2021/06/22 更新

写真b

イシカワ ジユン
石川 淳
ISHIKAWA Jun
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
経営学部 経営学科
経営学研究科 経営学専攻博士課程後期課程
経営学研究科 経営学専攻博士課程前期課程
職名*
教授
学位
博士(経営学) ( 慶應義塾大学 ) / 修士(経営学) ( 慶應義塾大学 )
連絡先
メールアドレス
研究テーマ*
  • 組織における人間の心理・行動に焦点を当て、人にも組織にも幸せをもたらすマネジメントを明らかにしようとしている。とりわけ、リーダーシップに焦点を当て、働き手にやりがいをもたらし、なおかつ、組織の成果にもつながるリーダーシップを明らかにしようとしている。特に、多様性が高いメンバーの中で、創造的な成果につながるリーダーシップに関心を持っている。また、特別な権限や才能がなくても、誰もが発揮できるリーダーシップをどのように育成するかも大きな関心事である。

  • 研究キーワード
  • Leadership

  • Human Resource Management

  • 組織行動論 人材マネジメント論 リーダーシップ論 研究開発マネジメント

  • R&D Management

  • 学内職務経歴*
    • 2009年4月 - 現在 
      経営学部   経営学科   教授
    • 2009年4月 - 現在 
      経営学研究科   経営学専攻博士課程前期課程   教授
    • 2009年4月 - 現在 
      経営学研究科   経営学専攻博士課程後期課程   教授
    • 2007年4月 - 2009年3月 
      経営学部   経営学科   准教授
    • 2006年4月 - 2007年3月 
      経営学部   経営学科   助教授
    • 2003年4月 - 2006年3月 
      社会学部   産業関係学科   助教授
     

    研究分野

    • 人文・社会 / 経営学

    経歴

    • 2011年4月 - 現在 
      立教大学   キャリアセンター   部長

      詳細を見る

    • 2009年4月 - 現在 
      立教大学   経営学研究科 経営学専攻博士課程前期課程   教授

      詳細を見る

    • 2009年4月 - 現在 
      立教大学   経営学研究科 経営学専攻博士課程後期課程   教授

      詳細を見る

    • 2009年4月 - 現在 
      立教大学   経営学部 経営学科   教授

      詳細を見る

    • 2008年10月 - 2010年3月 
      立教大学   経営学研究科   前期主任

      詳細を見る

    • 2007年4月 - 2009年3月 
      立教大学   経営学部 経営学科   准教授

      詳細を見る

    • 2006年4月 - 2007年9月 
      立教大学   社会学部産業関係学科   学科長

      詳細を見る

    • 2006年4月 - 2007年3月 
      立教大学   経営学部 経営学科   助教授

      詳細を見る

    • 2003年4月 - 2006年3月 
      立教大学   社会学部 産業関係学科   助教授

      詳細を見る

    • 2001年4月 - 2003年3月 
      山梨学院大学 商学部   助教授

      詳細を見る

    • 1998年4月 - 2001年3月 
      山梨学院大学 商学部   専任講師

      詳細を見る

    • 1991年11月 - 1993年3月 
      (株)千代田オフィス・サクセション   取締役

      詳細を見る

    • 1984年4月 - 1991年11月 
      帝国臓器製薬株式会社   社員

      詳細を見る

    ▼全件表示

    学歴

    • - 2001年9月 
      慶應義塾大学   経営管理研究科

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    • - 1995年3月 
      慶應義塾大学   経営管理研究科

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    • - 1984年3月 
      慶應義塾大学   法学部   政治学科

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    委員歴

    • 2010年12月 - 現在 
      人材育成学会   常任理事

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    受賞

    • 2014年5月  
      Pan-Pacific Business Association  Pan-Pacific Conference XXXI Outstanding Paper Award  Transformational Leadership, Stressors, and Strain in R&D Employees: Evidence from Japan
       
      Jun Ishikawa

      詳細を見る

      受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

      受賞国:日本国

      researchmap

    • 2011年5月  
      Pan-Pacific Business Association  Pan Pacific Conference XXVIII Outstanding Paper Award  Shared leadership in Japanese R&D team performance: Transformational leadership, shared leadership, and team performance
       
      Jun Ishikawa

      詳細を見る

      受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

      受賞国:大韓民国

      researchmap

    • 1997年1月  
      日本労務学会  日本労務学会研究奨励賞 

      詳細を見る

      受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

      受賞国:日本国

      researchmap

    論文

    • Changing Facets of Leadership in East Asia: Globalization, Innovation and Creativity in Japan, South Korea and China 招待有り

      Rowley, C, Ishikawa, J, Oh, I

      Asia Pacific Business Review25 ( 2 ) 161 - 172   2019年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Jun ISHIKAWA  

      researchmap

    • Formal voice mechanisms and portfolio career workers’ prosocial voice in Japan and Korea: the mediating role of managers’ issue-related leadership activities 査読有り

      Kim, S, Ishikawa, J

      Asia Pacific Business Review25 ( 2 ) 194 - 226   2019年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Transformational Leadership in Japanese R&D teams: Team Efficacy, Norm for Maintaining a Consensus, Communication, and Team Performance

      Jun Ishikawa, XU Yijing

      立教ビジネスレビュー8   61 - 73   2015年7月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:立教経営学会  

      researchmap

    • Leadership, design process, and team performance: A comparison between the Japanese and Australian R&D teams 査読有り

      Nuttawuth Muenjohn, Prem Chhetri, Yusuke Suzumura, Jun Ishikawa

      Journal of Developing Areas49 ( 6 ) 489 - 496   2015年7月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 研究開発プロセスのリーダーシップ:文献レビューと課題の提示 招待有り

      石川淳

      日本労働研究雑誌 ( 660 ) 66 - 86   2015年6月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:労働政策研究・研修機構  

      researchmap

    • National diversity and team creativity: An integrative model and proposition for future research

      Jun Ishikawa

      Rikkyo Business Review7   7 - 23   2014年6月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 研究開発チームにおけるシェアド・リーダーシップ:チームリーダーのリーダーシップ、シェアド・リーダーシップ、チーム業績の関係

      石川淳

      組織科学48 ( 4 ) 67 - 82   2013年6月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:組織学会  

      researchmap

    • Transformational leadership and Japanese R&D employee stress

      Jun Ishikawa

      International Conference on Business, Economics and Information technology   2013年3月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

      researchmap

    • Design Leadership: A conceptual framework of leadership, design and team performance

      Nuttawuth Muenjohn, Prem Chhetri, Sharif As-Saber, Yusuke Suzumura, Jun Ishikawa

      ICEMI 2013 Proceedings   2013年2月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

      researchmap

    • Qualitative and quantitative studies of leadership in multinational settings: Meta-analytic and cross-cultural reviews 招待有り

      Kiyoshi Takahashi, Jun Ishikawa, Toshihiro Kanai

      Journal of World Business47 ( 4 ) 530 - 538   2012年9月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Transformational leadership and gatekeeping leadership: The roles of norm for maintaining consensus and shared leadership in team performance 査読有り

      Jun Ishikawa

      ASIA PACIFIC JOURNAL OF MANAGEMENT29 ( 2 ) 265 - 283   2012年6月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

      This study focuses on shared leadership in Japanese R&D teams. The effects of both transformational and gatekeeping leaderships of formal leaders on shared leadership are examined. Moreover, the effect of shared leadership on R&D team performance is examined. Hypotheses are tested with a sample of 654 researchers working in 119 R&D industrial research teams in Japan. Results show that transformational leadership has a negative effect on shared leadership through the norm for maintaining consensus such that it positively influences the norm, which in turn negatively influences shared leadership. In contrast, gatekeeping leadership has a direct as well as an indirect positive impact on shared leadership through the norm for maintaining consensus such that it negatively influences the norm, which in turn negatively influences shared leadership. In addition, this study finds that shared leadership positively influences R&D team performance. These results suggest that leadership displayed by team members and that by formal leaders significantly influences team performance. The results are discussed in the context of the unique Japanese work environment.

      DOI: 10.1007/s10490-012-9282-z

      researchmap

    • Shared leadership in R&D teams: Evidence from Japan 査読有り

      Jun Ishikawas

      Organizational leadership: Concepts, cases and research   2012年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Leadership and performance in Japanese R&D teams 査読有り

      Jun Ishikawa

      ASIA PACIFIC BUSINESS REVIEW18 ( 2 ) 241 - 258   2012年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD  

      This study examined the relative influence of transformational and gatekeeping leadership on team performance in a study of researchers working in industrial R&D teams in Japan. Potential effects of both internal and external communication and group norms for consensus were studied as possible mediating influences on the leadership-performance relationship. Results found that, while both forms of leadership enhanced communication processes within and between groups, only gatekeeping leadership served to reduce group norms for consensus. As a result, team cultures became somewhat more accepting of expressions of divergent opinions and new ideas from various team members, an important factor in R&D innovation and performance. By contrast, transformational leadership served to create team cultures in which divergence from group norms by various members was discouraged, leading to fewer innovative ideas and no performance increment. Results are discussed both in the context of the unique Japanese work environment and in the larger context of leadership processes across regions and cultures.

      DOI: 10.1080/13602381.2010.532907

      researchmap

    • Shared leadership in R&D teams

      Jun Ishikawa

      立教ビジネスレビュー ( 3 )   2010年7月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • 変革型リーダーシップが研究開発チームの業績に及ぼす影響:変革型リーダーシップの正の側面と負の側面 査読有り

      石川 淳

      組織科学43 ( 2 ) 97 - 112   2009年12月20日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 評価・報酬マネジメントと企業内基礎研究者の業績

      石川 淳

      立教ビジネスレビュー ( 2 )   2009年6月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • 変革型リーダーシップと研究者のストレス:変革型リーダーシップがチャレンジ・ストレッサとヒンドランス・ストレッサに及ぼす影響

      石川 淳

      立教ビジネスレビュー ( 創刊 )   2008年6月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • 企業内研究者の創造性を促進するリーダーシップ 招待有り

      石川 淳

      入門ビジネスリーダーシップ 日本評論社   2007年12月15日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • 企業内研究者の創造的成果を促進するリーダーシップの探究 査読有り

      石川 淳

      日本労務学会誌9 ( 2 )   2006年7月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • フォロワーの創造性を促進するリーダーシップ

      石川 淳

      応用社会学研究 ( 48 )   2006年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • International comparison of determinants of creativity and performance of R&D engineers 査読有り

      Jun Ishikawa, Hideo Ishida

      Conference of Globalization, Innovation and Human Resource Development for Competitive Advantage   2001年12月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

      researchmap

    • 製薬企業における研究開発戦略とHRMの整合性が基礎研究者の業績に与える影響

      石川 淳

      慶應義塾大学 博士論文   2001年9月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • 工作機械メーカーにおける研究者の業績を規定するコミュニケーション・パターン

      石川 淳

      組織行動研究 ( 30 ) 27 - 40   2000年8月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • International Comparison of Determinants of R&D Performance: Japan, Asia and E.U.

      石川 淳, 石田英夫

      組織行動研究 ( 30 ) 137 - 148   2000年8月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • International comparisons of determinants of innovation through people: Surveys of R&D engineers of Japan, Asia, E.U. and U.S. 査読有り

      Jun Ishikawa, Hideo Ishida

      International Industrial Relations Association 12th World Congress   2000年6月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

      researchmap

    • 基礎研究者と開発研究者の業績向上要因: 態度と情報の分析を中心として 査読有り

      石川 淳

      日本労務学会誌2 ( 1 )   2000年4月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 製薬企業における基礎研究者の業績とHRM 査読有り

      石川 淳

      慶應経営論集17 ( 1 )   1999年6月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • 製薬企業における研究開発戦略と基礎研究者のHRM

      石川 淳

      組織行動研究 ( 29 )   1999年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 研究業績に影響を与える要因: 態度変数の分析を中心として

      石川淳

      山梨学院大学 商学論集 ( 23 )   1998年10月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • トップダウンによる組織変革の実施: 三星グループの事例から 査読有り

      石川淳

      日本労務学会年報 ( 27 )   1998年6月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 研究者の業績と態度の関係:年齢による違い

      石川淳

      組織行動研究 ( 28 )   1998年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 三星グループの組織変革

      石川淳

      慶應義塾経営管理学会 リサーチペーパー・シリーズ ( 50 )   1997年8月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • 研究者の部門間ローテーション

      石川淳

      組織行動研究 ( 27 )   1997年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 企業の研究業績と人的資源管理 査読有り

      石川淳

      日本労務学会年報 ( 26 )   1996年12月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 研究組織の業務向上のためのマネジメント

      石川淳

      組織行動研究 ( 26 )   1996年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 研究者のモチベーションと職務満足

      石川淳

      慶應義塾大学 修士論文   1995年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    ▼全件表示

    MISC

    • リーダーシップ 招待有り

      石川淳, 齊藤裕之

      プライマリ・ケア2 ( 4 ) 41 - 44   2017年12月15日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本プライマリ・ケア連合学会  

      researchmap

    書籍等出版物

    • グローバル研究開発人材の育成とマネジメント

      石川淳( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第7章「研究開発チームの多様性と創造的成果の関係」)

      中央経済社  2019年3月1日  ( ISBN:9784502292316

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • シェアド・リーダーシップ:チーム全員の影響力が職場を強くする

      石川 淳( 担当: 単著)

      中央経済社  2016年12月1日  ( ISBN:9784502203510

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • 善き経営 GBIの理論と実践

      石川淳, 田代美香( 担当: 分担執筆 ,  範囲: ダイバーシティのあり方とその重要性)

      丸善雄松堂  2016年5月31日  ( ISBN:9784841940039

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • 企業の錯誤/教育の迷走:人材育成の「失われた10年」

      石川淳, 青島矢一, 苅谷剛彦, 筒井美紀, 加登豊( 担当: 共著)

      東信堂  2008年8月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • 人的資源マネジメント戦略

      石川 淳( 担当: 共著)

      有斐閣  2004年4月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:その他

      researchmap

    • 経営学検定試験公式テキスト

      石川 淳( 担当: 共著)

      中央経済社  2003年1月1日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:その他

      researchmap

    • MBA人材マネジメント

      石川 淳( 担当: 共著)

      中央経済社  2002年5月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:その他

      researchmap

    • 研究開発人材のマネジメント

      石川 淳( 担当: 共著)

      慶應義塾大学出版会  2002年4月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:その他

      researchmap

    • 人的資源管理要論

      石川 淳( 担当: 共著)

      晃洋書房  2000年12月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:その他

      researchmap

    ▼全件表示

    講演・口頭発表等

    • How can We Develop Leadership? Leadership Development in Business and Academic Institutions 国際会議

      Takahashi Kiyoshi, Ishikawa Jun

      World Education Day 2018  2018年9月28日  World Education Day

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:Jinan, China  

      researchmap

    • The relationship between leadership, design process and R&D team performance and satisfaction 国際会議

      Muenjohn Nuttawuth, Chhetri Prem, Ishikawa Jun, Suzumura Yusuke

      BAM 2018  2018年9月4日  British Academy of Management

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:Bristol, UK  

      researchmap

    • Leadership in SMEs: The conceptual link between design leadership, workplace innovation and organisational performance 国際会議

      Nuttawuth Muenjohn, Sharif As-Saber, Jaiying Zhang, Jin Quan, Jun Ishikawa

      Exploring Leadership and Learning Theories in Asia  2014年11月17日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:Penang, Malaysia  

      researchmap

    • Transformational leadership, stressors, and strain in R&D Employees: Evidence from Japan, 国際会議

      Jun Ishikawa

      Pan-Pacific Conference XXXI  2014年6月2日  Pan-Pacific Business Association

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:Osaka, Japan  

      researchmap

    • 家庭医診療所に勤める職員の離職意思に影響する要因とは 国際会議

      齊藤 裕之

      第4回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会  2013年5月17日  日本プライマリ・ケア連合学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:仙台国際センター  

      researchmap

    • 家庭医診療所に勤める職員の組織市民行動(Organizational Citizenship Behavior)に 影響する要因とは

      齊藤 裕之

      第4回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会  2013年5月17日  日本プライマリ・ケア連合学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • Transformational leadership and Japanese R&D employee stress 国際会議

      Jun Ishikawa

      INTERNATIONAL CONFERENCE ON BUSINESS, ECONOMICS AND INFORMATION TECHNOLOGY 2013 Cairns  2013年3月18日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:Cairns, Australia  

      researchmap

    • Design Leadership: A conceptual framework of leadership, design and team performance 国際会議

      Nuttawuth Muenjohn, Prem Chhetri, Sharif As-Saber, Yusuke Suzumura, Jun Ishikawa First

      International Conference on Education and Management Innovation 2013  2013年2月24日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:Rome, Italy  

      researchmap

    • Shared leadership in Japanese R&D team performance: Transformational leadership, shared leadership, and team performance 国際会議

      Jun Ishikawa

      24th annual conference of the Association of Japanese Business Studies  2011年6月25日  Association of Japanese Business Studies

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:Nagoya, Japan  

      researchmap

    • Shared leadership in Japanese R&D teams: Shared leadership, leadership of formal leaders, and team performance 国際会議

      Jun Ishikawa

      Rikkyo University International Business Studies Symposium: Developing Responsible Global Leaders  2011年6月22日  立教大学経営学会

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      開催地:Tokyo, Japan  

      researchmap

    • Shared leadership in Japanese R&D teams: The relationship with transformational leadership of formal leader and team performance 国際会議

      Jun Ishikawa

      Pan-Pacific Conference XXVIII  2011年5月26日  Pan-Pacific Business Association

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:Daejeon, Korea  

      researchmap

    • Leadership and Japanese R&D team performance: The relationship among leadership style, shared leadership, and performance 国際会議

      Jun Ishikawa

      Asia Pacific Journal of Management Special Issue Conference 2010  2010年12月11日  Asia Pacific Journal of Management

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:Macau, China  

      researchmap

    • Leadership and Japanese R&D team performance 国際会議

      Jun Ishikawa

      Rikkyo University International Business Studies Symposium: Next Chapter of the Globalization of Business  2010年5月21日  立教大学経営学会

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • Leadership which promotes R&D team performance: Beyond transformational leadership 国際会議

      Jun Ishikawa

      Korea-Japan Management Symposium 2010  2010年4月24日  Korean Academy of Management

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • 変革型リーダーシップが研究開発者のストレスおよび業績に及ぼす影響

      石川淳

      日本労務学会第39回全国大会  2009年8月  日本労務学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • Shared Leadership in the R&D Teams 国際会議

      Jun Ishikawa

      The 2nd Rikkyo University International Business Studies Symposium: Globalization, Challenges for Managers, and Calls for Leadership  2009年6月12日  立教大学経営学部

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • 研究開発チームにおけるシェアド・リーダーシップ:フォーマル・リーダーおよびチーム業績との関係

      石川淳

      組織学会2009年度研究発表大会  2009年6月  組織学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • Transformational leadership and R&D team performance in Japanese companies: Focusing on negative effect of transformational leadership 国際会議

      Jun Ishikawa

      The Sixth Asia Academy of Management Conference  2008年12月14日  Asia Academy of Management

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 研究開発チームにおけるシェアド・リーダーシップ:フォーマル・リーダーのリーダーシップとチーム業績

      石川淳

      人材育成学会第6回年次大会  2008年12月  人材育成学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • Leadership to improve performance of development team: Is transformational leadership also effective in Japanese companies? 国際会議

      Jun Ishikawa

      Academy of Management Annual Meeting in Philadelphia  2007年8月  Academy of Management

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      researchmap

    • 研究開発プロジェクトの業績を促進するリーダーシップ 国際会議

      石川淳

      国際シンポジウム「21世紀のリーダーシップ」  2007年2月20日  立教大学リーダーシップ研究所

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • Leadership to improve performance of R&D project team 国際会議

      Jun Ishikawa

      国際シンポジウム「21世紀のリーダーシップ」  2007年2月20日  立教大学リーダーシップ研究所

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • リーダー人材の育成の課題と今後の展望

      石川淳

      産業・組織心理学会第22回大会  2006年8月  産業・組織心理学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      researchmap

    • 企業内研究者の創造的成果を促進するリーダーシップ

      石川淳

      日本労務学会第36回全国大会  2006年7月  日本労務学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 研究開発の創造的成果を促進するリーダーシップ

      石川淳

      人材育成学会第3回年次大会  2005年12月  人材育成学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 基礎研究者の研究業績と評価・報酬マネジメント

      石川淳

      日本労務学会第34回全国大会  2004年7月  日本労務学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 基礎研究者の業績向上を促進する評価・報酬マネジメント

      石川淳

      組織学会2004年度研究発表大会  2004年6月  組織学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • International comparisons of determinants of Innovation through people: Surveys of R&D engineers of Japan, Asia, E.U. and U.S. 国際会議

      Jun Ishikawa, Hideo Ishida

      Conference of Globalization, Innovation and Human Resource Development for Competitive Advantage  2001年12月  Asian Institute of Technology

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

      researchmap

    • 報酬・評価マネジメントが個人業績に及ぼす影響

      石川淳

      産業・組織心理学会第17回大会  2001年10月  産業・組織心理学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 製薬企業におけるHRMと基礎研究者の研究業績:研究開発戦略との整合性の視点から

      石川淳

      組織学会2002年度年次大会  2001年10月  組織学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 研究業績の規定要因としてのコミュニケーション・パターン

      石川淳

      日本労務学会第31回全国大会  2001年6月  日本労務学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • International comparison of determinants of R&D performance: Japan, Asia, and EU 国際会議

      Jun Ishikawa, Hideo Ishida

      日本労務学会30周年記念国際シンポジウム  2000年7月  日本労務学会

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • International comparisons of determinants of creativity and performance of R&D engineers 国際会議

      Jun Ishikawa, Hideo Ishida

      International Industrial Relations Association 12th World Congress  2000年6月  International Industrial Relations Association

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 研究開発戦略と基礎研究者のHRM:研究開発戦略との整合性の視点から

      石川淳

      産業・組織心理学会第15回大会  1999年8月  産業・組織心理学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 基礎研究者と開発研究者の業績向上要因:態度と情報の分析を中心として

      石川淳

      日本労務学会第29回全国大会  1999年6月  日本労務学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 企業内研究者の態度と業績

      石川淳

      産業・組織心理学会第14回大会  1998年8月  産業・組織心理学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 研究開発部門における業績とマネジメント:研究部門と開発部門の比較

      石川淳

      日本労務学会第28回全国大会  1998年6月  日本労務学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 企業における研究者の部門間ローテーションのパターン

      石川淳

      産業・組織心理学会第13回大会  1997年9月  産業・組織心理学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 三星の組織変革

      石川淳

      日本労務学会第27回全国大会  1997年6月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 研究部門の業績と人的資源管理

      石川淳

      産業・組織心理学会第12回大会  1996年9月  産業・組織心理学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 研究業績向上のための人的資源管理

      石川淳

      日本労務学会第26回全国大会  1996年6月  日本労務学会

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    ▼全件表示

    所属学協会

    Works(作品等)

    • 企業の高齢化諸施策の実態に関する調査研究 その他

      2001年4月
      -
      2002年4月

      詳細を見る

      作品分類:その他  

      researchmap

    • 情報化対応職務能力診断システムの構築に関する研究 その他

      2000年4月
      -
      2000年4月

      詳細を見る

      作品分類:その他  

      researchmap

    • 創造的研究成果を促す研究者の人材マネジメントのあり方に関する調査 その他

      1999年4月
      -
      1999年4月

      詳細を見る

      作品分類:その他  

      researchmap

    共同研究・競争的資金等の研究

    • リーダーシップとチーム業績

      国際共同研究 

      詳細を見る

      2005年4月 - 現在

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 日本の組織・人材育成システム

      日本学術振興会  日本学術振興会 人文・社会科学振興プロジェクト研究 

      詳細を見る

      2004年4月 - 現在

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 戦略的人的資源管理に関する研究

      詳細を見る

      2001年4月 - 現在

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 創造性と研究開発マネジメントに関する研究

      詳細を見る

      1996年4月 - 現在

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • グローバル・ビジネス・リーダーシップの理論および教育技法に関わる研究

      文部科学省  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 

      石川淳

      詳細を見る

      2014年4月 - 2019年3月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 多国籍企業における人材の国際移動によるイノベーション

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      詳細を見る

      2012年4月 - 2017年3月

      資金種別:競争的資金

      多国籍企業のR&Dを研究対象として、グローバルイノベーションのメカニズムを解明し、科学技術人材の国際移動が、国境を越えて展開される知識や技術の移転と創出に果たす貢献を明らかにする。また、国際移動を行った科学技術人材の行動や組織における活用の違いが、R&Dの成果に与える影響についても研究する。本研究の独創性は、人材の国際移動の研究と多国籍企業のR&D研究をつなぐ部分で展開されている点にあり、また、国際移動という変数とイノベーションの成果変数の単なる数量的関係を示すのではなく、両変数をつなぐブラックボックスの部分を解明する点にオリジナリティがある。本研究の成果は、人材の国際的な活用により知識や技術のフローと創造を促進する国や企業の政策に活用することができると考えられる。

      researchmap

    • 失われた10年の再検討-日本の社会経済システムの功罪-(危機管理と組織・人材)

      独立行政法人日本学術振興会  受託研究(一般受託研究) 

      詳細を見る

      2004年4月 - 2007年3月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 成果主義賃金制度の導入がおよぼす企業業績への影響

      やまなし産業支援機構  受託研究(一般受託研究) 

      詳細を見る

      2001年4月 - 2002年3月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 創造的研究成果を促す研究者の人材マネジメントのあり方に関する調査研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      詳細を見る

      1999年4月 - 2002年3月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    ▼全件表示

    社会貢献活動

    • ビジネス・キャリア検定試験試験委員

      2007年4月 - 2007年8月

      詳細を見る

    • (財)全国有料老人ホーム協会・有料老人ホーム業雇用高度化検討委員会委員

      2004年1月 - 2006年3月

      詳細を見る

    • (財)高年齢者雇用開発協会・企業の高齢化諸施策の実態に関する調査研究委員

      2001年1月 - 2003年1月

      詳細を見る

    • 厚生労働省・情報化対応職務能力診断システムの構築に関する研究専門委員

      2000年1月 - 2003年1月

      詳細を見る

    • 雇用促進事業団(現:雇用・能力開発機構)・人材高度化研究会委員長

      1999年1月 - 2000年1月

      詳細を見る

    • 慶応義塾大学産業研究所・R&D研究会委員

      1994年1月 - 1999年1月

      詳細を見る

    • 雇用促進事業団(現:雇用・能力開発機構)・人材高度化研究会委員

      1997年1月 - 1998年1月

      詳細を見る

    • (財)高年齢者雇用開発協会・高齢者会社の現状に関する調査研究委員

      1997年1月 - 1998年1月

      詳細を見る

    • 雇用促進事業団(現:雇用・能力開発機構)委託事業・金属工作機械製造業雇用高度化推進委員会委員

      1995年1月 - 1997年1月

      詳細を見る

    ▼全件表示

     

    お問い合わせ先
    外部の方
    学内の方