2021/06/22 更新

写真b

ツヅキ タカシ
都築 誉史
TSUZUKI Takashi
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
現代心理学部 心理学科
現代心理学研究科 心理学専攻博士課程後期課程
現代心理学研究科 心理学専攻博士課程前期課程
職名*
教授
学位
教育学修士(教育心理学) ( 名古屋大学 ) / 博士(教育心理学) ( 名古屋大学 ) / Ph.D. ( Nagoya University ) / Master of Educational Psychology ( Nagoya University )
連絡先
メールアドレス
研究テーマ*
  • 人間の高次認知過程に関する実験的検討とモデル構成が、主要な研究テーマである。特に、意思決定、言語理解、記憶に関して、実験的検討と、モデル研究を行ってきた。近年は、消費者行動論と関連した多属性-多肢選択意思決定において、文脈変数が選好関係の形成へ及ぼす(合理的ではない)多様なバイアスに焦点を当てている。意思決定プロセスにおける眼球運動、脳波(事象関連電位)や、意思決定の個人差、集団意思決定、電子機器を用いたコミュニケーションにおける心理的要因(情報行動論)などについても研究を行っている。

  • 研究キーワード
  • 社会心理学

  • 認知科学

  • 認知心理学

  • 意思決定科学

  • 実験心理学

  • 学内職務経歴*
    • 2006年4月 - 現在 
      現代心理学研究科   心理学専攻博士課程後期課程   教授
    • 2006年4月 - 現在 
      現代心理学研究科   心理学専攻博士課程前期課程   教授
    • 2006年4月 - 現在 
      現代心理学部   心理学科   教授
    • 1998年4月 - 2006年3月 
      社会学部   産業関係学科   教授
    • 1991年4月 - 1998年3月 
      社会学部   産業関係学科   助教授
    • 1989年4月 - 1991年3月 
      社会学部   産業関係学科   専任講師
     

    研究分野

    • 人文・社会 / 社会心理学

    • 人文・社会 / 認知科学

    • 人文・社会 / 実験心理学

    経歴

    • 2006年4月 - 現在 
      立教大学   現代心理学部 心理学科   教授

      詳細を見る

    • 2006年4月 - 現在 
      立教大学   現代心理学研究科 心理学専攻博士課程前期・後期課程   教授

      詳細を見る

    • 2012年4月 - 2014年3月 
      立教大学   現代心理学研究科 心理学専攻博士課程前期・後期課程   主任

      詳細を見る

    • 2012年1月 - 2012年1月 
      インディアナ大学ブルーミントン校 心理・脳科学部   研究員

      詳細を見る

    • 2011年3月 - 2011年5月 
      スタンフォード大学 心理学部   研究員

      詳細を見る

    • 2009年4月 - 2011年3月 
      立教大学   現代心理学研究科 心理学専攻博士課程前期・後期課程   主任

      詳細を見る

    • 1998年4月 - 2006年3月 
      立教大学   社会学部 産業関係学科   教授

      詳細を見る

    • 2003年9月 - 2004年2月 
      米国 カリフォルニア大学ロサンジェルス校 心理学部   客員研究員

      詳細を見る

    • 2001年4月 - 2003年3月 
      立教大学   社会学部 産業関係学科   学科長

      詳細を見る

    • 1991年4月 - 1998年3月 
      立教大学   社会学部 産業関係学科   助教授

      詳細を見る

    • 1996年9月 - 1997年9月 
      米国 カリフォルニア大学サンタクルーズ校 心理学部   客員研究員

      詳細を見る

    • 1989年4月 - 1991年3月 
      立教大学   社会学部 産業関係学科   専任講師

      詳細を見る

    • 1988年4月 - 1989年3月 
      名古屋大学教育学部教育心理学科   助手

      詳細を見る

    ▼全件表示

    学歴

    • 1986年9月 - 1987年8月 
      カリフォルニア大学ロサンジェルス校大学院

      詳細を見る

    • - 1987年3月 
      名古屋大学   教育学研究科   教育心理学専攻

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    • - 1982年3月 
      名古屋大学   教育学部   教育心理学科

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    委員歴

    • 2013年4月 - 現在 
      日本認知心理学会   独創賞委員

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2004年4月 - 現在 
      独立行政法人・日本学術振興会   特別研究員審査会専門委員

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2017年4月 - 2019年3月 
      日本認知科学会   監査委員

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2013年4月 - 2017年3月 
      日本認知科学会   編集委員

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2013年4月 - 2017年3月 
      日本認知心理学会   編集委員

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2012年4月 - 2013年3月 
      日本認知科学会   選挙管理委員長

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2008年7月 - 2009年7月 
      日本認知心理学会   大会準備委員長

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2001年1月 - 2005年1月 
      日本認知科学会   編集委員

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 1999年1月 - 2001年1月 
      日本認知科学会   運営委員

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 1999年1月 - 2001年1月 
      日本教育心理学会   常任編集委員

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 1996年1月 - 1998年1月 
      日本認知科学会   編集委員

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    ▼全件表示

    受賞

    • 2015年9月  
      日本認知学会  日本認知科学会奨励論文賞  多属性意思決定における妥協効果と魅力効果の生起機序に関する包括的分析:生理学的指標と眼球運動測定に基づく実験的検討
       
      千葉元気, 都築誉史

      詳細を見る

      受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

      受賞国:日本国

      researchmap

    論文

    • Influence of divided attention on the attraction effect in multialternative choice 査読有り 国際誌

      Takashi Tsuzuki, Yuji Takeda, Itsuki Chiba

      Judgment and Decision Making16 ( 3 ) 729 - 742   2021年5月31日

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Society for Judgment and Decision Making  

      The attraction effect in multialternative decision making reflects the context dependent violation of rational choice axioms. This study examined the effect of concurrent divided attention in three-alternative visual choice tasks. The concurrent divided attention task is considered to consume the mental resources available for the choice task. There were three conditions: (a) the task-relevant condition, in which the auditory task should consume resources across multiple levels; (b) the task-irrelevant condition, in which the auditory stimuli should consume perceptual resources; (c) and the control condition, in which the resources should not be consumed by auditory stimuli. Thirty-three participants solved 24 hypothetical purchase problems with three alternatives that differed in terms of two attributes. The results indicated that the choice proportion of the target was significantly higher in the task-relevant condition than in the task-irrelevant and control conditions, thereby suggesting that a reduction in cognitive (and/or response) resources is critical for the attraction effect.
      Keywords: attraction effect, multialternative choice, divided attention, mental resources

      researchmap

      その他リンク: http://journal.sjdm.org/20/200422a/jdm200422a.pdf

    • 判断と意思決定 招待有り 査読有り

      都築誉史

      児童心理学の進歩59   52 - 82   2020年6月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Effortful processing reduces the attraction effect in multi-alternative decision making: An electrophysiological study using a task-irrelevant probe technique 査読有り

      Takashi Tsuzuki, Yuji Takeda, Itsuki Chiba

      Frontiers in Psychology10 ( Article 896 ) 1 - 9   2019年4月24日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers  

      The attraction effect in multi-alternative decision making reflects the context-dependent violation of axioms that are considered fundamental to rational choice. This effect is believed to depend on relatively effortless and intuitive processing (System 1) rather than on effortful and elaborative processing (System 2). To investigate the relationship between cognitive resources and the attraction effect in detail, we used a task-irrelevant probe technique, wherein task-irrelevant auditory probes were presented while participants viewed each alternative in a decision-making task, and measured the electroencephalographic responses to the probes. Thirty participants solved 48 hypothetical purchase problems with three alternatives that differed in terms of two attributes. We found that, in the second epoch of the experimental trials (possibly corresponding to the evaluation and comparison stage), the mean N1 amplitudes of the event-related potentials elicited by the auditory probes were significantly smaller when participants chose the competitor (i.e., trials in which no attraction effect occurred) than when participants chose the target (i.e., trials in which an attraction effect may have occurred). This result suggests that the allocation of more cognitive resources to the alternatives disrupts the attraction effect. This finding supports the assumption that intuitive comparisons among alternatives executed by System 1 are critical for the occurrence of the attraction effect.

      DOI: 10.3389/fpsyg.2019.00896

      researchmap

    • 2属性3選択肢意思決定課題での幻選択肢セットにおけるニューラルネットワークモデルの検討 査読有り

      相馬 正史, 都築 誉史

      立教大学心理学研究60   87 - 98   2018年3月31日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:立教大学現代心理学部心理学科  

      researchmap

    • 特集「判断と意思決定の認知科学」編集にあたって

      都築誉史, 松田憲

      認知科学22 ( 4 ) 308 - 314   2015年9月1日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本認知科学会  

      researchmap

    • 考察方略が道徳ジレンマ状況における判断に及ぼす影響 査読有り

      相馬 正史, 都築 誉史

      立教大学心理学研究57   51 - 61   2015年3月31日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:立教大学現代心理学部心理学科  

      researchmap

    • 多属性意思決定における妥協効果と魅力効果の生起機序に関する包括的分析:生理学的指標と眼球運動測定に基づく実験的検討 査読有り

      千葉元気, 都築誉史

      認知科学21 ( 4 ) 451 - 467   2014年12月1日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本認知科学会  

      researchmap

    • 意思決定におけるバイアス矯正の研究動向 査読有り

      相馬正史, 都築誉史

      立教大学心理学研究56   45 - 58   2014年3月31日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • 眼球運動の時系列解析による多属性意思決定における魅力効果と妥協効果に関する検討 査読有り

      都築誉史, 本間元康, 千葉元気, 菊地学

      認知心理学研究11 ( 2 ) 81 - 96   2014年2月28日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 医療に関わる意思決定研究の動向 査読有り

      菊地 学, 都築 誉史

      立教大学心理学研究55   55 - 66   2013年3月31日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:立教大学現代心理学研究科心理学専攻  

      researchmap

    • 意思決定における決定方略と過程追跡法(process tracing method)に関する研究動向 査読有り

      千葉 元気, 都築 誉史

      立教大学心理学研究55   33 - 44   2013年3月31日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:立教大学現代心理学研究科心理学専攻  

      researchmap

    • 道徳ジレンマ状況における意思決定研究の動向 査読有り

      相馬 正史, 都築 誉史

      立教大学心理学研究55   67 - 78   2013年3月31日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:立教大学現代心理学研究科心理学専攻  

      researchmap

    • 多属性意思決定における選択結果と事後解釈の不一致 : チョイス・ブラインドネスと限定合理性による意思決定 査読有り

      橋本 雄一, 都築 誉史

      立教大学心理学研究55   45 - 54   2013年3月31日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:立教大学現代心理学研究科心理学専攻  

      researchmap

    • 多属性意思決定における類似性効果,魅力効果,妥協効果に関する多測度分析 査読有り

      都築 誉史, 松井 博史, 菊地 学

      心理学研究83 ( 5 ) 398 - 408   2012年12月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本心理学会  

      DOI: 10.4992/jjpsy.83.398

      Scopus

      PubMed

      researchmap

      その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpsy/83/5/83_398/_pdf

    • A multi-measure analysis of context effects in multi-attribute decision making: Examining the similarity, attraction, and compromise effects. 査読有り

      Takashi Tsuzuki, Jerome R. Busemeyer

      Proceedings of the 34th Annual Conference of the Cognitive Science Society34   1054 - 1059   2012年8月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:The Cognitive Science Society  

      researchmap

    • 意思決定スタイルに関する日本語版決定困難懸念尺度の作成と信頼性・妥協性の検討 査読有り

      菊地 学, 都築 誉史, 千葉 元気

      立教大学心理学研究54   35 - 42   2012年3月31日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:立教大学現代心理学研究科心理学専攻  

      researchmap

    • 多属性-多肢選択意思決定における文脈効果と二重過程理論に関する研究動向―セルフコントロールと認知資源の相互関係― 査読有り

      千葉 元気, 都築 誉史

      立教大学心理学研究54   59 - 66   2012年3月31日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:立教大学現代心理学研究科心理学専攻  

      researchmap

    • 高次認知過程に関する計算論的モデル研究の動向 査読有り

      都築誉史, 菊地学

      立教大学現代心理学部 立教大学心理学研究52   33 - 47   2010年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • 心的辞書における多義語の形態情報,意味情報,統語情報の構造―非対称MDS,INDSCAL, INDCLUSによる連想反応データの分析― 査読有り

      都築誉史, 岡太彬訓, 久野雅樹, 齋藤洋典

      立教大学現代心理学部 立教大学心理学研究50   57 - 65   2008年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • 追求-後悔尺度による意思決定スタイルの測定―尺度の信頼性 と自己肯定意識尺度との関係に関する検討―

      都築 誉史

      立教大学社会学部 応用社会学研究50   93 - 104   2008年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • 購買意思決定において参照される商品属性に関する探索的分析

      都築誉史, 松井博史, 木村泰之

      立教大学社会学部 応用社会学研究48   37 - 52   2006年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • フレーミングによる漸進的/急進的な意思決定に関する実験的検討

      松井博史, 都築誉史

      立教大学社会学部 応用社会学研究48   205 - 211   2006年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • 多属性意思決定における文脈効果に関するモデル研究の動向 査読有り

      都築誉史, 松井博史

      立教大学現代心理学部 立教大学心理学研究48   69 - 79   2006年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • メディアコミュニケーションにおけるメディア意識と対人意識に関する分析―携帯電話,携帯メール,電子メール条件の比較― 査読有り

      都築誉史, 木村泰之, 松井博史

      立教大学文学部 立教大学心理学研究47   25 - 34   2005年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • Effects of syntactic information on semantic access of ambiguous verbs in spoken language comprehension: Evidence from a cross-modal priming experiment 査読有り

      Takashi Tsuzuki, Teruhisa Uchida, Ryoji Yukihiro, Masaki Hisano, Kazuyo Tsuzuki

      Japanese Psychological Research46 ( 1 ) 31 - 43   2004年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Blackwell Publishing Ltd  

      The aim of this study was to examine how syntactic information affects the semantic processing of ambiguous verbs in spoken Japanese. The effect of a postpositional particle on semantic access of an ambiguous verb at the end of the sentence was demonstrated in two kinds of sentences, S-ga-V sentences (subject, subjective postpositional particle, and ambiguous verb) and O-wo-V sentences (object, objective postpositional particle, and ambiguous verb). A cross-modal priming method was used in which a target noun was presented visually in Kanji (Chinese) characters either one syllable before the end or immediately after the end of the ambiguous verb. Weak multiple priming occurred in the one-syllable-before condition, followed by selective access in the immediately after condition, but this multiple access was partially constrained by the preceding postpositional particle. A brief occurrence of multiple access and rapid transition to selective access were detected. Furthermore, objective particles were found to have stronger constraints on multiple access than on subjective particles, A connectionist model using a constraint-based lexical approach was consistent with the experimental results.

      DOI: 10.1111/j.1468-5884.2004.00234.x

      Scopus

      researchmap

    • A Stochastic Comparison-Grouping Model of Multialternative Choice: Explaining Decoy Effects 査読有り

      Takashi Tsuzuki, Frank Y. Guo

      PROCEEDINGS OF THE TWENTY-SIXTH ANNUAL CONFERENCE OF THE COGNITIVE SCIENCE SOCIETY   1351 - 1356   2004年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:LAWRENCE ERLBAUM ASSOC PUBL  

      Based on Guo and Holyoak's (2002a, 2002b) work, we propose a stochastic comparison-grouping theory of multialternative decision making to explain three context-induced violations of rational choice. The attraction effect and the similarity effect are explained by stochastic comparison grouping, according to which similar alternatives are compared more frequently than dissimilar alternatives are. The compromise effect is explained by the assumption that attribute values are perceived according to a basic psychophysical function, in addition to the comparison grouping mechanism. Furthermore, this model explains individual differences in choice by assuming interpersonal differences in pre-existing attitude toward products.

      researchmap

    • A connectionist model of group decision making and communication mode: Comparison between computer-mediated versus face-to-face communication 査読有り

      TSUZUKI Takashi, YUKIHIRO Ryoji, KIMURA Yasuyuki

      Proceedings of the Joint International Conference on Cognitive Science (ICCS/ASCS-2003)   2003年7月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

      researchmap

    • コネクショニストモデルと高次認知過程

      都築 誉史

      電子情報通信学会 信学技報(ニューロコンピューティング)101 ( 615 ) 1 - 8   2002年12月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 認知科学とコネクショニストモデル 査読有り

      都築誉史, 浅川伸一

      日本認知科学会 認知科学10   2 - 8   2002年4月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 記憶に関するコネクショニストモデルの動向 招待有り 査読有り

      都築 誉史

      日本基礎心理学会 基礎心理学研究20   169 - 174   2002年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 高次認知過程に関するコネクショニストモデルの動向

      都築誉史, 河原哲雄, 楠見 孝

      日本心理学会 心理学研究72 ( 6 ) 541 - 555   2002年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.4992/jjpsy.72.541

      Scopus

      PubMed

      researchmap

    • コネクショニズム(特集 20世紀の認知科学を振り返る―新世紀の発展に向けて―) 招待有り 査読有り

      都築 誉史

      日本認知科学会 認知科学8   225 - 238   2001年9月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 単語音読に関する認知心理学的モデルの動向―二重ルート・モデル,アナロジー・モデル,並列分散処理モデル― 査読有り

      都築 誉史

      立教大学文学部 立教大学心理学研究42   21 - 30   2000年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • 大学生におけるメディア・コミュニケ-ションの心理的特性に関する分析―対面,携帯電話,携帯メール,電子メール条件の比較―

      都築 誉史, 木村泰之

      立教大学社会学部 応用社会学研究42   15 - 24   2000年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • Effects of postpositional particles on semantic processing of homophonic transitive and intransitive verbs using a cross-modal priming method: Empirical data and a parallel distributed processing account. 査読有り

      TSUZUKI Takashi, UCHIDA Teruhisa, KAWAMOTO Alan, H, YUKIHIRO Ryoji, HISANO Masashi, TSUZUKI Kazuyo

      Proceedings of the 2nd International Conference of the Cognitive Science   1034 - 1037   1999年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

      researchmap

    • 語彙的多義性の処理に関する並列分散処理モデル-文脈と共に提示された多義語の認知に関する実験データの理論的統合- 査読有り

      都築誉史, Alan,H.Kawamoto, 行広隆次

      日本認知科学会 認知科学6   91 - 104   1999年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 音読データの音素レベルにおける分析-認知心理学における音読潜時測定の諸問題-

      都築誉史

      立教大学社会学部 応用社会学研究41   51 - 57   1999年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • 集団意思決定とコミュニケーション・モード―対面条件とコンピュータ・コミュニケーション条件の差違に関する実験社会心理学的検討―

      木村泰之, 都築誉史

      日本グループ・ダイナミックス学会 実験社会心理研究38   183 - 192   1998年12月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • 認知心理学における記憶表象と言語処理に関するネットワークモデル-意味ネットワーク,文のネットワーク表象,並列分散処理-

      都築誉史

      応用社会学研究40   27 - 44   1998年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • Effects of syntactic information on semantic access of ambiguous verbs in comprehending an auditorily presented sentence. 査読有り

      TSUZUKI Takashi

      Abstract of the 8th International Conference on Cognitive Processing of Asian Languages & Symposium on Brain, Cognition, and Communication   92 - 92   1997年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

      researchmap

    • Effects of syntactic information on ambiguous Japanese verbs in sentence comprehension using a cross-modal priming task

      T Tsuzuki

      PROCEEDINGS OF THE NINETEENTH ANNUAL CONFERENCE OF THE COGNITIVE SCIENCE SOCIETY   1071 - 1071   1997年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:LAWRENCE ERLBAUM ASSOC PUBL  

      researchmap

    • 文の理解における語彙的多義性の解消過程に関するコネクショニスト・モデル 査読有り

      都築 誉史

      心理学評論39   273 - 294   1996年12月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • An analysis of the semantic and syntactic features of polysemous verbs in the mental lexicon using INDSCAL and INDCLUS 査読有り

      TSUZUKI Takashi, OKADA Akinori

      Abstract of 5th Conference of International Federation of Classification Societies   91-94   1996年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

      researchmap

    • コンピュータ使用における心理的要因の分析-情報リテラシー教育における学習者の意識-

      都築誉史, 岡太彬訓

      立教大学社会学部 応用社会学研究37   1 - 10   1995年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • 言語処理における記憶表象の活性化・抑制過程に関する研究―文の再認記憶と語彙的理解に関するコンピュータ・シミュレーションと実験的検討― 査読有り

      都築誉史

          1994年12月1日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(その他)  

      researchmap

    • プライムとターゲットの文脈依存的関連性と文脈独立的関連性が語彙的多義性の解消過程に及ぼす効果 査読有り

      都築 誉史

      日本心理学会 心理学研究64 ( 3 ) 191 - 198   1993年8月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 言語理解における多義性の解消過程に関するコネクショニスト・モデル

      都築誉史

      立教大学社会学部 応用社会学研究35   89 - 101   1993年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • 連想記憶における検索過程(2)-文脈と共に提示された48同音異義語に対する連想反応に関する基準表-

      齋藤洋典, 都築誉史

      名古屋大学教養部紀要B35   49 - 80   1991年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • The context effect for the semantic disambiguation process of homophones

      都築誉史

      立教大学社会学部 応用社会学研究33   223 - 231   1991年3月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • 自然言語処理に対する認知科学的アプローチ

      都築誉史

      立教大学社会学部 応用社会学研究32   9 - 17   1990年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • 連想記憶における検索過程-48同音異義語に対する検索多様性に関する基準表-

      齋藤洋典, 都築誉史

      名古屋大学教養部紀要B33   69 - 106   1989年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • Spreading activation theories in sentence memory,sentence comprehension,and speech production.

      都築誉史

      名古屋大学教育学部紀要35   67 - 84   1988年3月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • 偶発学習された逐語的情報がS-O-V型文の再認記憶に及ぼす効果 査読有り

      都築 誉史

      日本心理学会 心理学研究58 ( 3 ) 151 - 157   1987年8月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 選択的注意課題における処理水準が標的語と非標的語の保持に及ぼす効果 査読有り

      都築 誉史

      日本心理学会 心理学研究56 ( 6 ) 328 - 334   1986年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.4992/jjpsy.56.328

      Scopus

      PubMed

      researchmap

    • 文記憶のネットワーク活性化モデルに関するコンピュータ・シミュレーション-S-O-V型文について-

      都築誉史

      名古屋大学教育学部紀要32   21 - 47   1985年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • 文記憶のネットワーク活性化モデルに関するコンピュータ・シミュレーションと実験的検討 査読有り

      都築誉史

          1984年3月31日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(その他)  

      researchmap

    ▼全件表示

    MISC

    • Influences of social distance and accountability in multi-alternative decision making

      Manabu Kikuchi, Takashi Tsuzuki

      INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY51   350 - 350   2016年7月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD  

      researchmap

    • Phantom effect in dynamical models of multialternative choice

      Masashi Soma, Tsuzuki Takashi, Chiba Itsuki

      INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY51   352 - 353   2016年7月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD  

      researchmap

    • The impact of simultaneous presentation of plural prisoner's dilemma games on the cooperation rate and its prediction

      Hiroki Kawai, Takashi Tsuzuki, Itsuki Chiba

      INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY51   173 - 173   2016年7月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD  

      researchmap

    • An eye-tracking analysis of context effects in multi-attribute, multi-alternative decision making: Examining the attraction effect and the compromise effect

      Takashi Tsuzuki, Toshiyuki Shirai, Akira Ohta, Hiroshi Matsui, Motoyasu Honma

      INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY43 ( 3-4 ) 163 - 163   2008年6月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:PSYCHOLOGY PRESS  

      researchmap

    書籍等出版物

    • 臨床心理学スタンダードテキスト

      都築誉史( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 認知・思考―機序と障害―(8. 知覚・認知心理学))

      金剛出版  2021年 

      詳細を見る

    • ICT・情報行動心理学

      都築 誉史, 松尾 太加志, 藤 桂, 坂元 章, 竹中 毅( 担当: 編集 ,  範囲: はじめに,第1章・ICT・情報行動心理学への招待,第5章・集団による課題遂行とコミュニケーション)

      北大路書房  2017年5月10日  ( ISBN:9784762829642

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • 誠信 心理学辞典 [新版]

      下山 晴彦( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 認知のモデル研究)

      誠信書房  2014年9月3日  ( ISBN:4414305071

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

      researchmap

    • 認知心理学ハンドブック

      日本認知心理学会( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 記憶のモデル,シミュレーション)

      有斐閣  2013年12月20日  ( ISBN:9784641184169

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • 思考と言語(現代の認知心理学3)

      都築誉史( 担当: 共著 ,  範囲: 言語と思考に関するコネクショニストモデル(第4章))

      北大路書房  2010年7月20日  ( ISBN:9784762827198

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • 認知心理学(New Liberal Arts Selection)

      箱田裕司, 都築誉史, 川畑秀明, 萩原滋( 担当: 共著 ,  範囲: 第7, 9, 10, 11, 12章,TOPICS9-2, 12-2)

      有斐閣  2010年7月5日  ( ISBN:9784641053748

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

      researchmap

    • 心理学総合事典

      都築 誉史( 担当: 単著 ,  範囲: 11章11.1「知識と言語理解」pp.257-267)

      朝倉書店  2006年6月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

      researchmap

    • 人工知能学事典

      都築 誉史( 担当: 単著 ,  範囲: コネクショニズム)

      共立出版  2005年12月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

      researchmap

    • 高次認知のコネクショニストモデル―ニューラルネットワークと記号的コネクショニズム―

      都築誉史, 楠見孝( 担当: 共編者(共編著者) ,  範囲: 「はじめに」,「編集にあたって」,第1章「高次認知のコネクショニストモデル」)

      共立出版  2005年7月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • 心理学実験マニュアル-SPSSの使い方からレポートへの記述まで-

      若島孔文, 都築誉史, 松井博史( 担当: 共編者(共編著者) ,  範囲: 第4章・分散分析)

      北樹出版  2005年4月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

      researchmap

    • 新・心理学の基礎知識

      都築 誉史( 担当: 単著 ,  範囲: プロダクション・システム,活性化拡散モデル)

      有斐閣  2005年1月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

      researchmap

    • 認知科学パースぺクティブ―心理学からの10の視点―

      都築誉史( 担当: 編集 ,  範囲: はじめに,序章,特別コラム1・コネクショニストモデル,第4章・言語理解,第9章・電子ネットワーキングとコラボレーション)

      信山社  2002年6月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • コネクショニストモデルと心理学―脳のシミュレーションによる心の理解―

      守 一雄, 都築誉史, 楠見 孝( 担当: 共編者(共編著者) ,  範囲: 集団意思決定におけるコミュニケーションモードとリスキーシフトに関する並列制約充足モデル,言語理解における多義性の処理,あとがき)

      北大路書房  2001年6月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • 現代心理学[理論]事典

      都築誉史( 担当: 共著 ,  範囲: ネットワーク理論(概念のネットワーク,コネクショニスト・モデル))

      朝倉書店  2001年4月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

      researchmap

    • 認知研究の技法

      都築 誉史( 担当: 単著 ,  範囲: コンピュータ・シミュレーション,ニューラルネットワーク(PDP)法,プロダクション・システム)

      福村出版  1999年2月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • 言語処理における記憶表象の活性化・抑制過程に関する研究

      都築誉史( 担当: 単著)

      風間書房  1997年2月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • データ分析のための統計入門

      岡太彬訓, 都築誉史, 山口和範( 担当: 共著)

      共立出版  1995年10月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

      researchmap

    • 教育心理学用語辞典

      都築誉史( 担当: 単著 ,  範囲: 媒介過程,般化,ヒューリスティックス,分散学習,並列分散処理,弁別,弁別学習,忘 却と想起,マセティクス法,マトリックス法,模倣学習,連想,連想価)

      学文社  1994年4月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

      researchmap

    • 経済・社会学のためのコンピュータ入門

      都築誉史( 担当: 単著 ,  範囲: 社会調査 pp.171-182)

      朝倉書店  1994年4月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:その他

      researchmap

    • 新社会学辞典

      都築誉史( 担当: 単著 ,  範囲: スクリプト,内発的動機づけ,認知,認知科学,認知過程,認知構造,認知心理学,認知的環境)

      有斐閣  1993年4月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

      researchmap

    ▼全件表示

    講演・口頭発表等

    • 多肢選択意思決定における最終決定に基づいた魅力効果と妥協効果の時系列サッカード分析

      都築誉史, 千葉元気

      日本心理学会第 84 回大会  2020年 

      詳細を見る

      開催年月日: 2020年 - 2020年

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • A time-series saccades analysis of the attraction and compromise effects based on the final decision in multi-alternative decision making. 国際会議

      Takashi Tsuzuki, Itsuki Chiba

      Subjective Probability, Utility, and Decision Making (SPUDM) 2019  2019年8月18日  The European Association for Decision Making

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Amsterdam, Netherlands  

      researchmap

    • Awareness of emotional stimuli in a video: Suppressed memory of the video. 国際会議

      Daisuke Shimane, Takashi Tsuzuki, Yuji Itoh

      Annual Conference of the European Association of Psychology and Law (EAPL) 2019  2019年7月17日  The European Association of Psychology and Law (EAPL)

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Santiago de Compostela, Spain  

      researchmap

    • A time-series eye-tracking analysis of the attraction and compromise effects separated by the final decision in multi-alternative choice 国際会議

      Takashi Tsuzuki, Itsuki Chiba

      The 39th Annual Conference of Society for Judgment and Decision Making  2018年11月17日  Society for Judgment and Decision Making

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:New Orleans, USA  

      Two much-studied findings regarding context-dependent choice effects, the attraction and compromise effects, warrant specific attention since they constitute violations of axioms fundamental to rational choice. The present study addresses these effects collectively because of their important shared commonalities. These effects occur when a third alternative (decoy) is added to a two-alternative choice set. This study examines the effects in a two-attribute form (see Figure 1). The alternatives, namely the target and the competitor, constitute the core set, and choosing one or the other requires a trade-off. When the decoy is added to this core set, if it is inferior to the target on all attributes, the choice probability of the target should increase relative to that of the competitor. This is called the attraction effect. When the decoy is set to an extreme, such that the target’s position becomes intermediate between the decoy and the competitor, the target should be chosen most often. This is called the compromise effect. To investigate the underlying mechanism of these two context effects concurrently, we examined participants’ information acquisition while recording their eye movements (eye fixation times; Tsuzuki, Chiba, & Soma, 2014). To further examine the occurrence mechanism of the two context effects in multi-alternative choice, we reanalyzed the information search patterns of participants’ eye-tracking data in detail, distinguished by their final decisions (target or competitor).

      researchmap

    • Influence of cognitive resource allocation on the attraction effect in multi-alternative decision making: An experimental study using a dual-task paradigm 国際会議

      Takashi Tsuzuki, Yuji Takeda, Itsuki Chiba

      The 59th Annual Meeting of the Psychonomic Society  2018年11月15日  The Psychonomic Society

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:New Orleans, USA  

      Studies of the attraction effect usually utilize a three-alternative (target, competitor, and decoy) decision-making task in which each alternative has two attributes (Tsuzuki & Busemeyer, 2012; Tsuzuki & Guo, 2004). When the decoy attributes are slightly inferior to those of the target, the choice probability of the target increases compared to that of the competitor. The attraction effect in multi-alternative decision making reflects the context-dependent violation of axioms that are considered fundamental to rational choice. This effect is believed to depend on relatively effortless and intuitive processing (System 1 of the dual-process theory) rather than on effortful and elaborative processing (System 2). In our previous study (Tsuzuki, Takeda, & Chiba, 2016) that investigated the relationship between cognitive resources and the attraction effect in detail, we used a task-irrelevant probe technique (Takeda & Kimura, 2014) and measured the electroencephalographic (EEG) responses to the probes. We found that the mean N1 amplitudes of the event-related potentials (ERPs) elicited by the auditory probes were significantly larger when participants chose the target than when they chose the competitor. In this study, to confirm the a priori assumption of the previous experiment, we performed an additional experiment without measuring ERPs to examine the competition between a visual three-alternative decision-making task and an auditory oddball task (i.e., the detection of a target). We examined whether or not the choice proportion of the target (i.e., the strength of the attraction effect) was influenced by performing an auditory oddball task. Because the auditory oddball task should consume the cognitive resources, it was predicted that the attraction effect would increase when the participants performed the visual decision-making task concurrently with the auditory oddball task compared with when the participants performed only the visual decision-making task and ignored the auditory stimuli.

      researchmap

    • Examination of the influence of structural incongruity on humor processing by measuring event-related potential 国際会議

      Uta Seshita, Takashi Tsuzuki

      The 38th Annual Conference of Society for Judgment and Decision Making  2017年11月10日  Society for Judgment and Decision Making

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:Vancouver, Canada  

      researchmap

    • A time-series eye-fixation analysis of the similarity-compromise effect 国際会議

      Takashi Tsuzuki, Itsuki Chiba

      The 39th Annual Conference of the Cognitive Science Society  2017年7月26日  The Cognitive Science Society

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:London, UK  

      researchmap

    • An examination of the correlation between sense of humor and fantasy proneness 国際会議

      Uta Seshita, Takashi Tsuzuki

      The 37th Annual Conference of Society for Judgment and Decision Making  2016年11月18日  Society for Judgment and Decision Making

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Boston, USA  

      researchmap

    • Effortful processing reduces the attraction effect in multi-alternative decision making: An electrophysiological study using a task-irrelevant probe technique 国際会議

      Takashi Tsuzuki, Yuji Takeda, Itsuki Chiba

      The 57th Annual Meeting of the Psychonomic Society  2016年11月17日  The Psychonomic Society

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Boston, USA  

      researchmap

    • The impact of simultaneous presentation of plural prisoner's dilemma games on the cooperation rate and its prediction 国際会議

      Hiroki Kawai, Takashi Tsuzuki, Itsuki Chiba

      The 31st International Congress of Psychology (ICP2016)  2016年7月24日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:Yokohama, Japan  

      researchmap

    • Phantom effect in dynamical models of multialternative choice 国際会議

      Masashi Soma, Takashi Tsuzuki, Itsuki Chiba

      The 31st International Congress of Psychology (ICP2016)  2016年7月24日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Yokohama, Japan  

      researchmap

    • Influences of social distance and accountability in multi-alternative decision making 国際会議

      Manabu Kikuchi, Takashi Tsuzuki

      The 31st International Congress of Psychology (ICP2016)  2016年7月24日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Yokohama, Japan  

      researchmap

    • A time-series attribute-and-alternative-wise saccades analysis of the attraction and compromise effects in multi-alternative decision making 国際会議

      Takashi Tsuzuki, Itsuki Chiba

      The 36th Annual Conference of Society for Judgment and Decision Making  2015年11月20日  Society for Judgment and Decision Making

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Chicago, USA  

      researchmap

    • Eye-tracking analysis of compromise and attraction effects in perceptual decision making 国際会議

      Itsuki Chiba, Takashi Tsuzuki, Shuichi Hashiguchi

      The 36th Annual Conference of Society for Judgment and Decision Making  2015年11月20日  Society for Judgment and Decision Making

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Chicago, USA  

      researchmap

    • Factors affecting communication style preferences: SNS versus face-to face and individual versus group 国際会議

      Ohkawa Tatsuya, Takashi Tsuzuki

      The 36th Annual Conference of Society for Judgment and Decision Making  2015年11月20日  Society for Judgment and Decision Making

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Chicago, USA  

      researchmap

    • Context effects in multi-alternative decision making and the Nl amplitude elicited by task irrelevant auditory probes 国際会議

      Takashi Tsuzuki, Yuji Takeda, Itsuki Chiba

      The 55th Annual Meeting of the Psychonomic Society  2015年11月19日  The Psychonomic Society

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Chicago, USA  

      researchmap

    • The effect of time pressure and ego depletion on moral judgment in the moral dilemma 国際会議

      Masashi Soma, Takashi Tsuzuki, Itsuki Chiba

      The 35th Annual Conference of Society for Judgment and Decision Making  2014年11月21日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Eye-tracking analysis of decision strategies involved in the context effects in perceptual decision making 国際会議

      Itsuki Chiba, Takashi Tsuzuki, Masashi Soma

      The 35th Annual Conference of Society for Judgment and Decision Making  2014年11月21日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • The influence of time pressure on the phantom effect in multi-attribute decision making 国際会議

      Takashi Tsuzuki, Itsuki Chiba, Masashi Soma

      Society for Judgment and Decision Making, the 35th Annual Conference  2014年11月21日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • The effect of emotional state on encoding of memory for recognition human faces with different facial expressions 国際会議

      Shuichi Hashiguchi, Motoyasu Honma, Takashi Tsuzuki

      The 55th Annual Meeting of the Psychonomic Society  2014年11月20日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • A time-series eye-fixation analysis of the similarity, attraction, and compromise effects in multi-attribute decision making 国際会議

      Takashi Tsuzuki, Itsuki Chiba, Masashi Soma

      The 55th Annual Meeting of the Psychonomic Socirty  2014年11月20日  The Psychonomic Socirty

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Long Beach, California, USA  

      researchmap

    • The effect of time pressure on group polarization and the first advocacy effect in group decision making 国際会議

      Tsuzuki, T, Kikuchi, M, Chiba, I

      Society for Judgment and Decision Making, The 34th Annual Conference  2013年11月15日  Society for Judgment and Decision Making

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Toronto, Canada  

      researchmap

    • An eye tracking and verbal protocol analysis of decision strategies in context effects of multi-attribute decision making 国際会議

      Itsuki Chiba, Takashi Tsuzuki, Masashi Soma

      The 34th Annual Conference of Society for Judgment and Decision Making  2013年11月15日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Toronto  

      researchmap

    • A time-series eye-tracking analysis of context effects in multi-attribute decision making 国際会議

      Tsuzuki T, Honma, M

      54th Annual Meeting of the Psychonomic Society  2013年11月14日  The Psychonomic Society

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Toronto, Canada  

      researchmap

    • The construal level theory and the dual process theory in multi-attribute decision making: An empirical examination 国際会議

      Itsuki Chiba, Takashi Tsuzuki, Manabu Kikuchi

      The 35th Annual Conference of the Cognitive Science Society  2013年7月31日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Berlin  

      researchmap

    • Differences between maximizers and satisficers in regret and counterfactual thinking during repeated versus switching decisions 国際会議

      Takashi Tsuzuki, Manabu Kikuchi, Itsuki Chiba

      The 35th Annual Conference of the Cognitive Science Society  2013年7月31日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Berlin  

      researchmap

    • The examination of physiological factor on two context effects in multi-attribute decision making. 国際会議

      Itsuki Chiba, Takashi Tsuzuki, Masashi Soma

      The 34th Annual Conference of the Cognitive Science Society  2012年7月31日  The Cognitive Science Society

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Sapporo  

      researchmap

    • Mutual interaction between product categories and three kinds of context effects in multi-attribute decision making. 国際会議

      Yuichi Hashimoto, Takashi Tsuzuki, Itsuki Chiba, Masashi Soma

      The 32nd Annual Conference of Society for Judgment and Decision Making  2011年11月3日  Society for Judgment and Decision Making

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Seattle, USA  

      researchmap

    • The influence of physiological factors on context effects in multi-attribute decision making. 国際会議

      Itsuki Chiba, Takashi Tsuzuki, Masashi Soma, Yuichi Hashimoto

      The 32nd Annual Conference of Society for Judgment and Decision Making  2011年11月3日  Society for Judgment and Decision Making

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Seattle, USA  

      researchmap

    • The influence of maximizing tendency on regret and counterfactual thinking in repeated versus switching decisions. 国際会議

      Takashi Tsuzuki, Manabu Kikuchi, Itsuki Chiba

      The 32nd Annual Conference of Society for Judgment and Decision Making  2011年11月3日  Society for Judgment and Decision Making

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Seattle, USA  

      researchmap

    • The influence of mood manipulation and decision-making style on the attraction effect in multi-attribute, multi-alternative decision making. 国際会議

      Takashi Tsuzuki, Manabu Kikuchi

      The 31th Annual Conference of Society for Judgment and Decision Making  2010年11月19日  Society for Judgment and Decision Making

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:St. Louis, USA  

      researchmap

    • The influevce of time pressure and information-searching activities on two context-dependent effects in multi-attribute decision making. 国際会議

      Manabu Kikuchi, Takashi Tsuzuki

      The 31th Annual Conference of Society for Judgment and Decision Making  2010年11月19日  Society for Judgment and Decision Making

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:St. Louis, USA  

      researchmap

    • An eye-tracking analysis of context effects in multi-attribute, multi-alternative decision making: Examining the attraction effect and the compromise effect. 国際会議

      TSUZUKI Takashi, Shirai, T, Ohta, A, Matsui, H, Honma, M

      The XXIX International Congress of Psychology  2008年7月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Berlin  

      researchmap

    • Context effects in multiattribute decision making: Examining attraction, similarity and compromise effects 国際会議

      TSUZUKI Takashi, MATSUI Hiroshi

      The 27th Annual Conference of Society for Judgment and Decision Making  2006年4月  Society for Judgment and Decision Making

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Houston, USA  

      researchmap

    • A stochastic comparison-grouping model of multialternative choice: Explaining decoy effects 国際会議

      TSUZUKI Takashi, GUO Frank

      The Twenty-sixth Annual Conference of the Cognitive Science Society  2004年8月  The Cognitive Science Society

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • Effects of postpositional particles on semantic processing of homophonic transitive and intransitive verbs using a cross-modal priming method: Empirical data and a parallel distributed processing account 国際会議

      TSUZUKI Takashi, T, Uchida, T, Kawamoto, A. H, Yukihiro, R, Hisano, M, Tsuzuki, K

      The 2nd International Conference of the Cognitive Science  1999年8月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Tokyo  

      researchmap

    • Effects of syntactic information on disambignation of homophonic Japanese verbs using a cross-modal priming task 国際会議

      TSUZUKI Takashi

      The 2nd Japanese conference on memory  1998年4月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Tsukuba  

      researchmap

    • Effects of syntactic information on ambiguous Japanese verbs in sentence comprehension using a cross-modal priming task 国際会議

      TSUZUKI Takashi

      The nineteenth annual conference of the Cognitive Science Society  1997年8月  The Cognitive Science Society

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Effects of syntactic information on semantic access of ambiguous verbs in comprehending an auditorily presented sentence 国際会議

      TSUZUKI Takashi

      The 8th International Conference on Cognitive Processing of Asian Languages  1997年4月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:Nagoya, Japan  

      researchmap

    • An analysis of the semantic and syntactic features of polysemous verbs in the mental lexicon using INDSCAL and INDCLUS 国際会議

      TSUZUKI Takashi, OKADA Akinori

      国際分類学会  1996年7月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:Tokyo  

      researchmap

    • Effects of associative strength between phonogramic and deogramic words on the processing of lexical ambiguity 国際会議

      TSUZUKI Takashi

      Abstract of the XXXVI International Congress of Psychology  1996年4月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • The context effect on the processing lexical ambiguity through the mental conversion from a polysemous phonogramic word to a compound ideogramic word: A speed-accuracy study. 国際会議

      TSUZUKI Takashi

      Abstract of the 7th International Conference on the Cognitive Processing of Chinese and other Asian Languages,Hong Kong  1995年4月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Hong Kong  

      researchmap

    ▼全件表示

    所属学協会

    ▼全件表示

    Works(作品等)

    • メディアコミュニケーションにおける心理的要因の分析 その他

      1999年4月
      -
      現在

      詳細を見る

      作品分類:その他  

      researchmap

    • 高次認知過程に関するコネクショニストモデル その他

      1999年4月
      -
      2002年4月

      詳細を見る

      作品分類:その他  

      researchmap

    • 音素レベルの分析に基づいたプライミング効果に関する実験心理学的検討 その他

      1999年4月
      -
      2001年4月

      詳細を見る

      作品分類:その他  

      researchmap

    • 語彙的多義性の処理に関する並列分散処理モデル(コネクショニストモデル) その他

      1996年4月
      -
      1999年4月

      詳細を見る

      作品分類:その他  

      researchmap

    • 集団意思決定とコミュニケーションモード その他

      1995年4月
      -
      1998年4月

      詳細を見る

      作品分類:その他  

      researchmap

    • コンピュータを利用した多人数授業の効果的展開法の研究 その他

      1995年4月
      -
      1995年4月

      詳細を見る

      作品分類:その他  

      researchmap

    • コンピュータ使用における心理的要因の分析 その他

      1994年4月
      -
      1995年4月

      詳細を見る

      作品分類:その他  

      researchmap

    • 連想記憶における検索過程 その他

      1987年4月
      -
      1991年4月

      詳細を見る

      作品分類:その他  

      researchmap

    ▼全件表示

    共同研究・競争的資金等の研究

    • 多肢選択意思決定に関する実験的検討とモデル構成

      科学研究費補助金 

      詳細を見る

      2005年4月 - 現在

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • メディアコミュニケーションにおける心理的要因の検討

      その他の研究制度 

      詳細を見る

      1999年4月 - 現在

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 高次認知に関するコネクショニストモデル

      その他の研究制度 

      詳細を見る

      1997年4月 - 現在

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 認知的負荷が多属性意思決定に及ぼす影響の解明:生体信号・生理指標に基づく分析

      日本学術振興会  科学研究費補助金 

      都築 誉史

      詳細を見る

      2013年4月 - 2016年3月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      研究目的(概要)※ 当該研究計画の目的について、簡潔にまとめて記述してください。
      本研究の目的は,認知的負荷が,非合理的な選択現象である多属性意思決定における3種類の文脈効果(類似性効果,魅力効果,妥協効果)に影響を及ぼすメカニズムを,生体信号指標(眼球運動,事象関連電位)と,生理学的指標(血中グルコース濃度,唾液アミラーゼ活性)を用いて解明することにある。つまり,認知的負荷を与える状況で,2属性3肢選択意思決定課題を用い,(a) 眼球運動におけるサッカードの特徴を詳細に測定し,(b) 脳波の事象関連電位における関連成分の変化を明らかにする。また,(c) 実験参加者の血中グルコース濃度と唾液アミラーゼ活性を測定し,認知的負荷と認知資源の消耗やストレスとの関係を解明することを目指す。本研究は斬新な着想と,新しい方法論の適用を有し,研究成果の社会的応用も期待できる。
      ① 研究の学術的背景
      【文脈依存的な選択】 人間の複数の選択肢に対する選好は,元の選択肢の組に別の選択肢を追加することによって,多様に変化してしまう。複数の属性において異なる幾つかの対象から,人がどのように選択を行っているかという多属性-多肢選択意思決定に関して,近年,さまざまな選好の変化や逆転が生じるという知見が蓄積されてきた([1], 業績1, 6)。意思決定における文脈効果は,合理的な選択に関する規範的理論とは明らかに矛盾している。
      一方,こうした現象は,消費者行動,マーケティング(商品企画,販売戦略),公共選択(多数決による意思決定)といった実社会の諸問題と密接に関連しており,非常に重要な研究テーマである。この多属性意思決定における文脈効果に,認知的負荷が及ぼす影響を解明しようとする点に,本研究の斬新さがある。
      【3種類の文脈効果】 合理的選択に関する諸公理に違反した文脈依存的な選択現象として,本研究では,数多くの研究が行われてきた,2属性3肢選択意思決定課題における,類似性効果(similarity effect),魅力効果(attraction effect),妥協効果(compromise effect)の三つに焦点を当てる(詳細については“研究計画・方法”で説明する)。多属性意思決定における文脈効果について,認知的負荷という重要な要因に注目し,生体信号・生理指標の面から総合的に検討した研究は,従来,国内外で発表されておらず,独創的であり,国際的なレベルの成果が得られる可能性が高い。
      【認知的負荷】 認知的負荷(cognitive load)が高ければ,心的処理に必要な認知資源が消費される。認知的負荷が文脈効果に及ぼす影響について,包括的な研究はなされていない。しかし,認知資源を消耗させる課題を行うと魅力効果は増大し,妥協効果は逆に減少するという知見がある(業績7, 18)。人間の有する認知資源が消耗すると,セルフコントロールは低下する。認知資源は,血中のグルコース濃度によって測定が可能であると考えられている([2], 業績8)。認知的負荷が文脈効果にどのように影響を及ぼすかを検討することは,文脈効果が生起する基礎メカニズムを明らかにする上でも重要である。著者のグループでは,実験参加者の血中グルコース濃度を操作し,魅力効果と妥協効果に関して,認知資源の消耗やセルフコントロールと関連づけた実験や(業績7, 18),唾液アミラーゼ活性によってストレスを測定する実験を行ってきた実績がある。
      【測定方法の精緻化】 著者は2004年に,多属性意思決定における3種類の文脈効果を統一的に説明するモデルを発表した[3]。2005年以降,科学研究費補助金(基盤C)を受け,複数の予備調査に基づいて刺激材料を確定したうえで,2属性3肢選択意思決定課題における文脈効果について,選択率,反応時間,確信度を厳密に測定する実験を行い,論文を発表してきた(業績1, 6)。さらに,文脈効果が生起するメカニズムを解明するうえで,意思決定に至る情報探索・情報取得過程を詳細に検討することは非常に重要である。著者のグループでは,後続研究として,3肢選択課題遂行時の眼球運動におけるサッカードと停留時間の測定や(業績34, 35, [4]),マウス操作をトレーシングすることにより,3肢選択課題遂行時の情報探索・情報取得過程を分析する実験を行ってきた(業績27, 30)。


      ② 研究期間内に何をどこまで明らかにしようとするのか
      【研究の要点】本研究の目的は次の4点である。(1) 認知的負荷が,多属性意思決定課題における3種類の文脈効果に及ぼす影響について明らかにするため,眼球運動(サッカード)について詳細に分析する。(2) 認知的負荷が,文脈効果に及ぼす影響を明らかにするため,脳波における事象関連電位を分析する。(3) 認知的負荷が,実験参加者の血中グルコース濃度と,唾液アミラーゼ活性に及ぼす影響を生理学的に検討する。(4) 多様な実験データを統合し,多属性意思決定における文脈効果に関するモデルを発展させる。以下は,この4点に関する補足説明である。

      (1) 認知的負荷を操作するため,認知資源を消耗させる認知的葛藤課題(ストループ課題)と,課題遂行の時間制限(time pressure)の二つを用いる。著者らの従来の実験では,頭部搭載型・眼球運動測定装置(nac EMR-8)の時間分解能が低いため,属性ごとの注視について詳細に測定できなかった。また,頭部搭載型であるため,実験参加者に心理的な負担を与えた可能性がある。こうした点を改良し,参加者に負担が少ない非接触型・眼球運動測定装置(Tobii X120)を用い,認知的負荷が文脈効果に影響を及ぼすメカニズムを解明する。
      (2) 事象関連電位については,後頭のselection negativityと,前頭N2成分について分析を行う。
      (3) 認知的負荷を高める課題を行わせた後,グルコースを投与した群と,合成甘味料を投与した群で,多属性意思決定課題における文脈効果がどのように変化するかを検討する。同時に,心理的ストレスの指標である唾液アミラーゼ活性についても分析する。
      (4) 実験結果と従来の知見を統合し,認知的負荷が多属性意思決定における文脈効果に影響を及ぼすメカニズムについて,従来のモデルを,生体信号・生理指標をもふまえた形に発展させる。

      ③ 本研究の学術的な特色・独創的な点及び予想される結果と意義
      【生体信号・生理指標】 多属性意思決定における文脈効果について,認知的負荷という要因に注目し,生体信号・生理指標の面から,総合的に検討した研究は,従来,国内外で発表されておらず,独創的である。
      【二重過程理論】 人間の認知・思考に関する二重過程理論(dual process theory)によれば,(a) 高速,並列的で,自動的なシステム1(潜在的過程)と,(b) 低速,継時的で,認知資源を必要とするシステム2(顕在的過程)が区別されている(業績24)。先行研究では,魅力効果はシステム1に依存し,妥協効果はシステム2に依存するという報告があるが,筆者らはそれとは矛盾する結果を見出しており[4],さらなる実験的検討が必要不可欠である。つまり,本研究のテーマは,近年注目を集めている二重過程理論の観点からも,極めて挑戦的な理論的意義をもつ。
      【モデル】 この分野ではモデル研究が発展しており,BusemeyerグループとMcClellandグループの間で論争が行われている。著者は先年度に,Stanford大学のMcClelland教授と,Indiana大学のBusemeyer教授の研究室に客員研究員として滞在し,最新の情報を入手できた。方向性としては,連続時間確率過程を前提とした計算論的モデル研究であり,上記の実験的研究の成果をふまえ,独自のモデルを発展させることを目指す。
      【社会的応用】 本研究は新しい原理の発展,斬新な着想,新しい方法論の適用を有し,卓越した成果が期待できる。さらに,本研究の成果は,認知的負荷が高い状況における消費者行動,マーケティング,公共選択といった実社会の諸問題に,広く応用できる可能性がある。

      引用文献 [1] Tsetsos, K., Usher, M., & Chater, N. (2010). Preference reversal in multiattribute choice. Psychological Review, 117, 1275–1293. [2] Gailliot, M. T., Baumeister, R. F., DeWall, C. N., Maner, J. K., Plant, E. A., Tice, D. M., Brewer, L. E., & Schmeichel, B. J. (2007). Self-control relies on glucose as a limited energy source. Journal of Personality and Social Psychology, 92, 325-336. [3] Tsuzuki, T., & Guo, F. Y. (2004). A stochastic comparison-grouping model of multialternative choice: Explaining decoy effects. Proceedings of the Twenty-sixth Annual Conference of the Cognitive Science Society, Pp.1351-1356. [4] 都築誉史・本間元康 (投稿中). 眼球運動測定による多属性意思決定における文脈効果の分析―魅力効果と妥協効果に関する検討― 認知科学.

      researchmap

    • 認知的負荷が多属性意思決定に及ぼす影響の解明:生体信号・生理指標に基づく分析

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      都築 誉史

      詳細を見る

      2013年4月 - 2016年3月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      研究目的(概要)※ 当該研究計画の目的について、簡潔にまとめて記述してください。
      本研究の目的は,認知的負荷が,非合理的な選択現象である多属性意思決定における3種類の文脈効果(類似性効果,魅力効果,妥協効果)に影響を及ぼすメカニズムを,生体信号指標(眼球運動,事象関連電位)と,生理学的指標(血中グルコース濃度,唾液アミラーゼ活性)を用いて解明することにある。つまり,認知的負荷を与える状況で,2属性3肢選択意思決定課題を用い,(a) 眼球運動におけるサッカードの特徴を詳細に測定し,(b) 脳波の事象関連電位における関連成分の変化を明らかにする。また,(c) 実験参加者の血中グルコース濃度と唾液アミラーゼ活性を測定し,認知的負荷と認知資源の消耗やストレスとの関係を解明することを目指す。本研究は斬新な着想と,新しい方法論の適用を有し,研究成果の社会的応用も期待できる。
      ① 研究の学術的背景
      【文脈依存的な選択】 人間の複数の選択肢に対する選好は,元の選択肢の組に別の選択肢を追加することによって,多様に変化してしまう。複数の属性において異なる幾つかの対象から,人がどのように選択を行っているかという多属性-多肢選択意思決定に関して,近年,さまざまな選好の変化や逆転が生じるという知見が蓄積されてきた([1], 業績1, 6)。意思決定における文脈効果は,合理的な選択に関する規範的理論とは明らかに矛盾している。
      一方,こうした現象は,消費者行動,マーケティング(商品企画,販売戦略),公共選択(多数決による意思決定)といった実社会の諸問題と密接に関連しており,非常に重要な研究テーマである。この多属性意思決定における文脈効果に,認知的負荷が及ぼす影響を解明しようとする点に,本研究の斬新さがある。
      【3種類の文脈効果】 合理的選択に関する諸公理に違反した文脈依存的な選択現象として,本研究では,数多くの研究が行われてきた,2属性3肢選択意思決定課題における,類似性効果(similarity effect),魅力効果(attraction effect),妥協効果(compromise effect)の三つに焦点を当てる(詳細については“研究計画・方法”で説明する)。多属性意思決定における文脈効果について,認知的負荷という重要な要因に注目し,生体信号・生理指標の面から総合的に検討した研究は,従来,国内外で発表されておらず,独創的であり,国際的なレベルの成果が得られる可能性が高い。
      【認知的負荷】 認知的負荷(cognitive load)が高ければ,心的処理に必要な認知資源が消費される。認知的負荷が文脈効果に及ぼす影響について,包括的な研究はなされていない。しかし,認知資源を消耗させる課題を行うと魅力効果は増大し,妥協効果は逆に減少するという知見がある(業績7, 18)。人間の有する認知資源が消耗すると,セルフコントロールは低下する。認知資源は,血中のグルコース濃度によって測定が可能であると考えられている([2], 業績8)。認知的負荷が文脈効果にどのように影響を及ぼすかを検討することは,文脈効果が生起する基礎メカニズムを明らかにする上でも重要である。著者のグループでは,実験参加者の血中グルコース濃度を操作し,魅力効果と妥協効果に関して,認知資源の消耗やセルフコントロールと関連づけた実験や(業績7, 18),唾液アミラーゼ活性によってストレスを測定する実験を行ってきた実績がある。
      【測定方法の精緻化】 著者は2004年に,多属性意思決定における3種類の文脈効果を統一的に説明するモデルを発表した[3]。2005年以降,科学研究費補助金(基盤C)を受け,複数の予備調査に基づいて刺激材料を確定したうえで,2属性3肢選択意思決定課題における文脈効果について,選択率,反応時間,確信度を厳密に測定する実験を行い,論文を発表してきた(業績1, 6)。さらに,文脈効果が生起するメカニズムを解明するうえで,意思決定に至る情報探索・情報取得過程を詳細に検討することは非常に重要である。著者のグループでは,後続研究として,3肢選択課題遂行時の眼球運動におけるサッカードと停留時間の測定や(業績34, 35, [4]),マウス操作をトレーシングすることにより,3肢選択課題遂行時の情報探索・情報取得過程を分析する実験を行ってきた(業績27, 30)。


      ② 研究期間内に何をどこまで明らかにしようとするのか
      【研究の要点】本研究の目的は次の4点である。(1) 認知的負荷が,多属性意思決定課題における3種類の文脈効果に及ぼす影響について明らかにするため,眼球運動(サッカード)について詳細に分析する。(2) 認知的負荷が,文脈効果に及ぼす影響を明らかにするため,脳波における事象関連電位を分析する。(3) 認知的負荷が,実験参加者の血中グルコース濃度と,唾液アミラーゼ活性に及ぼす影響を生理学的に検討する。(4) 多様な実験データを統合し,多属性意思決定における文脈効果に関するモデルを発展させる。以下は,この4点に関する補足説明である。

      (1) 認知的負荷を操作するため,認知資源を消耗させる認知的葛藤課題(ストループ課題)と,課題遂行の時間制限(time pressure)の二つを用いる。著者らの従来の実験では,頭部搭載型・眼球運動測定装置(nac EMR-8)の時間分解能が低いため,属性ごとの注視について詳細に測定できなかった。また,頭部搭載型であるため,実験参加者に心理的な負担を与えた可能性がある。こうした点を改良し,参加者に負担が少ない非接触型・眼球運動測定装置(Tobii X120)を用い,認知的負荷が文脈効果に影響を及ぼすメカニズムを解明する。
      (2) 事象関連電位については,後頭のselection negativityと,前頭N2成分について分析を行う。
      (3) 認知的負荷を高める課題を行わせた後,グルコースを投与した群と,合成甘味料を投与した群で,多属性意思決定課題における文脈効果がどのように変化するかを検討する。同時に,心理的ストレスの指標である唾液アミラーゼ活性についても分析する。
      (4) 実験結果と従来の知見を統合し,認知的負荷が多属性意思決定における文脈効果に影響を及ぼすメカニズムについて,従来のモデルを,生体信号・生理指標をもふまえた形に発展させる。

      ③ 本研究の学術的な特色・独創的な点及び予想される結果と意義
      【生体信号・生理指標】 多属性意思決定における文脈効果について,認知的負荷という要因に注目し,生体信号・生理指標の面から,総合的に検討した研究は,従来,国内外で発表されておらず,独創的である。
      【二重過程理論】 人間の認知・思考に関する二重過程理論(dual process theory)によれば,(a) 高速,並列的で,自動的なシステム1(潜在的過程)と,(b) 低速,継時的で,認知資源を必要とするシステム2(顕在的過程)が区別されている(業績24)。先行研究では,魅力効果はシステム1に依存し,妥協効果はシステム2に依存するという報告があるが,筆者らはそれとは矛盾する結果を見出しており[4],さらなる実験的検討が必要不可欠である。つまり,本研究のテーマは,近年注目を集めている二重過程理論の観点からも,極めて挑戦的な理論的意義をもつ。
      【モデル】 この分野ではモデル研究が発展しており,BusemeyerグループとMcClellandグループの間で論争が行われている。著者は先年度に,Stanford大学のMcClelland教授と,Indiana大学のBusemeyer教授の研究室に客員研究員として滞在し,最新の情報を入手できた。方向性としては,連続時間確率過程を前提とした計算論的モデル研究であり,上記の実験的研究の成果をふまえ,独自のモデルを発展させることを目指す。
      【社会的応用】 本研究は新しい原理の発展,斬新な着想,新しい方法論の適用を有し,卓越した成果が期待できる。さらに,本研究の成果は,認知的負荷が高い状況における消費者行動,マーケティング,公共選択といった実社会の諸問題に,広く応用できる可能性がある。

      引用文献 [1] Tsetsos, K., Usher, M., & Chater, N. (2010). Preference reversal in multiattribute choice. Psychological Review, 117, 1275–1293. [2] Gailliot, M. T., Baumeister, R. F., DeWall, C. N., Maner, J. K., Plant, E. A., Tice, D. M., Brewer, L. E., & Schmeichel, B. J. (2007). Self-control relies on glucose as a limited energy source. Journal of Personality and Social Psychology, 92, 325-336. [3] Tsuzuki, T., & Guo, F. Y. (2004). A stochastic comparison-grouping model of multialternative choice: Explaining decoy effects. Proceedings of the Twenty-sixth Annual Conference of the Cognitive Science Society, Pp.1351-1356. [4] 都築誉史・本間元康 (投稿中). 眼球運動測定による多属性意思決定における文脈効果の分析―魅力効果と妥協効果に関する検討― 認知科学.

      researchmap

    • 多属性意思決定に関する実験心理学的検討とモデル構成

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      詳細を見る

      2005年4月 - 2008年3月

      資金種別:競争的資金

      多属性意思決定に関する実験心理学的検討とモデル構成

      researchmap

    • 多属性意思決定に関する実験的検討とコネクショニストモデル

      立教大学  立教大学研究奨励助成金 

      詳細を見る

      2003年4月 - 2004年3月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 集団意思決定とコミュニケーションモード

      その他の研究制度 

      詳細を見る

      1996年4月 - 2003年4月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 音素レベルの分析に基づいたプライミング効果に関する実験心理学的検討

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      詳細を見る

      1998年4月 - 2001年3月

      資金種別:競争的資金

      音素レベルの分析に基づいたプライミング効果に関する実験心理学的検討

      researchmap

    • 音素レベルの分析に基づいたプライミング効果に関する実験心理学的検討

      科学研究費補助金 

      詳細を見る

      1998年4月 - 2000年4月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 語彙的多義性の処理に関する実験的検討とコネクショニストモデル

      その他の研究制度 

      詳細を見る

      1996年4月 - 2000年4月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • PDAを用いたフィールド調査システム

      科学研究費助成事業 

      詳細を見る

      1994年4月 - 1995年3月

      資金種別:競争的資金

      PDAを用いたフィールド調査システム

      researchmap

    • コンピュータを利用した多人数授業の効果的展開法の研究

      科学研究費助成事業 

      詳細を見る

      1993年4月 - 1995年3月

      資金種別:競争的資金

      コンピュータを利用した多人数授業の効果的展開法の研究

      researchmap

    • 日本語文における多義性の解消プロセスに関する実験心理学的検討

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      詳細を見る

      1993年4月 - 1994年3月

      資金種別:競争的資金

      日本語文における多義性の解消プロセスに関する実験心理学的検討

      researchmap

    • 言語理解における記憶表象の活性化・抑制過程に関する研究

      科学研究費補助金 

      詳細を見る

      1991年4月 - 1993年4月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 日本語文における多義性の解消プロセスに関する実験心理学的検討

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      詳細を見る

      1991年4月 - 1992年3月

      資金種別:競争的資金

      日本語文における多義性の解消プロセスに関する実験心理学的検討

      researchmap

    ▼全件表示

    お問い合わせ先
    外部の方
    学内の方