIONS OF AVERAGE TRANSVERSE MOMENTUM IN S(NN)**(1/2) = 200-GEV AU+AU AND P+P COLLISIONS.

      栗田 和好

      PHENIX Collaboration Phys.Rev.Lett.93:   92301   2004年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • SINGLE IDENTIFIED HADRON SPECTRA FROM S(NN)**(1/2) = 130-GEV AU+AU COLLISIONS.

      栗田 和好

      Phys.Rev.C69:   24904   2004年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • RHIC P C CNI POLARIMETER: STATUS AND PERFORMANCE FROM THE FIRST COLLIDER RUN.

      栗田 和好

      AIP Conf.Proc.675   817 - 825   2003年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • SUPPRESSED PI0 PRODUCTION AT LARGE TRANSVERSE MOMENTUM IN CENTRAL AU+AU COLLISIONS AT S(NN)**1/2 = 200 GEV.

      栗田 和好

      Phys.Rev.Lett.91:   72301   2003年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • POLARIZED PROTON COLLIDER AT RHIC.

      栗田 和好

      Nucl.Instrum.Meth.A499:   392 - 414   2003年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • ELLIPTIC FLOW OF IDENTIFIED HADRONS IN AU+AU COLLISIONS AT S(NN)**(1/2) = 200-GEV.

      栗田 和好

      Phys.Rev.Lett.91:   182301   2003年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • SCALING PROPERTIES OF PROTON AND ANTI-PROTON PRODUCTION IN S(NN)**(1/2)200-GEV AU+AU COLLISIONS.

      栗田 和好

      Phys.Rev.Lett.91:   172301   2003年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • ABSENCE OF SUPPRESSION IN PARTICLE PRODUCTION AT LARGE TRANSVERSE MOMENTUM IN S(NN)**(1/2) = 200-GEV D + AU COLLISIONS.

      栗田 和好

      Phys.Rev.Lett.91:   72303   2003年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • PHENIX DETECTOR OVERVIEW

      栗田 和好

      Nucl.Instrum.Meth.A499:   469 - 479   2003年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • PHENIX CENTRAL ARM PARTICLE ID DETECTORS.

      栗田 和好

      PHENIX Collaboration Nucl.Instrum.Meth.A499:   508 - 520   2003年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • PHENIX MUON ARMS.

      栗田 和好

      Nucl.Instrum.Meth.A499:   537 - 548   2003年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • FURTHER OBSERVATIONS ON MIDRAPIDITY ET DISTRIBUTIONS WITH APERTURE CORRECTED SCALE.

      栗田 和好

      Phys.Rev.C68:   34908   2003年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • PHENIX ON-LINE SYSTEMS.

      栗田 和好

      PHENIX Collaboration Nucl.Instrum.Meth.A499:   560 - 592   2003年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Of The High P(T) Charged Hadron Suppression In Au+Au Collisions At S(Nn)**(1/2) = 130-GeV.

      栗田 和好

      Phys.Lett.B561   82 - 92   2003年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • MID-RAPIDITY NEUTRAL PION PRODUCTION IN PROTON PROTON COLLISIONS AT S**(1/2) = 200-GEV.

      栗田 和好

      Phys.Rev.Lett.91:   241803   2003年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Proton Carbon CNI Polarimeter for RHIC

      栗田 和好

      Nucl.Phys.Proc.Suppl.105:   164 - 167   2002年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Commissioning of RHIC pC CNI Polarimeter

      栗田 和好

      Proceedings of International Conference on Particle and Nuclei(PANIC02),September 30-October 4,Osaka,Japan   2002年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Measurement Of Single Electrons And Implications For Charm Priduction In Au+Au Collisions At S**(1/2)(NN) = 130-GeV.

      栗田 和好

      Phys.Rev.Lett.88:   192303   2002年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Suppression Of Hadrons With Large Transverse Momentum In Central Au+Au Collisions At S(NN)**(1/2)=130 GeV.

      栗田 和好

      Phys.Rev.Lett.88:   22301   2002年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Transverse Mass Dependence Of Two Pion Corrclations In Au+Au Collisions At S(NN)**(1/2)= 130-GeV.

      栗田 和好

      Phys.Rev.Lett.88:   192302   2002年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Net Charge Fluctuations In Au+Au Interactions At S**(1/2) = 130-GeV.

      栗田 和好

      Phys.Rev.Lett.89:   82301   2002年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • System, Centrality, And Transverse Mass Dependence Of Two Pion Correlation Radii In Heavy Ion Collisions At 11.6-A-Gev And 14.6-A-GeV.

      栗田 和好

      Phys.Rev.C66:   54906   2002年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Measurement Of The Lambda And Anti-Lambda Particles In Au+Au Collisions At S(Nn)**(1/2)= 130-GeV.

      栗田 和好

      Phys.Rev.Lett.89:   92302   2002年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Measurement Of Analyzing Power For Proton Carbon Elastic Scattering In The Coulomb Nuclear Interference Region With A 22-Gev/C Polarized Proton Beam.

      栗田 和好

      Phys.Rev.Lett.89:   52302   2002年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • FLOW MEASUREMENTS VIA TWO PARTICLE AZIMUTHAL CORRELATIONS IN AU+AU COLLISIONS AT S(NN)**(1/2) = 130-GEV.

      栗田 和好

      Phys.Rev.Lett.89:   212301   2002年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Centrality Dependence Of Pi+ / Pi-,K+ / K-, P And Anti-P Production From S(Nn)**(1/2)= 13-=Gev Au+Au Collisions At RHIC.

      栗田 和好

      Phys.Rev.Lett.   2002年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Proton Carbon CNI Polarimeter for RHIC

      栗田 和好

      Proceedings of International Workshop on the Spin Structure of the Proton and Polarized Collider Physics   2001年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Localized Charged Neutral Fluctuations In 158 A Gev Pb + Pb Collisions.

      栗田 和好

      Phys.Rev.C64:   11901   2001年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Centrality Dependance Of Charged Particle Multiplicity In Au-Au Collisions At S(NN)**(1/2)=130-Gev.

      栗田 和好

      Phys.Rev.Lett.86:   3500 - 3505   2001年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Measurement Of The Midrapidity Trasverse Energy Distribution From S(Nn)**(1/2)=130-Gev Au+Au Collisions At RHIC.

      栗田 和好

      Phys.Rev.Lett.87: ( 87 ) 52301   2001年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Systematics Of Midrapidity Transverse Energy Distributions In Limited Apertures From P+Be To Au+Au Collisions At Relativistic Energies

      栗田 和好

      Phys. Rev. C63: ( 63 ) 64602   2001年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Scaling Of Particle And Transverse Energy Production In Pb-208 + Pb-208 Collisions At 158-A/Gev.

      栗田 和好

      Eur.Phys.J.C18:   651 - 663   2001年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Systematics Of Midrapidity Transverse Energy Distributions In Limited Apertures From P + Be To Au + Au Collisions At Relativistic Energies.

      栗田 和好

      Phys.Rev.C63: ( 63 ) 64602   2001年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Measurement Of The Midrapidity Transverse Energy Distribution From S(Nn)**(1/2)=130-GeV Au+Au Collisions At RHIC

      栗田 和好

      Phys. Rev. Lett.87: ( 87 ) 52301   2001年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Delta(++) production in 158 A GeV Pb-208+Pb-208 interactions at the CERN SPS

      MM Aggarwal, A Agnihotri, Z Ahammed, ALS Angelis, Antonenko, V, Arefiev, V, Astakhov, V, Avdeitchikov, V, TC Awes, PVKS Baba, SK Badyal, A Baldine, L Barabach, C Barlag, S Bathe, B Batiounia, T Bernier, KB Bhalla, VS Bhatia, C Blume, R Bock, EM Bohne, Z Borocz, D Bucher, A Buijs, H Busching, L Carlen, Chalyshev, V, S Chattopadhyay, R Cherbatchev, T Chujo, A Claussen, AC Das, MP Decowski, H Delagrange, Djordjadze, V, P Donni, Doubovik, I, S Dutt, MRD Majumdar, K El Chenawi, S Eliseev, K Enosawa, P Foka, S Fokin, Frolov, V, MS Ganti, S Garpman, O Gavrishchuk, FJM Geurts, TK Ghosh, R Glasow, SK Gupta, B Guskov, HA Gustafsson, HH Gutbrod, R Higuchi, Hrivnacova, I, M Ippolitov, H Kalechofsky, R Kamermans, KH Kampert, K Karadjev, K Karpio, S Kato, S Kees, BW Kolb, Kosarev, I, Koutcheryaev, I, T Krumpel, A Kugler, P Kulinich, M Kurata, K Kurita, N Kuzmin, Langbein, I, A Lebedev, YY Lee, H Lohner, L Luquin, DP Mahapatra, Manko, V, M Martin, G Martinez, A Maximov, R Mehdiyev, G Mgebrichvili, Y Miake, D Mikhalev, MF Mir, GC Mishra, Y Miyamoto, B Mohanty, D Morrison, DS Mukhopadhyay, Myalkovski, V, H Naef, BK Nandi, SK Nayak, TK Nayak, S Neumaier, A Nianine, Nikitine, V, S Nikolaev, P Nilsson, S Nishimura, P Nomokonov, J Nystrand, FE Obenshain, A Oskarsson, Otterlund, I, M Pachr, A Parfenov, S Pavliouk, T Peitzmann, Petracek, V, F Plasil, W Pinganaud, ML Purschke, J Rak, R Raniwala, S Raniwala, VS Ramamurthy, NK Rao, F Retiere, K Reygers, G Roland, L Rosselet, Roufanov, I, C Roy, JM Rubio, H Sako, SS Sambyal, R Santo, S Sato, H Schlagheck, HR Schmidt, Y Schutz, G Shabratova, TH Shah, Sibiriak, I, T Siemiarczuk, D Silvermyr, BC Sinha, N Slavine, K Soderstrom, N Solomey, SP Sorensen, P Stankus, G Stefanek, P Steinberg, E Stenlund, D Stuken, M Sumbera, T Svensson, MD Trivedi, A Tsvetkov, L Tykarski, J Urbahn, EC van der Pijll, N van Eijndhoven, GJ van Nieuwenhuizen, A Vinogradov, YP Viyogi, A Vodopianov, S Voros, B Wyslouch, K Yagi, Y Yokota, GR Young

      PHYSICS LETTERS B477 ( 1-3 ) 37 - 44   2000年3月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

      The Delta(++)-resonance production in central 158 A GeV Pb-208 + Pb-208 collisions at the CERN SPS has been studied. The Delta(++) production was estimated from the invariant mass spectrum of p pi(+)-pairs by subtracting a mixed event background. The measured Delta(++) abundance is compared with the results from other experiments at lower energies, and with a model calculation assuming thermal and chemical equilibrium. (C) 2000 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

      researchmap

    • Delta(++) production in 158 A GeV Pb-208+Pb-208 interactions at the CERN SPS

      MM Aggarwal, A Agnihotri, Z Ahammed, ALS Angelis, Antonenko, V, Arefiev, V, Astakhov, V, Avdeitchikov, V, TC Awes, PVKS Baba, SK Badyal, A Baldine, L Barabach, C Barlag, S Bathe, B Batiounia, T Bernier, KB Bhalla, VS Bhatia, C Blume, R Bock, EM Bohne, Z Borocz, D Bucher, A Buijs, H Busching, L Carlen, Chalyshev, V, S Chattopadhyay, R Cherbatchev, T Chujo, A Claussen, AC Das, MP Decowski, H Delagrange, Djordjadze, V, P Donni, Doubovik, I, S Dutt, MRD Majumdar, K El Chenawi, S Eliseev, K Enosawa, P Foka, S Fokin, Frolov, V, MS Ganti, S Garpman, O Gavrishchuk, FJM Geurts, TK Ghosh, R Glasow, SK Gupta, B Guskov, HA Gustafsson, HH Gutbrod, R Higuchi, Hrivnacova, I, M Ippolitov, H Kalechofsky, R Kamermans, KH Kampert, K Karadjev, K Karpio, S Kato, S Kees, BW Kolb, Kosarev, I, Koutcheryaev, I, T Krumpel, A Kugler, P Kulinich, M Kurata, K Kurita, N Kuzmin, Langbein, I, A Lebedev, YY Lee, H Lohner, L Luquin, DP Mahapatra, Manko, V, M Martin, G Martinez, A Maximov, R Mehdiyev, G Mgebrichvili, Y Miake, D Mikhalev, MF Mir, GC Mishra, Y Miyamoto, B Mohanty, D Morrison, DS Mukhopadhyay, Myalkovski, V, H Naef, BK Nandi, SK Nayak, TK Nayak, S Neumaier, A Nianine, Nikitine, V, S Nikolaev, P Nilsson, S Nishimura, P Nomokonov, J Nystrand, FE Obenshain, A Oskarsson, Otterlund, I, M Pachr, A Parfenov, S Pavliouk, T Peitzmann, Petracek, V, F Plasil, W Pinganaud, ML Purschke, J Rak, R Raniwala, S Raniwala, VS Ramamurthy, NK Rao, F Retiere, K Reygers, G Roland, L Rosselet, Roufanov, I, C Roy, JM Rubio, H Sako, SS Sambyal, R Santo, S Sato, H Schlagheck, HR Schmidt, Y Schutz, G Shabratova, TH Shah, Sibiriak, I, T Siemiarczuk, D Silvermyr, BC Sinha, N Slavine, K Soderstrom, N Solomey, SP Sorensen, P Stankus, G Stefanek, P Steinberg, E Stenlund, D Stuken, M Sumbera, T Svensson, MD Trivedi, A Tsvetkov, L Tykarski, J Urbahn, EC van der Pijll, N van Eijndhoven, GJ van Nieuwenhuizen, A Vinogradov, YP Viyogi, A Vodopianov, S Voros, B Wyslouch, K Yagi, Y Yokota, GR Young

      PHYSICS LETTERS B477 ( 1-3 ) 37 - 44   2000年3月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

      The Delta(++)-resonance production in central 158 A GeV Pb-208 + Pb-208 collisions at the CERN SPS has been studied. The Delta(++) production was estimated from the invariant mass spectrum of p pi(+)-pairs by subtracting a mixed event background. The measured Delta(++) abundance is compared with the results from other experiments at lower energies, and with a model calculation assuming thermal and chemical equilibrium. (C) 2000 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

      researchmap

    • Study of the Spin Structure of the Nucleon with RHIC-PHENIX

      栗田 和好

      Proceedings of Lake Louise Winter Institute 2000"From Particles to the Universe",Feb.20-26,2000   2000年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Three Pion Interferometry Results From Central Pb + Pb Collisions At 158-A-Gev/C.

      栗田 和好

      Phys.Rev.Lett.85:   2895   2000年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Central Pb + Pb Collisions At 158/A-Gev /C Studied By Pi-Pi Interferometry.

      栗田 和好

      Eur.Phys.J.C16: ( C16 ) 445 - 451   2000年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Observation Of Direct Photons In Central 158-A/GeV Pb-208+Pb-208 Collisions

      栗田 和好

      Phys. Rev. Lett. ( 85 ) 3595 - 3599   2000年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • An Excitation Function Of K- And K+ Production In Au + Au Reactions At Rhe AGS.

      栗田 和好

      Phys.Lett.B490:   53 - 60   2000年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Measurement of the Analyzing Power for Proton-Carbon Elastic Scattering in the CNI Region with a 22 GeV/c Polarized Proton Beam

      栗田 和好

      Proceedings of ``SPIN 2000'' 14th International Spin Physics Symposium   790 - 794   2000年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Commissioning of RHIC p-Carbon CNI Polarimeter

      栗田 和好

      Proceedings of ``SPIN 2000'' 14th International Spin Physics Symposium   795 - 799   2000年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Central Pb + Pb Collisions At 158/A-Gev /C Studied By Pi-Pi Interferometry.

      栗田 和好

      Eur.Phys.J.C16:   445 - 451   2000年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Direct Photon Production In 158-A/Gev Pb-208 + Pb-208 Collisions.

      栗田 和好

      Submitted Phys.Rev.C   2000年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Observation Of Direct Photons In Central 158-A/GeV Pb-208+Pb-208 Collisions

      栗田 和好

      Phys. Rev. Lett.85: ( 85 ) 3595 - 3599   2000年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Systematics of inclusive photon production in 158 center dot A GeVPb induced reactions on Ni, Nb, and Pb targets

      MM Aggarwal, A Agnihotri, Z Ahammed, ALS Angelis, Antonenko, V, Arefiev, V, Astakhov, V, Avdeitchikov, V, TC Awes, PVKS Baba, SK Badyal, A Baldine, L Barabach, C Barlag, S Bathe, B Batiounia, T Bernier, KB Bhalla, VS Bhatia, C Blume, R Bock, EM Bohne, Z Borocz, D Bucher, A Buijs, H Busching, L Carlen, Chalyshev, V, S Chattopadhyay, R Cherbatchev, T Chujo, A Claussen, AC Das, MP Decowski, Djordjadze, V, P Donni, Doubovik, I, S Dutt, MRD Majumdar, K El Chenawi, S Eliseev, K Enosawa, P Foka, S Fokin, Frolov, V, MS Ganti, S Garpman, O Gavrishchuk, FJM Geurts, TK Ghosh, R Glasow, SK Gupta, B Guskov, HA Gustafsson, HH Gutbrod, R Higuchi, Hrivnacova, I, M Ippolitov, H Kalechofsky, R Kamermans, KH Kampert, K Karadjev, K Karpio, S Kato, S Kees, H Kim, BW Kolb, Kosarev, I, Koutcheryaev, I, T Krumpel, A Kugler, P Kulinich, M Kurata, K Kurita, N Kuzmin, Langbein, I, A Lebedev, YY Lee, H Lohner, L Luquin, DP Mahapatra, Manko, V, M Martin, A Maximov, R Mehdiyev, G Mgebrichvili, Y Miake, D Mikhalev, MF Mir, GC Mishra, Y Miyamoto, D Morrison, DS Mukhopadhyay, Myalkovski, V, H Naef, BK Nandi, SK Nayak, TK Nayak, S Neumaier, A Nianine, Nikitine, V, S Nikolaev, P Nilsson, S Nishimura, P Nomokonov, J Nystrand, FE Obenshain, A Oskarsson, Otterlund, I, M Pachr, A Parfenov, S Pavliouk, T Peitzmann, Petracek, V, F Plasil, W Pinanaud, ML Purschke, B Raeven, J Rak, R Raniwala, S Raniwala, VS Ramamurthy, NK Rao, F Retiere, K Reygers, G Roland, L Rosselet, Roufanov, I, C Roy, JM Rubio, H Sako, SS Sambyal, R Santo, S Sato, H Schlagheck, HR Schmidt, G Shabratova, TH Shah, Sibiriak, I, T Siemiarczuk, D Silvermyr, BC Sinha, N Slavine, K Soderstrom, N Solomey, SP Sorensen, P Stankus, G Stefanek, P Steinberg, E Stenlund, D Stuken, M Sumbera, T Svensson, MD Trivedi, A Tsvetkov, C Twenhofel, L Tykarski, J Urbahn, N Von Eijndhoven, GJ Von Nieuwenhuizen, A Vinogradov, YP Viyogi, A Vodopianov, S Voros, B Wyslouch, K Yagi, Y Yokota, GR Young

      PHYSICS LETTERS B458 ( 2-3 ) 422 - 430   1999年7月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

      The multiplicity of inclusive photons has been measured on an event-by-event basis for 158.A GeV Pb induced reactions on Ni, Nb, and Pb targets. The systematics of the pseudorapidity densities at midrapidity (rho(max)) and the width of the pseudorapidity distributions have been studied for varying centralities for these collisions. A power law fit to the photon yield as a function of the number of participating nucleons gives a value of 1.12 +/- 0.03 for the exponent. The mean transverse momentum, [p(T)], of photons determined from the ratio of the measured electromagnetic transverse energy and photon multiplicity, remains almost constant with increasing rho(max). Results are compared with model predictions. (C) 1999 Published by Elsevier Science B.V. All rights reserved.

      researchmap

    • Elliptic Emission of K+ and Pi+ in 158A GeV Pb+Pb Collisions

      栗田 和好

      Phys. Lett. ( B ) 15292   1999年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • A Large-Acceptance Spectrometer For Tracking In A High-Multiplicity Environment, Based On Space Point Measurements And High-Resolution Time-Of-Flight

      栗田 和好

      Nucl. Instrum. Meth ( A431 ) 123 - 133   1999年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Proton And Deuteron Production In Au+Au Reactions At 11.6/A-GeV/C

      栗田 和好

      Phys. Rev. ( C60 ) 64901   1999年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Centrality Dependence Of Kaon Yields In Si+A And Au+Au Collisions At The Ags

      栗田 和好

      Phys. Rev. ( C60 ) 44904   1999年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • A new polarimeter for RHIC

      栗田 和好

      Proceedings of Workshop on Polarized Protons at High Energies, DESY Hamburg, Germany   71 - 76   1999年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Excitation Function Of K+ And Pi+ Production In Au+Au Reactions At 2/A-GeV To 10/A-GeV

      栗田 和好

      Phys. Lett. ( B469 ) 30 - 36   1999年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Elliptic Emission of K+ and Pi+ in 158A GeV Pb+Pb Collisions

      栗田 和好

      Phys. Lett. ( B ) 15292   1999年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • A Forward Magnetic Spectrometer System For High-Energy Heavy-Ion Experiments

      栗田 和好

      Nucl. Instrum. Meth. ( A438 ) 282 - 301   1999年1月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Particle Production Study in Proton-Nucleus and Central Oxygen-Nucleus Collisions at 14.5 A GeV/c 査読有り

      Kazuyoshi Kurita

          1992年2月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:学位論文(その他)  

      researchmap

    ▼全件表示

    所属学協会

    •  
      日本物理教育学会

      詳細を見る

    •  
      米国電気電子学会(IEEE)

      詳細を見る

    •  
      日本物理学会

      詳細を見る

    •  
      米国物理学会(American Physical Society)

      詳細を見る

    共同研究・競争的資金等の研究

    • 理研SCRIT実験

      先端技術開発研究 

      詳細を見る

      2003年4月 - 現在

      資金種別:競争的資金

      これまで標的を作ることができなかった不安定核標的を電子蓄積リングのビームのクーロンポテンシャルと電極によるミラーポテンシャルで3次元的にトラップして電子散乱に供するSCRITの開発に成功。 その装置を用いて実際に不安定核の電子散乱で不安定原子核の構造の謎に迫る。

      researchmap

    • RHIC PHENIX実験

      国際研究協力 

      詳細を見る

      1993年4月 - 2017年10月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 不安定核研究の精密化に向けたMRFQクーラー・バンチャーの開発

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      栗田和好

      詳細を見る

      2012年4月 - 2015年3月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      この研究はこれまで不可能と思われて世界でも例を見ない不安定核の電子散乱実験を実現するためのイオン濃縮装置の開発である。我々はイオンを加速装置内にとどめて電子散乱を実現できることを実証したが、その蓄積イオン濃度の向上が実験の成否のカギとなる。我々は最終的に電極のエッジ効果を利用したイオントラップに方針を切り替えて、目標の半分ほどのイオン濃度を実現することに成功した。

      researchmap

    • 核力スピンフリップ振幅の原子核依存性の測定手法の確立

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      栗田和好

      詳細を見る

      2008年4月 - 2011年3月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      R&Dの対象として最難関の技術は光子のバックグラウンドが多い環境下での低エネルギーイオンを測定である。そのために、四重極電場で90度曲げてイオンをチャンネルトロンで捕らえる実験を行い反跳イオン検出器のデザインを完成した。現在他の予算を使い、反跳イオン検出器の建設に取り掛かっている。スピンフリップの実験が実現する前に、理化学研究所において電子散乱実験に組み込みその動作確認を行う予定である。

      researchmap

    • 共同研究プロジェクト研究 電子ストーレジリング中での電子原子核弾性散乱実験手法の確立

      立教大学  立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR) 

      詳細を見る

      2005年4月 - 2007年3月

      資金種別:競争的資金

      理化学研究所との協同研究プロジェクト

      researchmap

    • 指向性γ線サーベイメータの開発

      東京都産業技術研究所・(株)クリアパレス  共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

      2003年4月 - 2005年3月

      資金種別:競争的資金

      指向性γ線サーベイメータの開発

      researchmap

    • 放射線計測器、粒子検出器開発

      詳細を見る

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    ▼全件表示

    社会貢献活動

    • 大学の物理教育研究会

      2014年12月 - 現在

      詳細を見る

      大学の物理教育の改善に向けた詳細な議論を行なう

      researchmap

     

    お問い合わせ先
    外部の方
    学内の方